読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

ネバーランドから小山慶一郎にラブレター

来月発売になるNEWSのニューアルバムの紹介文を読んで吹きだしたのは私だけでないですよね?

言葉の意味は分からんがとにかくすごい自信だ。

 

まぁ、おちつけ!

どうどうどう、、とJEをなだめたくなりました。JEの勢いにサンシャイン池崎が脳裏に浮かびました。

手越君が「ようこそ♡ティンカーベル♡」とコンサートでいうんだろうな~、とか、そーいえばマイケルジャクソンのネバーランドはどうなったのだろうか?とかどうでもいいことを思いつつ、ジャニWEBを開いたらメン愛が更新、、、

 

 

JE以上にハスハスしちゃったわよ!おちつけ自分!

 

 

途中から、本気で慶ちゃんと付き合ってる錯覚におちいりました。これがアイドルの不特定多数に向けたメールであることを忘れ、彼氏からのメール、消さないようにロックしとこって思ったけどジャニWEBにそんな機能はなかった。

 

ところで、私の住むところでは、お母さまの離婚に関する慶ちゃんの赤裸々な体験談で話題になった、NEWSな二人の毒親回を先週と今週で放送したのですが、暴力をふるっていたお父さんについて「親父を憎んでた」と話す小山さんがすごく怖い顔でした。同様の体験をされたデモ隊の出演者の方の話を時折頬を震わせながら聴き、感情を押さえつつ絞り出すように自分の気持ちを話す小山さんのあんな怖い顔、はじめて見た気がして忘れられません。

 

はてブのどなたかのブログ(ごめんなさいどちらで読んだのか失念しました)で、小山さんがコンサートの時に「嫌なこと忘れろよー!」ていうのが嫌で、私は現実逃避するためにコンサートに来ているわけじゃないのに、NEWSの素晴らしい音楽やパフォーマンスをそういう風に矮小化しないでほしい、と思ってたのだけど、ある時(慶ちゃんはもっともっと精神的肉体的にギリギリの人を思い描いているのではないか)ということに気付いた。ということを書いてらしたのを少し前に読みました。

これを読んで目からウロコが落ちました。私も全くおなじように思ってたんです、「嫌なこと忘れろよー!」って、しっくりこないなぁって。

でも、1月の少クラで「権威ある人や威張ってる人がとにかく嫌い」って性格占いされて、痛い所つかれたって顔する小山さんや、今回のNEWSな二人、美恋コンでの挨拶、そして、高校受験に失敗して落ち込んでるのを見かねた家族に薦められて応募したジャニーズ入りエピソードだったり、社会的弱者によりそったり、それら全てが点と点で繋がっていくのを感じました。

 

「僕たちにNEWSという居場所を残してくれてありがとうございます」って泣いてファンに感謝してた美恋コンでの小山さん。幼少期に自分の居場所が脅かされる経験をした彼だからこそ、やっと見つけた自分の居場所であるNEWSを守りたかったのだろうなぁ。2年前の正月のジャニーズリーダー会で、先輩方との写真を撮ってもらってぐすんぐすんと泣いた慶ちゃん、心底嬉しかったのだろうなぁ。良かったなぁ。

 

小山さん自身が言うように、彼って本質はわりと暗い人間なんだと思います。進行ができて、誰とでも合わせることができるのでMCに回されることが多かったのだと思うけど、本来明るい人じゃないからちょいちょい無理があるんですよね。その無理してる感じが、軽薄な感じに見えてしまうことがあって誤解されやすかったのだと思います。表面的に誰とでも合わせられるというのは大人びた子どもの特徴で、「オヤジは要らない。かーちゃんを幸せにする」と決めた5年生の慶一郎君が身に付けた処世術なんだと思ったら心の底から泣けてきます。私はそんな小山さんの厳しいところが好きです。

 

2017年になって、小山さんがすごくアイドル推しをしてくるのも、ニュースキャスターという場でも自分の居場所が作れたという実感を得たからなのかな、と思ってみてます。トークを他のメンバーに任せるというのもそういった自信の表れで、一歩引いて落ち着きを醸し出す小山さんほんとカッコイイわー。EMMAのパフォーマンスとか一番抑えてるのに誰よりセクシーですからねっ。

 

小山さん、改めてよろしくお願いします。(メン愛の真似っこ)

 

そんな早く大人にならざるをえなかった小山慶一郎さん率いるNEWSが出すアルバムタイトルがネバーランドって意味深じゃないですか?(ネバーランドは親とはぐれた子どもたちが永遠に歳を取らないで住める世界)

もう無理しなくていいよ、子ども時代に取り残した時間を一緒に過ごそうねって言われてるみたい。考え過ぎか、、、、あの紹介文のテンションを見ると。笑

 

小山さんの熱いメールは午前3時に書いたとのことなので、私も同じ時間にPCパタパタしてみました。時差ありつつ、気持ちを重ねられるかしら~と思って。浅はかで楽しいですね。

