読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

街でジャニーズに出会ったときにどうするか。

ジャニーズ全般 関ジャニ

ネット上のKAT-TUNのコンサートのレポや感想にのせて語られる、ファンからKAT-TUNへの愛あふれる言葉を読むにつれ、あらためて「ネットってすごいな」って思ってる私です。

 

以前に活動休止または解散になったグループってどうだったんだっけ?と90年代以降を調べてみると、男闘呼組が1993年に活動休止、光GENJIが1995年に解散、忍者が1997年に活動休止とあり、それ以降は休止や解散するデビューグループは無し。97年ごろまではネットはこれほど普及してはいなかったので、いちファンがグループの解散・休止に対して何を思うのかは、計り知れないものでした。もしあのころ今のようなSNSがあったら、どのような意見が飛び交うのか興味深くもあり恐ろしくもある。

 

 もちろん昔だって、今のハイフンさんたちのように優しい気持ちで真剣にアイドルを応援する人たちはたくさんいたんでしょうが、今は誰がどんな気持ちで彼らを応援しているのがよくわかってほんと面白い時代だなって思います。

 

話はちょっとそれますが、Twitterやコンサートでお見かけする若いお嬢さんの中には、「ジャニーズを応援する自分が好きなんだろうな」という印象を受ける方もいます。コンサートで客席を見渡し、「あの2人組かわいい!絶対ファンサもらえる」とか「あの辺(アリーナの良席)の人たち、積んで入ってるんじゃない?」などと開演前にファンチェックに余念がない彼女たち。こっちは生身のアイドルに会える期待と不安と興奮でドキが胸胸ですから、ずいぶん余裕あるな~って。

 

 

すんげーおばさんくさいし上から目線で何様だよって感じですが、KAT-TUNのファンの方々のブログを読んで、「ジャニオタ見直した!」って思いました。優しいししっかりしてる。見た目で判断してすいません。

 

KAT-TUNはこんなにみんなに「待ってるよ」「大好き」「ありがとう」って言葉にしてもらって幸せだな、私がメンバーだったとして、こんな温かいブログ読んだら号泣するわ。

って、私のこのブログがジャニーズの誰かに見られている可能性もゼロとは言い切れないんですよね........ タレント本人に見られても恥ずかしくないようなブログを書きたいと思ってはいるんですが、もう色々と無理です。妄想癖もすごいし。

 

インスタやブログでタレントとファンが双方向に発信でき交流できる時代。アナログなジャニーズ事務所といえどジャニーズWEBでそれなりにがんばっております。文章のみの野球大会レポを掲載したり、更新頻度をタレントに任せたり....。

 

こないだ「錦戸亮さんが気になる」って書きましたが、ドラマ『ラストフレンズ』(あの瑛太は良かった....)あたりから錦戸さんは好きで。顔が。

関ジャニとして歌番組で見かける錦戸さんは、(錦戸君がセンターじゃないんだ、グループ内の立ち位置はけっこう地味なのね。)と思いつつ観てました。そもそもセンターなんて概念は関ジャニには存在しないのかもしれませんが。

 

「顔が好き」って以外にあまり彼の事を考えたことなかったのですが、NEWSにはまってから見たDVD『DIAMOND LIVE』のコンサートメイキングで、福井の会場で天気が良いからと会議室みたいな机を外に出し、出すの手伝ってくれたスタッフに「ありがとうね~」とお礼を言ってから、とくに景色が良いわけでもないのにコンクリートで囲われた敷地を見ながらお弁当を一人で食べる姿に「あら、、、なんかこの人って、、」まぁ言っちゃえばちょっとキュン♡って感じになったわけです。

 

キュン♡っていうか、「ほぉっとけないよぉ~」©楠瀬 誠志郎 って感じ。古い。

 

錦戸さんのほっとけないぶりはジャニーズWEBでも顕著。

すんごい適当だったり、投げっぱなしだったり、PCのデータを消してしまった自分にムカつくってことが長文で書かれてたり(しかもお酒飲みながら書いてるらしい)、あらあら錦戸君たら....ほっとけない....

