ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

菊池風磨君=ホットロード説(2016/06/01少年倶楽部感想)

手越さんに気を取られて遅くなりましたが、6月1日の少年倶楽部の感想です。お暇でしたらどうぞ~

 

NHKホールのアニメーションOPから引きのステージが映ると同時に、「松本北斗君、ジェシー、安井君、京本君、、」と頭の中でパッとJr.の名前が浮かぶようになり、ジャニオタ学力と共に動体視力まで向上していることに満足感を覚えました。

 

誰にも解けないミステリー

セクゾが歌うこの曲、なんか懐かしい、、キンキキッズの初期の曲かな?と思ったら、彼らの最新アルバム「Welcome to Sexy Zone」収録曲、作詞作曲が森大輔氏というまだ34歳の若きシンガーソングライターだと知り感心しました。SMAPなどにも曲を提供されてるそうで、youtubeでご自身の曲を聴いてみました。ご自身の曲はセクゾに提供された曲とも違う良い感じだったので、ジャニーズ用として書き下ろせるこんな才能が他にも眠っているのでしょうね。ジャニーズ歌謡の未来はまだまだ明るいな!

 

 

菊池風磨君に想いを寄せる

そしてこの曲を歌ってる時に風磨君が歌詞を間違えるのですが、メロディにのせて「歌詞間違えたごめんなさい」と歌詞を変えて堂々と歌いあげてました。歌詞を間違えた時のアイドルは、(あ!間違えた)という顔をしメンバーと目配せ、曲最後に(ごめんなさい!)と両手を顔の前で合わせてポーズ、というのが一般的であり客も安心すると思われるのですが、風磨君はそうはしません。

すこし前の回で健人君と「ビリビリDANCE」を歌ったときにも、キッチリ指先までビリビリして演じる健人君に対し、風磨君はほぼ立ってるだけ。同じくビリビリしてるJr.に絡まれて苦笑い。

そんな風磨君の様子見てると、ああ、風磨君また誤解されちゃうYO~と心配含め、どうしたどうした?ってドキドキしちゃいます。特に「小クラ」という場ではしゃかりきに目いっぱいやることが善な世界なので、風磨君が悪目立ちしちゃう。「一生懸命やることをカッコ悪いと思うことがカッコ悪いんだ!」と学校の先生が説教してたこと思い出す。

風磨君も分かってはいるんですよね~ でも心の中で何かと闘っててそれを隠せないのか、自分を偽ることを良しとしてないのか。

 

中島健人君という、特異な才能のシンメであることが影響してるのかなと思ったのですが。健人君みたいにはできないし、したくないし、ということで俺らしい道を見つけてる最中、っていうことでもないですよね、もうシンメ歴長いですものね。

 

突然ですが、紡木たくの「ホットロード」が能年玲奈ちゃん主演で昨年公開されましたが、主人公の「和希」は風磨君にやって欲しかった。主人公女子中学生ですけどね! 風磨君のビジュアルって紡木たくマンガみたいだから。原作のテーマは『他者の中に自分を見る事と、他者を知ることで自分を知る=社会性の取得』 勝手にそう思っていたので、それも風磨君にピッタリ。そして相手役の「春山」も是非風磨君にやって欲しかった。一人二役。そうなると話が変わってきますが。

 

私がこんなこというのも変ですが、風磨君は焦らず自分の中で答えを探してほしいし周りの大人やファンも見守ってあげてほしーな。ジャニWEB見ると真面目で誠実な人柄が伺えるので頑張ってほしいです。それにしても、彼の揺らぎですら魅力になるところがアイドルの面白さだと思う。

 

 

グループ内競争意識と葛藤

今日もKingの平野紫耀君が面白すぎたわけですが、先輩に爆笑されて可愛がられる平野君を見る永瀬廉君がちょっとさみしそうでした。平野君も高橋海人君も強烈なキャラ過ぎて、あの3人でいると永瀬君が埋もれてはしまわないだろうか。「他人は関係ないッス!」という性格ならいいけど、普通の子は結構キッツいだろうな~。グループ内での競争意識や劣等感、ジャニーズでは避けられないものだしなかなか解決できないことだけど、それも自分で乗り越えていかなきゃならないのですね。自我との闘いもジャニメンの魅力の一つである、とメモメモ。

佐藤勝利くんの自作歌詞のソロ曲に、彼がこうした曲を書くことで自己の内面バランスを保ってるのだなぁ思い、葛藤の乗り越え方の答えに繋がる気がしました。(曲終わりに勝利くんが口でギターのピックをくわえるのが一瞬映るのですが欲を言えばもうちょっと長く映してほしかった....)

 

 

桐山君、河合君のうまさ

ABC-Z河合君の笑い声、ケケケケケなのかカカカカカなのか考えた末「ア‘ア‘アアアアアッ」と表記するのが一番近いという結論に達しました!

今回しみじみ思ったのがこの二人の司会の上手さで。二人ともまだまだ自分をアピールしたいだろうにジュニアの引き立て役に徹してて偉い!

松潤松潤といつも言ってる自らジャニオタの河合君はとにかく、桐山君はまだ自らの知名度を上げていきたい時期だろうに、絡み辛いであろう健人&風磨の良さもきちんと出してあげてて感心します。少クラで司会をできるというのはとても貴重な経験だと思うので忙しいでしょうが頑張ってほしい。

しかし河合君と戸塚君が菅田琳寧君が自分の事を「りんね」と名前呼びするのを笑ってるだけで突っ込まないのは、そこはデリケートな部分なのだろうか........

 

 

ジャニーズWEST

桐山君のいるジャニーズWESTですが、ジャニーズWESTが一般にちゃんと売れれば、ジャニーズ事務所も安泰だな。という印象を持ちました。今っぽさがあるというか、、。あまり関西っぽさを出さないでカッコイイ路線でおしていってほしい個人的には。ジャニーズWESTが集まった時のワクワク感が凄いので、ファンでなくてもコンサートに行ってみたいな!と思わせることのできるグループだと思います。ま、コンサートに行くためにはファンクラブに入会するのでそこが恐ろしきジャニファミリーの入り口になるわけですが。

 

 

あーまた長くなった。

京本大我君が尊敬する先輩のことを「手越君」と書いてあったのを私は見逃さなかったぞ!あとNHKホールの天井低いスチールロッカーがおかれた殺風景な控室がなんか萌える。

6月に1時間の生放送するそうですが、地上波で3時間生放送に変更しなくていいんですかNHKさん?

 

 

f:id:yuzukonbu:20160604081405j:plain

この子が和希です。