小山さん真似て、行間開けた最後に告ろうと思ったんですけど恥ずかしいっ。とてもできない。

やっぱり小山さんは芸能人向きだわ。彼のアイドルぶりに私武者震いしてきました。

 

 

女は度胸、テゴシゲは愛嬌。

先日、ミュージックステーションを一緒に見てた夫が、

 

そうか、シゲは愛嬌要員なんだな

 

と合点がいったように発した一言がツボに入りました。

おりしも画面では「女性のグッとくる仕草を教えて下さい」という質問に促されたシゲが、「薬剤師さんや歯科助手さんがお昼休みに大き目の財布を持ってコンビニにでかけるところ」と発言し、AKB指原さんに「参考にならないんですけどw」と言われるところ。

 

同様に先日のGood Time Musicで司会者に「タイツのデニールにこだわりのある加藤さん」と紹介され、様々な濃淡のタイツをはき並べられたマネキンたちの足を触るシゲに、客席のファンからざわめきがおきました。シゲは40デニールが好きなんですってよ奥様!

 

夫は、私がはまりたてのころはシゲのことを「昭和のイケメン」とあだ名で呼び若干距離を置いてましたが、いまでは「シゲの声いつ聞いてもウケるw」「シゲの前のめりの発言w」「シゲの踊りw真面目かw」などとシゲの一挙一動に敏感に反応するところ、私に似てきました。草ついてますけど。

そしてついに、EMMAリリースでの露出に触れて、シゲがかわいいという結論に達した模様。

夫の発言を紹介しましたが、もはやこれって国民の総意なのでは??

大きい目をクルクルさせて、うわずった声で大声で面白いこと言おうとするシゲ。基本に忠実なあまりぎこちなく見える、踊るシゲ。EMMAの腰振りもぎこちないシゲ。顔が濃いシゲ。

星野源さんがタモリと話してる間、後ろに座るシゲの反応をじっと見つめて、夫「シゲの顔見てから星野源見るとさ」私「顔が薄いっ!」シゲの顔ばかり見てると普通の顔が薄く見えてくる弊害無いですか?笑)

 

私にも大好評だった「ホンマでっかTV」で、手越を褒める専門家の皆さんに、元々ちょっと出ている口をさらにとがらして、『なんか話違うなぁ~!なに持ち上げちゃってくれてるんですかっ!』って抗議するシゲ。かわいい。加藤さんの焼肉の焼き方はコスパ意識してると言われ『やばいやばい、ケチ噛ませ犬でてくる、やせ細った犬が出てくる』っていうシゲ。かわいいかわいい。

薬剤師の大きいサイフにグっときたり、40デニールに萌えたり、モテない男オーラ出してくるのに、曲中にウインクなんか決めちゃう落差。EMMAのPVメイキングでもすっごい男前だと美しさに見とれてたら、くしゃっと笑った顔がまぁかわいくて。もう、シゲの可愛さについて話してると止まりません。

 

もう最近は、シゲがどこまで行くんだろう?って期待でワクワクです。どこまで人気者になるんだろうって。今年あたりシゲ一般人気が爆発して、ananで好きな男の5位ぐらいに選ばれるじゃないだろーか。(リアルな順位)

 

 

そして「かわいいの権化」と言えば、もう一人いますよね。

そう、手越。

心の中ではいつも呼び捨てなんで、ブログ書いてる時も5回に1回は「手越」と呼び捨てしてしまう。

ホンマでっかTVの専門家が「小山さんが手越をうまくコントロールして」と初対面の人にも手越って言われてましたが、私の呼び捨ても親近感の表れです。

てごっさん観てると、「うぅーてごしかわいいかわいいかわいいかわいい」って、たまにその感情を吐き出さないと身体に支障がでそうなほど、かわいい。たまに女子に見える時があるほど。

Mステの曲最後、袖にキスするところで『ぶっちゅ!!』と誰かがでかいキス音を立てたのですが、どーせ手越だろうな(笑)と思って見直したらやっぱり彼の仕業で、その手越君のドヤ顔がまぁまた可愛くて。(2/18追記訂正:あのキス音はまっすーだったそうです!なんと~!)

