読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

嵐のジャニーズ化とアイドルが年を取ることについて。

前回、嵐の『復活LOVE』を聴いた感想を少年隊と光GENJIに絡めて長々と書きました。

嵐の『復活LOVE』を見て、う~んって思った話。 - ゆずこんぶおいしい

嵐の『復活LOVE』について情報欲しくてクリックしたら少年隊と光GENJIの思い出話かよ!って思われた方もいらっしゃるかと......。なんか申し訳なくてもう一度考えて記事にします。そして、Mステの嵐が口パクかどうかは私わかりません。そのキーワードで来ていただいた方が多い(笑)

 

私が『復活LOVE』を聴いて思ったポイントです。

 

  • 嵐のジャニーズ化
  • 国民的アイドルとは
  • ジャニーズアイドルが歳をとること
  • SMAPの今後はどうなるの

 

  • 嵐のジャニーズ化

私の周りの嵐ファンはノットイコール ジャニーズファンです。嵐は好きだけどジャニーズは特に好きじゃないっていう人が多い。嵐は嵐というブランドであり、ジャニーズとは違うと私も思ってました。

でも、去年、「まーかふしぎ、まーかふしぎ、オゥイェェィ~」と歌いバク転を試みる嵐を見、カウコンでの司会、そして年明けのSMAPの騒動、今回のヤマタツ夫妻の『復活LOVE』。あ、これから嵐は「ジャニーズ事務所」をしょって立つのだなと気付きました。

 

ちなみに。まーかふしぎ、まーかふしぎでお馴染みの『日本よいとこ摩訶不思議』作詞作曲:野村義男(よっちゃん)/編曲:船山基紀。嵐歌うの見て(なんだよこの曲ww)って思われたでしょうが、最初に少年隊が発表した80年代半ば当時も(なんだよこの曲www)と同じように思ってました。時代のせいじゃない。でも時がたってもこの曲のトンチキさ楽しさは失われてなかったのでやっぱり名曲なんだと思います。

 

話し戻します。

嵐のジャニーズ化の一手である『復活LOVE』、これが嵐ファンbutnotジャニオタに受け入れられるなら、(やっぱジャニーズの世界好きだわ)ってファンが後輩にどんどん降りてくるでしょう。莫大な数の嵐ファンがそのまま後輩たちのファンにもなってくれれば事務所も安泰。

これから来るであろうafter喜多川姉弟の時代を見据えた計画のひとつが、去年から深まっていった嵐のジャニーズへの傾斜化であることは間違いないと思います。

 

 

  • 国民的アイドルとは

嵐のファンクラブ会員数は約182万人(2016.2月現在*1)とんでもない数字です。コンサート対策のために複数名義で加入している人がいるとはいえ。

 嵐はいつのまにか国民的アイドルになってて、(慶応なのに、君はチーマーに憧れてるの?)って感じだった櫻井さんも品行方正を絵に描いたみたいなお兄さんになりました。

多くの企業の顔となり、日本の顔となり、今は2020年の東京オリンピックも意識してるのかな?という感じがします。でも、そういう国民的アイドルになった嵐を嬉しく思うファンばかりじゃないよな~。古参のファンの方はさみしいんじゃないかな。私はお茶の間から嵐を見てるだけですが、嵐の『国民的アイドル』的な立ち位置にちょっと違和感を感じる。

 

 

  • ジャニーズアイドルが年をとること

少年隊の記事を書いててビックリしたのが、私が(おじさんになった)と思ってた少年隊の3人は実は当時20代前半とすごーーく若かったこと。

つくづく、この20年ほどで男性アイドルの寿命は飛躍的に伸びたんだと思いました。男性観の変化や、女性の社会進出、晩婚化など社会の変化に伴い、30過ぎても男性が独身でアイドルしてることが不思議でなくなりました。

嵐の5人も、現在大野さんが35歳、一番若い松本さんも32歳。それでもまだ「かわいい」という言葉が不釣り合いじゃありません。40過ぎたSMAPTOKIOだって「かわいい」と賞されるのですから。

 

ジャニーズ事務所による男性アイドルの高年齢化は功罪あると思います。

事務所的には、長いスパンで活躍できる人材は事務所に利益をもたらしますが、黒字にならない不良債権を抱えることにもつながり、タレントの新陳代謝が進まず新しい人材の売り出しが難しくなるかもしれません。

で、タレントの立場としてはどうなんでしょ。

私の小さいころはアイドルってのは「男が一生かけてやる仕事ではない」という意識がタレントにも観客にもあった気がします。でもそれは過去の話、今や40過ぎてもアイドルしてる人、ジャニーズにはたくさんいます。そしてアラサーのタレント、たっっくさんいます。嵐、関ジャニKAT-TUNタッキー&翼山下智久、NEWS、ABC-Z、今28~35歳ぐらいのスパンに入るのがこの辺。事務所の主力タレントたち。

 

彼らがこの先30代半ば~後半に入った時どうなっていくのか。とても気になります。

自分の人生設計をして、事務所に残る人、違う事務所に移籍する人、芸能界自体から去る人、私たちファンはタレントが選択した道を黙って見守るしかありません。

 

でも、SMAPや嵐のメンバーに選択権があるとは思えない。

彼らが関わる事によって生み出される莫大なお金は、事務所の経営だけでなく、日本経済にもかかわってくるので、タレント個人が辞めたくなったからといって辞めることや解散は簡単にできない。

今年初め、SMAPの一連の騒動があって私が思ったのは「あー、これで嵐もまだまだ結婚できないわ。気の毒に」ということ。

熱愛や結婚が売り上げに直結するのがアイドル。しかし、30代も半ばの男性が、結婚も恋愛も自由にできないって不自然じゃね?ってどうしても思います。内面も成熟していくのに、いつまでも若さや美しさを求められるのも酷なことだよなぁ...。十代で事務所に入ったときにはまさかそこまで考えないだろうし。でもプライベートを顧みず働いて40、50歳になった彼らを事務所がご苦労さんってねぎらってくれるとは思えない。

 

昨年秋に嵐の大野くんの熱愛報道があったときに、「もう2度と会いません」と決別表明のようなコメントを出したのをみて「うわぁ.......」って空恐ろしい気持ちになりました。別れるという結論は仕方ないにせよ、プライベートをばっさり切ってアイドルに邁進して、将来それだけの見返りがあるのかな。ちょっと心配。

 

ジャニーズアイドルにとってのイイ歳の取り方のロールモデルってまだいないと思うんです。

家庭もあって子どももいてアイドルもしてて、っていうジャニタレ何人かはいますが特殊なケース。

嵐の5人は後輩たちの良いロールモデルになれると思うので事務所もぜひ考えてあげてほしい。

 

 

  • SMAPはどうなるの

で、SMAPはこれからどうなるんですか?

嵐がジャニーズアイドルの正式な後継者なのだとしたら、今まで国民的アイドルだったSMAPのこれからの立ち位置が見えなくて不安になります。

あの騒動はなかったことにされてうやむやに?なんかモヤモヤするーーー

 

 

BBAは話が長くていやだわー と自分でも思う。

でも【ジャニーズアイドルの年の取り方】については、すっごく気になるところなのでまた考えたいです。