ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

関ジャニの番組でリア恋こじらせがやや治った件。

こんにちは!

広島カープ優勝おめでとうございます!

緒方監督の奥さんってたしかアイドルだったよね?うーんなんて名前だっけうーんうーんと脳をフル回転してwikipediaに頼らず「中條かな子!!」と名前が思い出せた時の気持ち良さといったら。

ほんとは「炎の体育会TV」も見たかったんですよね。ジャニーズ陸上部あるから。

予告CMで、背後にファン(多分ファミリー)をしょい込み正面を向いてタイトルコールをする上田竜也さん、あの人2次元じゃないですか?あんな人現実にいるの?眉毛の角度も、半分くらいジッパーあけて金のネックレスを光らせるジャージの着こなしも、私の好みではないのですが、この番組とジャニwebの連載始まってから気になっちゃう存在です。

ベタなんですけど、学校の不良が雨に濡れた子犬を、的な。

前回の放送で、割と怒られがちな最年長の子に、「俺は(お前のことを)嫌いで言ってるんじゃないから。それだけは分かって欲しい」と炎に揺られながら(キャンプファイヤーしてた)フォローする上田さんに少女漫画的に言うと「トクン....」としました。←心臓の音ね。

上田さん、以前小クラプレミアムでHey! Say! JUMPメンバーとお見合いした時も、高木君の事をよく見てて褒めてたな、あの時も「人の気付かないことに気を配れる繊細で優しい人だな」と思いました。

そしてグループで活動することや、努力を積み重ねることについて説く上田さん。

最近とみにジャニwebで他グループの人が上田君の名前出すことが多いな~、オトコが惚れる男ってやつかな?気になっちゃうよ~。

 

リアルタイムは野球を家族で観て、そして『今景気イイ事務所に潜入! 関ジャニ特命捜査班7係』を録画しました。前回のこの特番、とても面白かったんですが今回もとっても面白かったです。

関ジャニってやっぱり上手だな~ 

顔が緩むぜ。

眼鏡の奥の錦戸さんのタレ目と、アイドルの卵たちと話す時の絶妙な距離感。

村上さんが嬉しそうに給与について話す姿(村上さんが本気で笑うと顔が赤らんでブサイクで可愛い)

プロレス観戦に大はしゃぎの丸山さんの笑顔と、無茶ぶりに応えて見せてくれる裸。

東急ハンズで実演販売することになった安田さんの、客が誰もいないのにパフォーマンスしてる姿。

大倉さんのかっこいいキャスター姿には愛しの小山慶一郎さんもかすむほど。いつまでこするねん!って言う24Hでの泣き顔、永遠にこすってください。

渋谷さんの全身からにじみ出る可愛らしさ。

横山さんって実はものすごい美形じゃない?あんな顔の人見たことないよ。

 

関ジャニのコンサートの年間動員数88万人とか、マネージャーの数が6人とか、給与は歩合とか、村上さんがご自分の収入のことを「言ってもええけど、聞いたらひくで?」と言ったりとか、渋谷さんが耳打ちしてた家賃とか、、、(渋谷さんの家賃100万だと思ったんですが、どうでしょ?セレブい友だちが都心で家賃150万のとこに住んでたので一人暮らしならその辺かなと思った)

 

そういったエピソード見ると、関ジャニってやっぱりスター!なんだなと思いました。

これが嵐でもなんかイメージと違ってしまうし、NEWSや他のグループでも違うし、関ジャニだから嫌味なく成立してますね。

私的には、1グループにマネージャー6人雇って、各タレントに高い報酬払って(まだ高額納税者が発表されてた時代、SMAP高額納税者リストの常連だった)巨額な経費を使える、ジャニーズ事務所の収支決算が気になって仕方ない!

 

そこはさておき、関ジャニの一流芸能人ぶりを見せられた私は、彼らに感謝の気持ちを覚えました。

なんでかというと、最近シゲへのリア恋をこじらせていたんですね。

 

普段はそこそこ上機嫌で生きてる私ですが、たま~にわけもなくずどーんと落ち込むことがあります。あーもうなにもかもがめんどくさい。という時に「もし自分が死んだら」とふと考えたりします。普段はそこで「はー ばっかばかしい。落ち込むのやめやめー」って思って立ち上がれるんですが。

 

もし、私が死んだらシゲ泣くかなぁ?なんて考えてしまい。

号泣するシゲ、悲しみにくれるシゲの顔がパッと思い浮かび。

そもそも私のこと知らないんだからさ!

そんな重い想いをぶつけられてシゲも気の毒だわ。ほんとに。

 

24時間テレビで「盲目のヨシノリ先生」を観て、私はシゲファンですから、ドラマの全体を眺めようとしても、どうしても『ヨシノリ先生を演じてる加藤シゲアキ』を追ってしまい、シゲってこんな風な顔もするんだ、とか、こういう風に怒るんだ、とか邪な目線で観てる自分がなんか気持ち悪いというかなんというか。

 

なんか、シゲすまない。

アイドルってほんと大変だわ。

アイドルを愛しながら、アイドルを気の毒に思っちゃうのって矛盾してませんか。

 

そんな自分のモヤモヤっとした気分を関ジャニの皆さんの笑いが明るくしてくれました。

アイドルは偶像。

DVD「美しい恋にしよう」で挨拶するシゲの言葉にリアルを感じて、『アイドルなのにこんなに素直な気持ちを伝えようとする』彼を好きになってしまった私。でも私が考える「シゲってこんな人」というのは私の想像でしかないんですよね。

シゲのリアルさは彼の魅力だけど、でも実際シゲはアイドルという仕事をしてる一人の男。

なんか書けば書くほど自分大丈夫?って思うんですが、最近シゲのことばかり考え過ぎてちょっと疲労を覚えてきたので。

 

先日のKちゃんNEWSで、抱き枕に友人がお酒をこぼしたっていうシゲが語ったエピソード。私、アイドルが「友人」って言う時は「彼女」とほぼ置き換えてしまうダーティマインドを持ってるのですが、、コヤマステゴなら(ははぁ~ん、女の香り、、)と笑えるのに、シゲのそれは「........。」となってしまい、「寝室(シゲは寝室とは言ってなかったと思う、私の勝手な想像です)で友だちが枕に酒こぼす状況とは....?」とちょっぴり落ち込んでしまいました。

いや、私、シゲの歯に衣着せないところが好きなんですよ!誠実になろうとしてたまに誤解されちゃう優しいシゲが好きなんです!もしシゲが誤解されたら全力で擁護しようと思ってるんです!

 

もうなんか、ラジオのこれだけの情報で想像力働かせてどよーんとなる自分、いい大人なのに。

あまたいる、ジャニーズの可愛さカッコよさの恩恵に与りつつ、心穏やかに幸せに末永くシゲを応援していきたいです。

あの、ジャニwebとかラジオとかで友人とのエピソードを語るとき、わざわざ「男友達」と付け加えてくれるジャニタレの皆さん、ありがとうございます。私はアイドルには幸せになってもらいたいので別に彼女がいようがどうでもいいのですが、「男友達」と付け加えるアイドルたちの優しさにはほんとに感謝してます。

 

昨夜の関ジャニの番組観て笑ったら、彼らのスター性と共に、アイドルとの距離を冷静に測ることができました。ありがとう関ジャニ

 

こじらせ気味の現場からは以上です!