 

ところで、手越君のファンへの愛情表現が私の息子にそっくりだと最近気付いたのですが。

ファンに投げキス連発するのも、ファンを可愛い可愛いというのも、ファンが俺の彼女ってガチなのも、(ファンと)俺らって幸せだね~っていうのも、ファンを「ママ」に置き換えたら、完全に6歳の我が息子。少クラで精神年齢10歳って手越君言われてましたが、もしかしたらもっと下かも笑。

 

愛情表現がストレートで可愛い。自己啓発本たくさん読んでるの可愛い。「女子と付き合うの禁止」って言われて*1、ポカンとした顔で「それは、(女子と)遊ぶっていうのもダメってことですか?」と尋ね、周りに「そこを細分化するな!」「やめろお前!ジャニーズだぞ!」とツッコまれる手越かわいい。付き合うと遊ぶをはっきり分けてる手越が正直である意味誠実でかわいい。たまにすごい真面目な話する手越かわいい。

 

そんな可愛い年少二人に挟まれ、見守る年長二人の落ち着きがカッコいい。いいバランス。

EMMAのメイキングで、完全にスタイリストの顔でシゲの衣装を直すまっすーにトキメキ。

 

テゴシゲの可愛さはまだまだ語りつくせないのですが、この辺で失礼します。たまに二人の可愛さを吐き出さないと体に変調をきたすほど、二人が可愛いのです。

 

f:id:yuzukonbu:20170212110710j:plain

無の表情をする二人。かわいい。

 

*1:ホンマでっかTVの専門家が、手越が自己中心的なのは男性ホルモン?のせいで、それを押さえるには肉を食べたり、女子と付き合うのを止めればいい、と言ってました。

NEWSとウチワと私

く、く、クリアファイルがカッコいいーーー!!

 

時間差で失礼します。2日遅れてEMMA全種無事ゲットしました。

どこで買おっかな~って考えるのも楽しいので、発売日が同じであっても毎回バラバラと違うところで買うのですが、それが裏目に出ました。Am○zonは2月10日お届けでーす!と当然のように言い、「試される大地」*1ってこういうことか、、と思いました。Tレコードは発売日の8日に持ってきてくれたけど『宅配BOXに空きがないので持ち帰ります~』と悲しいコメント。翌日に時間指定するも、仕事でくたくたになって帰ってきてうたた寝してたらインターホンが鳴る音が........間に合わず。通常版だけは店頭でフライングゲットできたのでipodに落として通勤途中に聴こう~とルンルンで再生したら、ちゃんと転送できてなくて途中でブチッと無音に....

 

散々過ぎる。疲れて肩凝ってきた。

 

先ほどやっと届いた初回盤、まずクリアファイルのカッコよさにノックダウン。

こんな素敵なクリアファイル、クリアファイルとして使えない~。これに請求書とか学校のプリント挟みたくないよ。クリアファイルを加藤シゲシゲ見てるだけで時間がたってしまう。

 

今はMステ2時間スペシャルを待ってるところです。まだCDもPVも開封してないのでミッチーとAmiちゃん司会の音楽番組「Good Time Music」について。スタジオにNEWSファンを入れてトークしたのですが、かなりファンの子の登場割合が高くて興味深かったです。ペンライト持参で歌う彼らを観覧するファンというのは色々な歌番組で見ますが、ウチワ持った彼女たちを正面から映し、メンバーと会話させるというのはなかなか斬新な作り。

みんなほぼ20代なのに、ファン歴13年とか長くてすごいなぁ!って素直に感じました。もし私が出たら「40代 パート ファン歴1年」って書かれるんですねフフフ....

 

DVDや少クラ見る度に、「それにしても!ウチワ考えた人って天才だな!!」って思います。ウチワ応援の起源を知りたいのだが、光GENJIの後期ぐらいに生まれたということしか分からず。

持ちやすいし、暑かったら扇げるし、単価安いし、なんといってもコミュニケーションスキルとしての優秀さ!!

ファンは「あなたのこと好きな私はここにいまーーす!!!」「大好きー!」とアピールでき、アイドルは「自分のファン」の存在を実感でき、効率よくアピールでき、事務所にとっても分かりやすく人気のバロメーターになる。

 

私はまだウチワを持ったことないのですが、もしコンサート当たったらウチワデビューしようと思ってます。公式にするか自作にするか。自作にするならなんて書くか。。。

↑クリアファイルの使い方と共に、世界一どうでもよく幸せな悩み。

 

「いつもありがとう」意味不明

「好きです」アラフォーが持つには重い

「大好き♡」可愛く言ってもアラフォーが持つには略

「体に気を付けてね」親か

素直な気持ちを伝えたいと思うとこんな感じになってしまうので、おとなしく公式ウチワを体からはみ出ないように、後ろの人の邪魔にならないように持ちます。

でも、ウチワ持ってペンライト持って、双眼鏡持って、千手観音かって感じですよね。

去年のコンサートの最後の方で「恋祭り」が流れ出したら、私以外のみんな一斉に「タオル!タオル!」って言ってバッグからタオル出してきて感心しました。私はエアータオルを振りました笑。

 

ああ、またくだらないことを書いてしまう、MステとやっとEMMAのPVを見れる安堵感と高揚感で。

 

Good Time Musicの話に戻って、ファンの子みんな可愛かった♡

まっすーのどこが好きなの?って聞かれて「ドコモー!」(携帯電話じゃない)って言って倒れ込む増田ウチワ持った子可愛かった。

NEWSの歌に押されて転職したって子や、NEWSのために中国や台湾から来た子たちも可愛かった。

あー、私も歳は違えど、NEWSの事を語ったらあんな表情なんだなーと思いました。

 

