読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

テレビ局の編成部のみなさーん、テゴ&マスのレギュラー番組考えたよ。

NEWS 妄想・夢

週末、お風呂入ってたら息子(6歳)が、「ママー、テレビににゅーすの赤いかみのひとでてるよー」って教えに来てくれました。(とてもいい子)

 

まっすー!と慌ててお風呂から上がりました。画面には赤い髪のマッスーが回答者席のようなところに座り笑う姿が。

夫「この子なんていうの?」

私「増田君だよかわいいでしょ。」←自分の主観を押し付けがち

夫「高橋真麻に似てる子に似てるね。なんだっけ北....」

私「キスマイ北山君ね (そうか、一般目線じゃやっぱりブス枠....)」

 

まっすーが出てるなんかよく分からないバラエティーに、子どもらしく腹を抱えて笑う息子を見てるうちに、むくむくむくっとアイデアもとい妄想が湧いてまいりました。

NEWSさんにそれぞれの個性を生かした番組を与えたい....!

ティビィ~の影響力っていまだに強力だと思うんですよ。

だからもっとうまくテレビを使ってNEWSの広報活動に役立てたい!

春からレギュラーどっと増えたのに欲張りだと承知ですが、NEWSな二人と変ラボは地元局で放送されないんだもん。リアルタイムで見たいもん。もっとみんなに見てもらいたいんだもん。

スポンサーがつきやすいよう、ちゃんとターゲットを絞ってプレゼンするんでテレビ局の人ここ見てたら是非参考にしてぇー

 

 

<増田貴久さん>

タイトル1:「まっすーのみんなおいでおいで」

放送時間:月~金  朝7:30-7:45

視聴者例:0-5歳の幼児と保護者

番組内容:基本的に増田が子どもたちと歌うところを編集なしで流すだけの番組。

「おーい!みんなー!おはよー!」と増田が画面から呼びかけるOPで毎回始まり、まっすーが歌う番組テーマ曲「おはようサンシャイン」にかぶせる感じで提供スポンサー名からCM(オムツメーカー等)へ。

託児ルームをイメージしたスタジオ。幼児ははっきりした色を好むので、赤黄青を基調にしたエプロンを着たまっすーが部屋の真ん中に座り、その周りには10人ほどの子どもたち(2歳~5歳)

子どもが泣き出したりトイレに行きたくなったり収集つかなくなって、増田がスタジオにいるスタッフや保護者に助けを求めつつ、アタフタするのも見どころ。こどもに「まっすーせんせいあのね□×○△」と話しかけられて番組の進行が滞るのも一興。

童謡を増田が歌い、こどものノリが良い日は軽く踊りも見せてくれる。

増田がこども2,3人を同時に抱っこして屈強な肉体をアピール。

私的狙い:NEWSの中で一番幼児ウケがいいと思われる増田さん(私調べ)には是非子ども番組を。笑顔と歌声で子育てに疲れた母たちを癒します。増田さんのシュールなギャグがどこまで子供に通用するかも見もの。

 

 

タイトル2:「増田貴久の目指せ!声優教室 Season1」 

放送時間:Eテレ5週シリーズで夜7:30-8:00

視聴者例:10代~20代のアニオタ

番組内容:増田が声優から手ほどきを受けアテレコに挑戦する5回シリーズの企画。

基本の発声練習に始まり、人気声優からセリフ回しを勉強しつつ過去にNHKで放送されたアニメのアテレコに挑戦する。Season2ではさらに難易度をあげ、実際放映されるアニメに参加。

少年少女や悪役、ネコなどさまざまなキャラクターの声の使い方や表現力について学ぶ。最初は「アイドルですから」と余裕しゃくしゃくだった増田が、こてんぱんにダメ出しされる姿が見られる。本人なら絶対言わないような甘~いセリフを完璧にやり遂げたあとで、恥ずかしさのあまり崩れ落ちる姿が見られる。

