読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

Twitterはじめて1ヶ月たった感想。

仕事が休みの金曜日の朝、リアルタイムでシゲを見ながらさっそくおやつを食べる幸せを噛みしめております。

さて、NEWSのツアーでシゲ担さんとお会いしたのをきっかけにTwitterをはじめて一カ月。今日はTwitterやってて感じたことなど記しておこうかと思います。

 

自己紹介に悩む

プロフィールの下に来るやつ。自意識過剰が高じてなんて書くか迷い、オバマ前大統領の「Dad, husband, President, citizen」やその奥さんミシェルのプロフィール見て、カッコイイ!と真似て「NEWSのシゲを愛し、映画や本を愛する、母であり子でもある40代女」としてみたけど私がやっても別にカッコ良くはなかった。ちなみにドナルドトランプは「45th President of the United States of America」で、この強さに勝つのは「昭仁 125代天皇」と思うけど日本の皇室は多分Twitterしていない。

 

次から次へと情報が入ってくる

Twitterはじめた初日の私の感想↓

このように、何もしてなくてもスマホをひらくだけで動画と共に中丸君の特技が洗顔料の高速泡立であることを知るわけです。これを知ったところでなのですが、ちょっと嬉しい豆知識。

昔から記憶力が良くて(しかもワイドショーネタとかのどうでもいいことを覚えてる)友人に「人の脳ってのは引き出しみたいになってて限りがあるんやで。あんたみたいにくだらないこと覚えてたらあっという間に引き出しパンパンやで」って言われてたんですが、いやいや人の脳のキャパシティーは限りないな、とTwitterに転がるネタ見てて確信しました。あと絵が上手な方多くて、私NEWSを二次元のキャラクターとして愛でたことはないのですが、そういう新たな目線というか沼というか、そういう要素まではらんでることに、これ以上ジャニーズにはまるのは....!と身震いしてます。

 

ケツイ

の多さ!これは一つの文化ですね。その簡素でストレートな文面にはもはや見惚れます。

一般社会だったら「平素より大変お世話になっております。突然のメール失礼いたします。実は、当方○月×日のNEWSのコンサートチケットを2枚を余らせておりまして、つきましてはx月×日の公演と交換できる方がいらっしゃればと思いましてご連絡した次第です。こちらの勝手で大変恐縮ですが大人の方限定、取引アカウントからのやり取りは除くこととさせていただきます。当方社会人、誠意をもって対応させて頂きますので何卒宜しくお願いします」って文章を【探】【譲】【求】と記号化し「お互いにとって平等な取引」をアピールしてみんなで協力してチケット業務をサクサク進めるジャニオタさんたちの手腕に脱帽。それにしてもジャニーズのチケットは足りなさ過ぎ。チケツイの140字に礼儀正しさが現れてる人には『是非あなたにお譲りしたい!』とDMしたくなるけどもちろん私の手元にチケットなどない。

 

略しがち

ケツイもそうですけど、なんでも略す。「さくが」も最初きいたときは(あー、そうねぇシゲは作画が素晴らしいものねぇ)って、シゲの美しい顔を褒め称える言い回しなのかと思ってたよ!さくらガールのこととだとは。

「無言フォローごめんなさい」って「無言でフォローするけどごめんね」って意味より「無言フォロー(して来た方たちは申し訳ないけどこっちからフォローバックはしませんね)ごめんなさい」って意味の方が強いよね?この行間を読み取るスタンスッ!難解!

 

 

若い子繋がりがち

流れでNEWSファンの女子中高生のTwitterも見たりしてるんですけど(私が中年男性だったら危ない感じ)、#わーーーNEWSファンの皆さまと繋がる時間がやってきましたー!とか#お迎えにいきます!って何?何?お迎えに行きますっていうのはフォローすることかなぁ。もうなんか若い子の世界が未知過ぎて、すっげぇなあ!と感心するしかない。あと#ジャニオタさん強制RTとか、#スルー禁止とか、強気の姿勢に若さを感じる。

娘いないんですけど、娘のTwitterを監視してる親のような気分になって、「何してんだ私....」と思いつつ覗いてしまう。

 

 

反応あると嬉しい

人のタイムラインに私の発言が乗ってしまうので(こんなこと書いても誰も興味ないよな)と思う率はブログ書いてる時より多い。ブログなら私の話を読むために来てくれてるけど、いきなり私の話で画面占拠するの申し訳ないっす!って気持ちになる。

今のところ、毎回「えいっ!」って気持ちでつぶやいてます(自意識過剰)反応あると嬉しいものですね~。私は他の人の日常生活の呟きみるの好きなので、あんまりそんなに構えないでもいいんでしょうね。とにかくどんどん流れていきますし。人の係わりも呟きもゆる~く流れていくこの感じがTwitterはいいんだろうなぁ~

 

まだまだはじめたばかりで色んな方のフォローもできず(フォローするのって勇気入りますね!)、これからって感じ。そんなTwitterの入り口に立ったご報告でした~。