しみじみと、自分の顔付いたウチワ持った人に囲まれるってどんな気持ちなんだろーってNEWS4人の気持ちをおしはかってみましたが、さすがに分からない。嬉しいだけなのかな?いまだに戸惑ったりすることあるのかな?ファンの子の話をうんうんって聞いて、直接軽く問いかけたりする彼らは、さすがアイドルという感じでした。

 

自分がNEWSになったつもりになって、コンサート会場に入って外のざわめきを感じながら準備をして、さあ!ついに始まります!って暗幕の後ろから光り輝くステージ出て、何万ものペンライトと自分に向けたウチワを目にし歓声を浴びることを想像したら身震いしました。そんなことを考えながらコンサートに参加するのも楽しいかもしれません、多分それどころじゃないだろうけど!

 

ミュージックステーション始まるのでここでアップします~

ではまた~

*1:北海道庁が推進してた北海道のイメージアップのためのキャッチフレーズ

高橋海人君のREMEDY(2017/02/08少年倶楽部感想)

今回も見どころ山盛りの少年倶楽部でした。ざっくり感想。

 

高橋海人君のREMEDY

レメディィィーと言えば、我らが増田貴久氏のソロ曲。KINGの高橋海人君が素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれました。いつも着てる重そうなカーテンみたいな衣装を脱ぎすて、マッスー風味の普段着に着替えた高橋君が軽やか。見入ってしまう。これで高2か。

顔は山下智久、踊りは増田貴久、ってどんな逸材や!!

しかも高橋君はトークスキルも凄い。

高橋君の「先輩女子からいきなりチョコを貰った時のリアクション芸」↓

『あ、ありがとうございます。え、本命ですか?....てことは、両想いって思っていいですか? (客席キャーー!)じゃあ、ホワイトデーには先輩貰いにいきますね。(客席キャァァァーーー!!)このセリフいったあと、恥ずかしがって永瀬廉君の後ろに隠れるのもナイス。よく分かってる。

 

 

ケンティーがエディ・レッドメインっぽい

 そのKINGたちをコーナーで仕切ってたのがケンティー。デビュー組はサポートに回るのが少クラですが、中島先輩のセクシー口説きセリフも聴きたかった。

こんなこと言ったらよくないのかもしれないけど、中島君って本来はソロ向きだと思うんですよねぇ。ソロのほうが健人君が光る気がする。健人君はすごく頭の回転が速く、どんどん場の空気をよんで大人になってしまいそうで、今のケンティは今しかない!!ケンティの今を大切にしたい!(要はもっとソロ曲を披露してほしいということ)と思いました。

少クラの後番組のアナザーストーリーが好きでよく見るんですけど、今回は「オネエタレントたちが切り開いてきた道」がテーマでとても良かった。ちょうどDVDで映画「リリーのすべて」(史上初の性転換手術を受けた男性の実話ベースの話)を見たばかりで思うところ大きかった。映画見てる間、主人公を演じた、今をときめくエディ・レッドメイン中島健人に見えて仕方なかったのですが。私だけでしょうか。

それにしても、中島君が首に付けてる、安室ちゃんが90年代にしてたみたいなチョーカーはなんなんでしょうか。

 

 

ジャニーズWESTAORっぽい

WESTの「You're My Treasure」、ドライブの時FMでかかってそうな曲。普通にいい曲。1円パチンコ屋の壁みたいな黄金の衣装着て「ジパングおおきに大作戦」とか、学生服着て、ほるもんがどうたらとか歌ってるグループとは思えない。中間君はこのナチュラルな髪型が似合ってる。

 

 

東京B少年

このネーミングセンスに、マイケルジャクソンあふれるパフォーマンス、、、、ジャニーさーーーん!!

過去に、「微笑年」というグループ名があったのでその派生形か。

まだまだ素人感漂う赤い服着た彼らの前に座る、青い服きたHi Hi JETのベテラン感。

それにしても、藤井直樹君と高橋海人君が同じ顔なのは、ジャニーズ事務所には、この顔での採用枠があるのか? ※ジャニーさんは眉毛が濃く、はっきりした顔だちで、周りを振り回すような元気でヤンチャな子を好むらしいです。

少クラで踊るジュニアってそのほとんどが普通の少年で、あからさまに美少年ってほとんどいないと思うのだけど、ジャニーズは顔じゃないんですよね、実際。ステージあがったらB少年たちの輝きが変り、素人臭さがなくなった。ステージってすごいなぁ。

そして今日も猪狩君は素敵でした。踊りのせいか前髪のせいか、そもそもつかみどころのない顔立ちなのか、あまり顔が分からないのも興味をそそるのよねー。

 

 

Reboot!!!

