ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

Welcome to KちゃんNEWS Zone.

ラジオというのは視覚に頼らない分、話者の口調や間合いでその人の内面がよく伝わることがあります。だから私はラジオが好きなのですが、要は、2016年2月9日の文化放送『KちゃんNEWS』がとても良かったという話です。

 

小山さんが固定レギュラーで毎回メンバーがひとりづつ登場するKちゃんNEWSでは、メンバー間のエピソードをたくさん聴くことができます。たとえば、プレゼントに靴ベラや日本酒を送り合ったり、クソ高いミキサーをリクエストしたり*1、LINEでグループ作ってたり。そんな話のふしぶしから『仕事を持つアラサーでそれなりに収入も多く、都会に住み、オンもオフも楽しむ』彼ら4人の生活を垣間見ることができます。そして私は、そんな年相応に大人で、良識があり、上品なところがある4人が好きです。

 

メンバー間の仲良し話も、過剰ではなくサラッと話すぐらいのところにものすごーく深いお互いへの愛情を感じます。子どもの時から苦楽を共にしてきたからこその落ち着いた関係といいますか。例えば、私は40代前半なのですが、学校で知り合って20年以上も付き合ってる友人って、その人の欠点も分かった上で存在自体が好きでいつも幸せであってほしいって思う、揺るぎない愛情みたいなものがあります。NEWSの4人の関係はそれがギュッと凝縮した感じがして、聴いてて「尊いなぁ...」って思うんです。

 

そんな私が聴いた中で最も萌えたのは、2014年12月30日、メンバー全員集合した回の増田さんの発言。4人集まった時の恒例の王様ゲームでなりゆき上、手越さんに「愛してる」と言われた加藤さんに対して、増田さんが言いました。

 

こういう時のシゲって小学校でジャニーズ入ってきたときのシゲっぽい顔になるよね。少年ぽいビックリした顔。

 

どんな顔だよ!みーたーいー!でもなんか、わーかーるー。そして増田さんのシゲへの愛も、わかるぅーーー。

そんな増田さんは、本人不在の時にこんなこと*2を言われていました。増田さんの誕生日に顔面ケーキはどうか、という話になり、あいつにはいけないわ(増田さんは潔癖で若干気難しいところがある)と言う小山さん。そこでシゲがボソッと、

 

やっぱみんなまっすーに気を使い過ぎだと思う。

 

この一言に込められた、シゲからまっすーへの愛をみなさんにも感じて欲しい....!

しかし、今回2016年2月9日の放送では増田さんと小山さんの距離がグッと縮んだようです。ある日の夜12時近く、突然増田から小山手越シゲとそれぞれに電話がかかってきて『今から飲みたい!絶対来て!』と飲みのお誘い。「あんなにまっすーとハグしたことはない」「最近の増田への愛を全部語った」「まっすーと握手しながらまっすーのいいとこ喋った」と興奮気味に話す小山。その日手越がサッカー合宿に行ってて参加できなかったという話含めて、It's a wonderful NEWS world. 

 

同じ日の放送では、シゲから小山さんへのさりげない愛情も聴けます。個人的にやりたいことないの?と小山さんの近況について尋ね「あ、あれにしなよ!最近すっげー小説読んでるじゃん!」とシゲが話を誘います。

 

シゲ「小山さんて意外とそういう真面目な話をしないじゃない、メンバーの話とかはするけど。なにかについて語るとかやってみたいのどこかで。(小山「なるほどね」)だから、小山さんと同じ本を読むから」小山「ほんと?」←この「ほんと?」ってのがすっごい優しい言い方で震える。

 

 今はサスペンスを読んでるってだけ言って本の題名を明らかにしない小山さんに、

 

「『聖母』でしょ?言っていいんじゃない?」と水を向けるシゲ。スッと心開いて読んだ本を教えてくれる小山さん。いつもメンバーの良さを語ろうとする小山さんに、自分のことも話しなよ、と促すことが自然にできるシゲと自然に受け入れる小山さん。

 

この日語られるエピソードのトリは、小山さんからシゲへの愛。仙台駅の本屋でモニターに映る「ピンクとグレー」の宣伝をするシゲの姿をわざわざ写メにとって「シゲ声出てません」ってLINEのグループトークに送る小山さん。速攻シゲ話で盛り上がるコヤマス。「あぱー」って返事する手越。Welcome to NEWS Zone. (セクゾの新しいアルバムタイトル 「Welcome to Sexy Zone」についてどうしても話したい私。)

 

話戻って、飲みに誘った増田さんですが、増田がコンサートについて考えてくれてるという話から、

最近のまっすーは楽しそうだよね、一時期は色々悩んでいたんだろうけど。

とシゲに言われてました。まっすー不在で語られる増田の話にこみあげるものが。

 

それにしても、小学生の頃のメンバーの顔を覚えていて、30過ぎても同じメンバーでアイドルしていく姿の尊さ。Welcome to Johnny's Zone !

 

 

 

 

*1:2015年7月7日、シゲが小山に高いミキサーをリクエストして値段を知った小山に「は?ばっかじゃないの?」と言われる。

*2:同じく2015年7月7日放送 この回は小山とシゲが「俺らって親友?」と確認しあう回でもあります。