読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

人生初のジャニーズコンサートまであと3日、私の複雑な心境。

NEWS 雑感

見ました?小クラプレミアム完全ガイドスペシャル。あんなのが月イチで見れるなんて...!

脱力&寄り目の、挙動不審な増田貴久さんが『愛してナイト』に出てくるジュリアーノという猫にしか見えなくて困った。

f:id:yuzukonbu:20160323194212j:plain

この猫↑ 完全にアラフォーにしか分からないネタでごめん。

 

ウホウホ言いながら見てたわけですが、そういえば、もうすぐNEWSのツアー始まるじゃないですか。

そういえばっていうか、今そのことしか頭の中にないんですが。

私は初日の札幌真駒内アリーナに行く予定です。これが正真正銘、生まれてはじめてのジャニーズコンサートになります。

ジャニについて語れる友人もいない私。一人で行きます。真駒内への行き方、グッズは購入するのか、そもそも何時に行けばいいのか、開演までの過ごし方、そして何を着ていけば浮かないのか、などなど不安な点も多いです。

 

コンサートへの不安

しかし、私が一番不安に思い、恐れているのは、コンサートに行くことで私のNEWSへの想いが醒めてしまったらどうしよう、ということ。
いえ、NEWSのパフォーマンスにガッカリしたら、とかそういうことでは決してなく、私とNEWS4人との距離感に絶望を感じてしまうのではないか、という心配なんです。

 

コンサートには、NEWSを愛する女性たちがたくさん集まるわけです。そんな女性たちの中に入っちゃえば、私もただのワンオブ「NEWSファン」、何万人ものうちの一人。

私はシゲが何が好きでどういう人か知っているのに、シゲは私が誰でどういう気持ちでシゲを好きかなんて知るわけもなく。

 

スターである4人と、ファンである私の間にある、絶対的な境界線。そして、NEWSを好きな1万人以上の人々を見て、(私ひとり応援したところでなにになるんだろう)と虚しくなり、こんな些細なブログを続ける意味って...とか考えちゃうんじゃないかと怖いんです。

 

自分の中の痛い気持ち

リア恋とかじゃないけど、自分の中にある、「不特定多数のファンの一人じゃなく、特別なファンでいたい」という気持ちに気付いてしまい、うわっ!私ヤバっ!!と思った次第で。

だって、たかが(とあえて言います)コンサートに行くのに、その出演者との距離感がどうこう、とか思います?普通。ライブって、生の演奏聴けて、うぇーーいって言って盛り上がって「あー楽しかった!」って高揚感抱いて帰路につくものじゃないですか。

なのに、行く前から「NEWSと私があまりにも別世界に生きてるって事思い知らされたらやだな…」とか心配するの普通じゃない。勿論、現実に私がNEWSに係わりたいわけじゃないのに。

こういう気持ちって他の人も抱くものなのかな?

あったとしたら、ジャニーズ特有のもの?
それとも他のアーティストのファンにも共通するものなのかな?
芸能人を好きになるとき特有の一過性のもの?
私、大人になってから誰かのファンになるってことがなかったので自分に戸惑ってます今。

 

ファンサービスを募るうちわ(ピースして、エアハグして、など)も、はまる以前は「ジャニオタとは強欲なものよ…」と醒めた気持ちで見てたんですけど、ごめんなさいわかります。
ここに私いるよ!あなたのこと大好きな私いるよ!気付いて!っていう気持ちはなんらおかしくないです。むしろ素直でいいなぁ、って思います。好きな人に存在を知ってほしい、両想いになりたいって自然なことですもんね。

…なんか、私、文字打ってて今泣きそうなんですけど。ほんと、私大丈夫かな。

 

--------------

ということをこの10日間ばかり考えてたんですが(重い)、昨晩の小クラ事前番組のNEWSちゃんたちがあまりにキャワイく素敵だったので、私がウダウダ考えてたことがスパッとどこかに行きました。ありがとうNHK。初コンサートは、「Don't think. Feel.」で臨みたいと思います!

 

あんな素敵な4人に会えるんだって思うだけでもうルンルン(古語)です。それに、NEWSの4人は「コンサート」を「デート」に変えてくれる技量をお持ちと評判なので、私のようなものでもそう思わせてくれるかも。それで、その場にいるファンの子たちと、「よかったね、NEWS素敵だったね」って会話にならなくても気持ちを共有できたらいいな。

 

コンサートから無事帰ってきた時には、自分の気持ちがどうだったか、また報告させてください。

かっこよかったーかっこよかったーーかっこよかったーーー、はーーー、好き。しか書いてなかったらごめんなさい。