カッコいいわーカッコいいわーとにかくカッコいいわーーーーー。

その一言。

見ながら「側転」「バク転」「ロンダート」と、冷静に技の名前を口にしてしまうんですが、なんて名前か分からない複雑な技が多くて困る。最後の、バク転からの飛び込んで腕立て伏せからの立ち上がってポーズ、が最っ高にカッコいい!

 

 

LOVE-TUNEチェッカーズっぽい

チェックの服着てたから笑。ではなく、80年代に流行ったボーイズバンドっぽい。CCBとか。ジャニ的系譜でいうと、ザグッバイ

ちゃんと弾いてるのだろうけど、なんか楽器がアクセサリーに見えてそんなところが面白い。なんか気になる。ザグッバイというか、グループサウンズっぽい。ひらっひらのブラウス着て、タンバリン叩くメンバーがいそう。

 

今回も楽しかった!人材の豊富さに、ジャニーズの未来に明るい展望が持てました。

雑な感想読んでいただいてありがとうございます。ではまた来週~

 

 

私もEMMAちゃん。

雑誌STORY3月号、236ページと237ページ(「超絶男子図鑑」にシゲが載ってる)を開いたり閉じたりしてます。10秒以上このシゲを観てるとなんかヤバい事が起きそうで、開いては「きゃぁぁ!」と閉じ、でもまた見たくなって開いてまた「きゃー!」と心の中で叫ぶのです。

 

見てないかたに説明すると、白いシンプルなシャツの胸元開けたシゲが、唇に指を当ててこちらを見てるアップのショットと、ベッドのうえ、白いシーツの上の茶色のクッションにもたれた白シャツシゲが片手に頭を乗せて甘い表情で同じくこちらを見上げてるショットです。

 

これ↑を書くのに10秒以上この2ページを見てしまったー。震える。

 

この記事の中で『加藤シゲアキという風格』と書かれていたのですが、風格ってなんだろう?って、ネット辞書を引いたら【その人の容姿や態度などに現れる品格、その人やその物に感じられる気高さや上品さ】とあり、なんだか分かったような分からないような。

 

ところで、NEWSのNEWシングル「EMMA」が2/8(水)に発売になります。

率直に言うと、正月の初聴き以来、なんだかチグハグな曲だなぁ~って思ってたんです。前情報で『アメリカンハードボイルドなNEWS史上最高のセクシー』とあったせいか、これがアメリカンハードボイルド?私の解釈とJEのそれは違うようだ、と感じたり。NEWSの曲にありがちな「いい曲だなぁ~感」が薄いせいかも。今まで2回ほど歌番組で歌ってる姿見ても、セクシーと同時に面白さを感じてしまい、なんかウケるとフフフっと笑ったりする位。

 

で、そんな気持ちを見透かすようにジャニwebが更新ですよ。新曲や新作映画がリリースされるたびにジャニwebで散見されるのと同様、「EMMA発売特設サイト」なるものがありまして、そこで新曲に対してメンバーからのメッセージが追加されています。(「手越のMessageをUP」と呼び捨てなところが微笑ましいw)

 

どういう気持ちでレコーディングに臨んだか、とか、レコーディングではこういう点に気を付けて歌ったとか、みなさんにはこういう風に楽しんでもらえたら、とか、なんてまめまめしい....。

 

あー、私が好きな人はアイドルなんだなぁ。

何年も色んな音楽聴いてたけど、こういう風に製作者サイドから手取り足取り優しくされるのって新鮮。

ぐっとEMMAちゃんと距離が近くなったどころか、「自分の名前を呼ばれているような気持ちになって聴いてもらえたら byシゲ」ってことなので、私は今日からEMMAちゃんです!!年齢制限はありません。

 

じゃあ、あのジャケットプレイも、最後に袖にキッスするのも、お前は悪い女~♪も、みんな私に宛ててるってことでファイナルアンサー?!

 

ひぃーー  嬉しすぎる。ニヤニヤしちゃう。

 

NEWSは自分たちでシングル曲を選ぶことをしてないと思うので、EMMAもプロデューサーはじめスタッフから「この曲が次のシングル」と渡されたはず。そこからこの曲を自分なりに解釈して、どういう気持ちでどういう歌い方で、聴く人に伝えていくかはNEWS4人の腕の見せ所。そしてそれを本人の言葉でリアルタイムで知ることができるって、なんて幸せなんでしょう。

 

これはNEWSだけに限ったことじゃなくて、他のグループのジャニweb読んでていつも感じるんですけど、ほんとに皆さん誠実で、自分でお仕事を選ぶことが難しい、アイドルという存在だからこそ、自分がどういう気持ちで仕事に取り組んでいるか、何のために仕事をしているか、自分の考えを積極的に発言してくれるのがとてもいいなぁと思っています。

 

