ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

小山慶一郎さんがエロくて大変なので今すぐWHITEを見てください!

WHITE見ました。全編通して素晴らしいのですが、この件だけはいち早くお伝えしなきゃならない!と謎の使命感にかられたのでまず言わせてください。

 

小山慶一郎がエロ過ぎて重罪!

 

小山さんのソロ曲「ロメオ2015」、ジュニアを引き連れて半裸で歌い踊る小山慶一郎がエロ過ぎて大変なことになってます。

 

黒いスーツのジュニアの中から現れる小山さん、いきなり上半身裸。ジャケットは着てますが、ほぼ裸。

ジャケットが動いて肌色の面積が大きくなるごとに、東京ドームが揺れます。もちろんCHIKUBIもHESOも、なんて言うんでしょう、へその下の大事な部分に繋がる箇所も惜しげもなくあらわになってます。

 

ドヤ顔感はないんですよ、終始、切なげな表情で歌い踊りあげてるんです。

でもマイク持ってない方の手はジャケットを掴み、隙あらばジャケットを手で動かしてチラッチラッと裸をアピールしてきます。顔は悲恋に苦しむ男なのに、手はオラオラもっともっと、と忙しく動かして肉体を誇示してくる。

 

エッロ!! 

(ニャロ!!ってテンションで読んでください)

 

小山さんって実在感があるというか、裸の小山慶一郎はもうただの男。

NEWSの他の3人も勿論かっこよくセクシーですが、小山さんの持つなんていうんだろう、リアルさ?肉体の重み、みたいなものは突出してて、唯一無二のものかと。

 

アイドルを消費するということに敏感な私ですが、半裸の小山さんは

「消費してもいいよ、貴女の好きにしていいからね」って言ってくれてるようで、体目当ての視線をも受け入れてる度量を感じます。

え、いいの?そういう目で見てもいいの?ほんとにいいの?

慶ちゃん優しい....(ホロリ)

 

ところで、小山さんって水泳選手みたいなルックスしてませんか?水泳選手に共通する、どこか独特な顔つきや体つきって人生の大半を水中で過ごしてるせいかなと思ってたりするんですが、小山慶一郎さんも長年芸能界の水につかっているうちにあんな体つきになっちゃたのかな?....ちょっと意味わかんないっすね、そんだけ小山さんの体が良かったって話です。もうマイク持つ手すら色っぽい。

 

このロメオ見てしまうと、すべてのけいちゃんがエロく思えてくるという病にかかります。

テレ東でジャージ着てあぐらかいてた小山さんも、ラジオで手越をいさめる小山さんも、Nissenでおにぎり食べてた小山さんも、実はこの肉体と精神を内面に秘めているのかと思うと。その事実を思ったときの興奮は、私の住んでるところで日テレevery.が見れなくて逆に良かったと胸をなでおろすほど。

 

 

ポコポンペコーニャ~とか言ってたじゃん!タータンチェックの服可愛く着こなしてたじゃん!

でもチェックのジャケットの下はノースリーブの赤いシャツにベストを重ねた状態なわけで。美味しそうな太い二の腕があらわになると、すぐにまたオトコ感が露出しちゃう。他の3人は腕隠すシャツ姿なのに。衣装担当の増田さんありがとう。このDVD通してフワッとしたヘアスタイルで動き回るせいか時折乱れて無造作になるのもとてもいい。

 

思い出すのは2009年のDIAMONDコンサートのDVDの中で、『銀座ラプソディー』という、今回のロメオと似たような曲調を山Pと歌う小山さんの姿。派手にセットされた髪やギラギラしたスーツなんか着なくても2015年の慶ちゃんはとってもとってもセクシーで、派手でもあり、落ち着きもあり、内面からくる成熟が感じられました。

 

上から目線なの失礼承知で言いますが、今慶ちゃんがよく本を読んでいることをアピールしているのが私、とても嬉しいんですよね。芸歴は長いとは言え、小山さんもまだまだ30歳ちょっと超えた青年。本を読んだり、キャスターとして市井の人たちに接したりすることで、ますます人間力に深みが出て素敵な男性になっていくことが楽しみで仕方ない。

 

最後の曲が終わったあとバックステージに引っ込み、画面に向かって白いペンでメッセージを書く(錦織圭選手がよくやるやつ)場面があるんですが、そこでペンを取り何かを書こうとしてボードをじっと見る小山さんの顔がまぁあどけなくて。コンサートが無事終わった安堵感なのか、慶ちゃんってこんな幼い顔してるんだ。って思ってますますソロの時とのギャップに殺(や)られる。

 

アンコール前、裏でホッと一息ついてるこの場面の4人はそれぞれとても良い表情をしているので是非確認してください。ふぅーあっつ!って感じで息を切らしてタオルで髪を拭いてそのままタオルを頭に乗っける増田がとても増田貴久。シゲのキッスも見られますよぉ~ 

 

あと「チュム!!」っていう小山さんの出だしが私の想像の100倍男らしく勇ましかったのでそこにもズッキーーン♡としました。コンサートの最後に東京ドームをインドで染め上げたあと、「みなさーん、これがチュムチュムです!気にいっていただけましたかー!」って尋ねる姿はちょっと面白かったけど笑。お客さんみんなチュムチュムにビックリしてるよ。

 

私が購入したのは初回盤なので各人のソロのMVもついてくるのですが、そこにも幼さと大人が同居する今の小山さんの魅力が詰まってます。最後にもの言いたげにこちらを見つめる慶ちゃん....。

 

エロエロハダカハダカ言ってるこんなブログを平日の昼間にあげる私もどうかしてると思うのですが、今日は金曜日。明日はお休みの方も多いでしょう。まだWHITEを購入されてない方がいたら、ぜひ今日買ってから帰宅するといいよ!週末が超楽しいよ!

と、見知らぬおばさんのおせっかいでWHITEにつまった小山慶一郎さんの魅力を語らせてもらいました。

 

このDVD、「小山さんのエロス」など、テーマを持って鑑賞すると、見終わるということがないんですがどうしましょうか。

 

最後に水曜日の少年倶楽部プレミアムのチャンカパーナ曲中で小山さんがやってた、「右手で顔下半分をギュッと押さえてすこしためてからバッとする投げキッス」が素晴らしいのでそちらも合わせてご覧下さい。再放送は今日の6時からです。