KAT-TUN中丸雄一氏を講師に招き、ボイパについて学ぶ特別編もSeason1終了後に放映される。ボイパの後は2人でかけあいのアテレコに挑戦。

私的狙い:ジャニオタ内では沼アイドル(はまったら抜け出せない)として評判の増田さん。彼の容姿、声、パフォーマンスは特にアニメと相性が良さそうなので是非絡ませてみたい。アニオタに増田さん及びNEWSの知名度好感度が上がれば怖いものはないと思われる。

 

 ------------------------

 

手越祐也さん>

タイトル1:「てご散歩」 

放送時間:月~木 11:15-11:25

視聴者例:60代以上の男女

番組内容:その名の通り手越がただ街をぶらつくだけの番組。

手越が都下の商店街などをぷらぷら~と歩き、街行く人に声をかけられたりお惣菜を食べたりするゆるふわな番組。「手越?!」「きゃぁぁーー」「てごしwww」などと一般の人に話しかけられ臨機応変ににこやかに対応する手越の魅力がつまった10分番組。

最初は若い子にしか声をかけられなかったが、放送が進むにつれ年配の人の間でも名前と顔が知られるようになり、「手越君いつも見てるよ!」「手越君これもってきなさい!」と渡された大量のお土産を抱えて街を歩く手越の姿が見られる。ローカルな商店街に不似合いな金髪の美青年、見た目と異なり礼儀正しく「ありがとうございます!おいしいです!」と、お惣菜を頂く姿が見もの。

私的狙い:実は潜在的好感度の高い手越さん。その可愛らしさと礼儀正しさで「こんな息子や孫が欲しい」と年配者の間で人気がブレークする日も近い。道行く人からの声援を糧に、手越の輝きがさらに増す。「あぱーー」(手越がよく使う擬態語)が高齢者の間でブームになるかもしれない。

 

 

タイトル2:「TEGOSHIのガチでサッカー!」

放送時間:火曜深夜2:00-2:50

視聴者例:サッカー好きな10代~30代男性

番組内容:ただただガチンコでサッカーしてるだけの番組。ラテ欄では略してガチサカ。

サッカーというか、フットサルを前半後半合わせて40分してるだけの深夜番組。サッカー好きの男性が深夜にBGMがわりにつけといて、良く見るとアレ?これって手越?ぐらいの感じで。地方の高校サッカーの全国大会予選1回戦ぐらいの地味な画が好ましい。

引きの画からも、アイドルらしからぬ闘志と、遊びなのにそこまで?という真剣みの手越の姿が伝わる。もちろん時にはアップを抜き、女性ファンのために手越の流す汗も接写有。手越さんの汗は宝石のようなキラメキですからね。可愛い顔とは不似合の、たくましい太ももにもご注目あれ。

スーパーアイドル手越の「子猫ちゃんラブラブしよーぜー!」は一切なし。男子校出身者らしい男くさぁーい手越の姿が垣間見れる。

私的狙い:手越さんのキャラや性格に一番共感できるのは男性だと思うので、ここの層にアピールしたい。「なんだ手越ってガチでサッカー好きなんだちょっと見直したわ~」から「手越さんかっけー!」に至るには時間かからない。

  

 

変ラボの5月5日放送内容が、まっすーと赤ちゃんの絡みと知りパクられた!と思った。

だから私の住んでるところじゃ放送してないのよ~ 

こういう要望は地元のテレビ局に言えばいいのかな?本気でお手紙出そうっと。

 

テゴマス考えたところで妄想が膨らみ過ぎて燃え尽きたので、コヤシゲはまた次回にします!

シゲは、WHITEにおけるSnow Expressでの、歌の世界に入り込んで意識が飛んでしまったような顔が素晴らしかったので、催眠術の特番にゲストとして招かれるのが決定済です!

私の中で。

 

妄想がはかどり過ぎて、番宣や途中で流れるCMまで思いをめぐらしてしまった。

で、『妄想』をネット辞書で引いたら、【病的な状態から生じた誤った判断。確信的であること,経験や推理に影響されないこと,内容が現実から遊離していること,などが特徴である。】って書いてあったんですけど。じゃあこれ妄想じゃないじゃん!現実味あるじゃん。

 

ということで、テレビ局の人どうぞどうぞ使って下さい。