そして、シゲのSTORYのページもそうだけど、NEWS4人が色気を積極的にアピールするようになったのが嬉しくてですね。「セクシー」を全面に出そうという製作サイドの意図を解釈して、「自分のセクシー」を表現しようとしてるところにグッとくるのです。そこにプロ意識とこれからもアイドルを続けていく意欲を感じるのです。自分が他人からどう見られるか、客観的な視線を踏まえて構築されたルックスと体形、常識的な思考を内包した知性ある頭脳、バランスのとれたキャラクター、それらがあいまって、今のNEWSのほどよいセクシーが成り立ってる気がします。余裕すら感じる。STORYにあった、『風格』というのは、こういうことかもしれませんね。

 

 しかもそのセクシーが、「ファンの子に想いを込めて歌えたら byシゲ」と、ファンの我々にダイレクトに向かって来てくれることに感激の涙を隠しえません!

NEWSが甘い甘い、ファンを甘やかしてるってよく聞くけど、こういうこと?いやー幸せですね、NEWSファンは。

 

今現在(月曜の19:30)では小山さんからのメッセージだけが上がってきてないのですが、最近グッと余裕を醸し出すようになった小山さんがどのような言葉を向けてくるか楽しみです。先にアップされた個人の連載「メン愛」では、EMMAコーナーの手越さんのメッセージに対するアンサーもあり、以前だったら手越をダーリンと呼ぶ彼に(小山さんファンサービス抜かりないわ~)とやや冷めた目線を送っていたのですが、まっすーがラジオで「小山の事あざといっていう人が性格悪い」と歴史的発言をしてからというものの、すっかり自分の中での小山慶一郎観が変わり、と、同時に小山さん自身もなんか以前と変わってきたような気がして、慶ちゃんに私の悩みを相談したくてたまりません!

 

4人の知性や優しさに裏打ちされたセクシーで世の中の老若男女を魅了して欲しい。EMMAもそのひとつのきっかけになればと思います。EMMAでみんなまるっとNEWSに抱かれちゃえばいい!

 

 

f:id:yuzukonbu:20170206195802j:plain

この胸のはだけ具合を、あの増田さんが考えたと思うだけでも....!

Reboot!!!→少クラ→ホンマでっかTV、キラキラ過剰摂取。

 

ホンマでっかTV

あーーーーー 今日もNEWSが元気で楽しくて幸せ。

ホンマでっかTV」に揃って出演したNEWS。『いいよーシゲいいよーオイシイよーー』『まっすーいいよ面白いよー』『けいちゃんいいよいいよーナイスアシストだよー』『テゴちゃんいいよー可愛いよーいい笑顔だよー』『NEWSいいよいいよーー』と松岡修造ばりに、お前はNEWSのコーチか?!箱根駅伝で後ろからついてく監督か?!ってくらいテレビに声かけながら見ました。

 

あー、楽しかった楽しかった~、見終わった後になんでこんなに楽しかったのかな~と思い返したら、『NEWSが4人になった経緯、もしくはNEWS復活劇』のエピソードが一切なかったんですよね。もうNEWS4人が4人として当たり前にいることが私嬉しくて楽しかったのかもな~。手越さんの良さをアピールしつつ、他3人のそこはかとない面白さ(≒普通であるがゆえの哀愁)が漂ってきて、NEWS全員いいわ~いいキャラしてるわ~。

 

小山君、増田君、加藤君(急に君呼びしてみる)の常識人であるがゆえの、破天荒になれない面白さ、いいわぁ。「ケチ噛ませ犬」キャラを開発したシゲ、オイシイよ~!!私、シゲに漂う「モテない感」がすごく好きなんですけど、これは(あまりモテないで欲しい....!)という切実な恋心から来るものでしょうか?シゲが専門家に攻撃されて(あちゃー)みたいな顔してるのも好きなんですが、これも恋心ですか?理屈っぽいシゲをやりこめたくなるのは恋心ではないですよね?ケチ噛ませ犬とか言いながらすっごい顔面が美しいのはファンの欲目ではないですよね。

 

私の「NEWSキテるわーー NEWSの時代来るわーー ヤバいわーー」と止まらない独り言に、夫が「ゆずこんが知らないだけで、とっくにNEWSキテるから。シゲの時代もとっくに来てるから」とツッコんできました。今やまっすーの笑い方(バラエティーでよくする苦笑いみたいな微妙な笑顔)までマスターして真似するようになった夫や、俺もまっすーみたいな髪の色にしたい!という息子、私に影響されてるわ~と思ってたんですけど、私抜きでもNEWSを目にすることが多くなったってことですよね。はぁー、スバラスバラ。

 

マツコが絡んでくるのは気に入った証拠、というわけで、マツコはシゲのこと気に入ったと思いました。ね、シゲいいよね!センスあるよね~。みんなにイジられて「いいよ!もう一人で生きていくよ!」というシゲに、島崎和歌子と同じタイミングで「そんなことないよ!一緒に生きよう!」と声かけました。笑