そんな文の最後に「あー 桃食いてー」なんて書いてあったら「まだスーパー開いてるから行ってこよっか?」って言いたくなりますよね。多分「えぇってそんなん。」て言うだろうけど、データ消しちゃってしょんぼり😞してる錦戸さんに喜んでもらいたくってスーパーまで走っちゃう。今の季節桃まだ売ってないと思うけど。缶詰になっちゃうと思うけど。私、友だちに「甘やかして男をダメにするタイプ」って言われたことあるけど。

 

そんなほっとけなさに磨きがかかってるのが、今年3月に更新されたジャニWEBの関ジャニの連載のなかの錦戸さんの記事なんですが....まだギリギリ見れるので未読の方はどうぞ。(20160315で始まるタイトルの記事)

要約するとこう↓↓

 

  • 大阪で友だちと映画を観た。
  • 梅田を歩いても誰も気付かなかった。
  • いつもは「あ!錦戸!」と呼ばれる。
  • その度に「RYO」って芸名にしたかったと思う。
  • まぁしょうがないんだけど。
  • ところが今日は、二十歳ぐらいの男子に「錦戸くんですよね?一緒に写真撮ってください!」って言われた。
  • 隠し撮り慣れし過ぎてたので嬉しかった。
  • 写真は断ったけど握手はした。
  • 写真断ったら「握手お願いします!!!!」って来てくれてめっちゃうれしかった。

 

私からしたら、道を歩いてたプライベート中のタレントさんに「一緒に写真撮ってください」ってお願いするのも、ちょっと失礼では?と思うんですけど、錦戸さん嬉しくなるハードルが低すぎやしないか。

 

裏返せば常日頃どんだけ錦戸さんが一般の人に辛く当たられてるかってこと。

そして、実は、ディズニーランドかUSJでの錦戸さんの隠し撮り写真、ネットを通して見ちゃってる私はなんも言えねぇー(シンプルな私服とサングラス姿がとっても素敵でした)

 

錦戸さんは、ジャニーズWEB読む限りは繊細で優しくって、でもちょっとマスコミはじめ世間にお疲れ気味な感じ。

 

だってね、錦戸くん!って話しかけられて「写真はごめん♡握手でもいい?」って、この♡←。

あんな人ばっかりならいいのにな、どうやったらそうなるのかなって考えた結論が、そんな風に声をかけられやすい自分になることと、「ひとつひとつの仕事に真摯に向き合って、いけてる僕になること」って、、、、いい人過ぎる。

 

40代の私は、もし万が一、街でジャニーズの方々に出会っても声は掛けません。マダムっぽく声をかけることができたらいいのでしょうけど、なんかもろ「ジャニオタのおばさん」って感じになりそうで。そっと見守ります。(私、自分のことオバサンって言いますけど、実は内心ではそうは思ってません。でも客観的にみたらそうなんだろうなと思ってはいる。)

 

若い男の子になって、「錦戸さんですよね?(もしくは加藤さん/小山さん/手越さん/増田さんetc.)俺ファンっす!CD買ってます!コンサートも行きました!いつも応援してます!」って赤面しながら話かけて、ジャニーズWEBで「こないだ街で男の子のファンに話しかけられた!めちゃくちゃ嬉しかったなぁ~!」って言われたい。

 う、うらやましいぃ、、、妄想の中の自分に嫉妬するわ。

 

みなさんは街でジャニーズタレントに会ったらどうしますか?

 

 

<おまけの3コマ>

f:id:yuzukonbu:20160505073110j:plain

天気がええから、外でご飯食べてる。

 

f:id:yuzukonbu:20160504204707j:plain

 味噌汁うまい。ええ天気や。

 

f:id:yuzukonbu:20160504204852j:plain

 ええ景色や。