 

 

A.B.C-ZReboot!!』

ほんとは、A.B.C-Zの『Reboot!!!』の感想書こうと思ってたんです。

去年の夏、キスマイがゲストの回の少年倶楽部で、塚ちゃんが営業してたキスマイのアルバム「I SCREAM」。塚ちゃんに押されて購入したそのCDが名盤だと知った日から、(塚ちゃん教えてくれてありがとう。近いうちにA.B.C.-Zも買うからね、待ってて塚ちゃん!)とその日が来るのを楽しみにしてました。発売日前日に初回限定5周年アニバーサリー盤をフライングゲット。わたしのポスターヴァージンはA.B.C.-Zによって奪われました。NEWSのだって持ってないのに、いっそマリウス君の実家の部屋ばりにジャニーズ貼りまくってやろうかな、クローゼットの中に。

 

はてブロで「買ってください!」とアピールするエビ坦の方々、良いですよね。愛に溢れてます。私も、こじらせた自分の内面なんか描写してないで、ストレートに販促活動に繋がる記事を書きたい。

 

そんなわけで火曜の深夜に見ました。でもまだハッシーのソロコン見終わってない。これ、3000円しかしなかったんですけどいいんですか?価格設定間違ってない?PV、メイキング、宴会、ハッシーのソロコン、それぞれもんのすごいボリュームでこの値段、信じられない価格設定。しかも、ぺらっと紙が一枚入ってて、どう読んでも、この紙があればA.B.C.-Zに会えるって書いてあるんですけど!!マジで?会えちゃうの?

 

メイキングでバンダナ(色違い保有を確認)を往年のアイドルのように巻く戸塚君と、激しい振り付けのダンスの練習中でも私服の襟付きシャツ着てるダンディーな五関君にクラッと来ました。そして、パソコンでCD聴いてたら、鼻先をいい香りがかすめていきました。ほんとにいい匂いがしたんですよ!松井五郎先生&馬飼野康二先生作『ペルソナ・ゲーム』聴いてた時に。その数時間前に、KちゃんNEWSで手越が「コンサートでの女の子の匂いがたまらん!!めっちゃ嗅いでる!」と告白した影響ではなく、ほんとにA.B.C-Zの曲聴いてたら香水の匂いがしました。なんかA.B.C-Zのメンバーって高い香水の良い匂いがしそうなんですよね~。大人ってやつですかね。深夜3時にA.B.C-Zの架空の香水の匂いを嗅ぐ女....あぶない。

 

A.B.C-Zにジャニーズの未来を託したなんていうと、重荷過ぎますかね。ジャニーさんの使命を後世に伝えるのは彼らだと思ってるんですが。

 

そんな気持ちのまま、今夜の小クラ見ました。いっそがしい。A.B.C-Z、橋本君以外はアラサーなのにすごいなぁ。ハッシーの華もすごいなぁ。橋本君ってそこにいるだけで目が奪われる何かを持ってますよね。歌声も素敵だし、言うこと無い。

 

RebootホンマでっかTV→少クラ、と続けてみたらキラキラ過剰摂取で頭クラクラしてきました。

 

あ、永瀬廉君のボディータッチが凄いというエピソードトークに「ハッ!!」となったことも書いておかなければ。<のんちゃん、元気?最近どう?と昭和のTVプロデューサーばりに上から肩を組んでくる。勿論のんちゃん(小瀧君)は年上><玉森君に「廉ってゲイなの?」ときかれた>、永瀬君が河合君の肩をベタベタっと触るところで私の思考は停止し、最後の曲が「勇気100%」であることにやっと一息つきました。

 

以上!キラキラ過剰摂取しすぎて眠れない~。

 

シゲ担をこじらせて。

加藤シゲアキのファンの集い』に参加する夢を見ました。会場にはシゲの作った手羽先が山盛りにもられたバケツが置かれ、参加者は好きなだけそれを食べることができ、食べ終わった骨は「ストラックアウト」に向かって投げつけ、当たった番号を競うゲームをしました。点数の高い参加者には、シゲの私物の中から好きなものがもらえるとあり、大変白熱しました。シゲはとてもフレンドリーで、私が持ち込んだ一眼レフにポーズや変顔をとってくれ、他の参加者と共に何度も記念撮影に収まりました。写真どんどん取ってくださいね~と言わんばかりで、(さすがシゲクラスにもなると、ジャニーズの鉄則:写真NGも無効になるんだなぁ)と感激しました。

 

少クラプレミアムでのIKKOさん家のロケと、嫌われる勇気の可愛らしい青山君と、そして先日ツアーに申し込んだ件が三位一体となり、こんな夢を見たのでしょう。自分の思考回路の単純さよ。夢の中でシゲに会えてとても幸せだったのですが、なんで私はシゲと知り合いではないのでしょうか....

 

 

 私の親友には昔から大好きだった俳優さんがいて、その俳優さんがいかにカッコよく、一度会ってみたいか日頃から聴かされてたのですが、ある時、親友の高校時代からの近しい男友達が別業種から芸能事務所に転職してその俳優さんのマネージャーになるというミラクルが起きたことがあり、「すわ!俳優さんと近づけるチャンス!!」と私はじめ周りの友人は色めき立ったのですが、当の本人は自分の現実世界と俳優さんが繋がっただけでお腹いっぱいになってしまって、決してそれ以上の接触を望まなかった、という話がありました。その時は、あと一歩踏み出せば大好きな俳優さんに近づけるのにぃ~幸運がそこまで来てるのにぃ勿体ない!と思った私ですが、今となれば彼女の気持ちがよく分かります。

 

 

シゲってアイドルなのに、どこか存在を近くに感じて、そう感じる半分は私がシゲを好きすぎることと、残り半分はシゲ自身の持つ魅力がそうさせるのだと思います。あんなに華やかな外見で何年もジャニーズやってるのに普通の人の佇まいがあって、語彙が豊かなシゲが語るたびにシゲの内面に触れることができ、どんどんシゲという人の理解が深まってどんどん近くに感じるのに、あれ?なんで私はシゲの友だちじゃないんだろう?少なくとも友だちの友だちぐらいの気持ちでいるのに??と我に返ることがあります。

 

ほんと怖いですね....!

私も怖いですけど、それ以上にシゲの魅力が怖い!

 

加藤シゲアキ君?知ってる知ってる!一緒にご飯食べたよ」って私の世界とシゲの世界が繋がってることを、私の現実世界の知人の誰かが教えてくれないだろうか、って本気で考えてます。しかしながら、そんなミラクルは起きそうにもなく、私の世界とシゲの世界が地続きであるという確信も持てないので、こんなブログを書いてるわけです。

 

私は家族以外にNEWSファンであることを公言してないので、NEWSが好きな自分と、社会から見られている自分の姿の間に齟齬を感じながらこのブログを続けています。いっそすぱっとブログなんか止めちゃって、単にお茶の間で他のジャニーズを観るようなもっと軽い気持ちで楽しめたらこの噛み合わなさも無くなるとは思うのですが、それをしてしまうとNEWSから勇気を貰って、この環境で母業や仕事を頑張ってる自分を否定するような気がしちゃうんですよね。若い頃は誰かを好きなことが自分のアイデンティティの一部だった気がするのですが、まさかこの歳になり、アイドルのファンでいることに自分のアイデンティティを感じるようになるとは、しかもジャニーズというどメジャーなブランドで。

 

 

こんなことをウダウダ考えてるのは、また今年もツアーの申し込みがあったからで、初参加した去年も同じように迷ってたのでした。

yuzukonbu.hatenablog.com

私はもう一回でもこの目でNEWSがそこにいることを確認できた、私の世界とシゲの世界が繋がってることが理解できたので、もうその事実だけで満足で、これ以上コンサートに参加できなくてもいいや、と去年初めてコンサートに行って思ったのですが、勿論今回も申し込みました。もういいや、とは言ったものの、実際もし落選となるとまるでNEWSに振られたようで、さぞかし悲しいのだろうなぁ、、、と思うだけで振込するのも気が重くなりました。どうです、こじらせてますよね。アイドルとはそういう目線で楽しむべきものじゃない、と私も理解してるのですが、シゲのリアルな魅力がどうにもこうにも、『アイドルは虚構の世界』と片づけられないのです。

 

NEWSはそんなこじらせとは関係なく今日も元気で、今晩もまっすーはバラエティーでアイドルの華やかさを振りまいてました。私は自分のこじらせ具合を自覚しながら、これからの人生どうやって生きてこうかな、、などと考えてました。NEWSを好きになる前は断捨離が趣味で、どんどんそぎ落として「無駄のないシンプルな生活」に近づけるよう苦心してたのに、NEWSを好きになってからは生活がどんどん混沌としていってます。それも楽しい。なので、ジャニーズwebの最新の慶ちゃんの連載「メン愛」が心に沁みました。アイドル自身の言葉がこんなに沁みてくることも楽しい。慶ちゃん、ニュースキャスターを続けていくことで手ごたえを感じて自分を振り返る余裕が生まれたのだなぁ、私も深呼吸してこんな自分も受け入れて無理せず生きよう。好きなものは好きと言いつつ、と思ったのでした。

 

アイドルによってこじらせ、アイドルによって元気づけられ。アイドルってすごい。

寝る前に自分の見たい夢をセットして、いつでも好きな人の夢を見られる装置が発明されないかな。シゲの手羽先美味しかった。

 

最近のシゲの輝きが眩しくって、私みたいなこじらせシゲ担が爆誕してるんじゃないかと思いつつ。

本日のこじらせ気味の現場からは以上です!