ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

東京ドーム行ってない私が感じるNEWSオーラス。

 

こんなブログ書いててなんですが、自称「ジャニオタ見習い」の私。NEWSに関してはファンクラブ入ってCDやDVDは全種類買うし、雑誌はあまり買わないけど地元公演のコンサートには申し込んで当たれば行く、というお茶の間に毛が生えた程度の新規ファンだと考えてました。今回のツアーも、アイドルのコンサートのためだけに飛行機乗って東京に行くというアイデアがまだ自分の中に生まれてこなかったので地元の公演だけ申し込み、無事一回当選したのでNEVERLANDに入国しました。雪が残る札幌からもう2ヶ月以上経つんですね。1回だけの逢瀬で十分満足してたのですが、土曜日の東京ドーム初日、子どもの習い事に立ち会いつつ、東京ドームのNEWS担祭り状態のTwitterをスクロールしてたら、「はっ!なんで私は東京ドームに行かなかったんだろう!!」と突然の後悔に襲われました。私はなんでここにいるんだろう!?

隣の席に座る夫に「あのさー、来年さ、東京ドームとか行っていい?」と主語・目的語抜きで突然の質問(というか決定事項)を投げかけ次回の確約を取り付けるほど気が焦りました。私NEWSを見届けなきゃいけないのに!

 

私みたいな茶の間を一瞬で沸騰させるほどに(上手い事言った)、NEWSは一度好きになると離れられない魅力があるんですよ。私他のグループのコンサートに行ったことないけど、多分色々伝聞するとNEWS4人とファンの心理的距離がすごく近いのが理由のひとつなのかな。ファンはNEWSの彼女だし、NEWSはファンの彼氏だし。それは活動休止や脱退を繰り返したことがファンへの負い目となり、そんな中ここまでやってこれたのもファンのおかげと、彼らの感謝の気持ちがとても大きいからだと思うのです。(私は年齢的に彼氏彼女の枠からは多分離れてますがその辺は曖昧にして楽しませてもらってます)

 

私はそんな背景一切知らないで、10周年コンの、パックリわきが空いたヒョウ柄の服着た増田君がフラッシュライトのなか激しくレメディる動画をyoutubeで見てドカーンと来たので、続いて観た美恋コンで明らかになる紆余曲折も最初はそれほどピンと来ませんでした。(加藤君の正直さと誠実さには恋に落ちたままだけど)でもこの子たちが歯を食いしばってこのアイドルグループを存続しようとしてる姿に心打たれて、ファンの子たちの涙にも心打たれ、生まれて初めてファンクラブというものに入ったのでした。

 

ここ数カ月、NEWSもファンも辛かったですね。

東京ドームのラストで手越君が号泣したと聞いて、あの手越君がそんな顔が赤くなるほど泣くなんて、その涙が悲しい涙なのか感動なのか、でも嬉し涙じゃないような気がして。

去年のツアー中もネットに流れた噂で一瞬ざわつく瞬間があり、1年前にそのことについて記事にしました。

 

yuzukonbu.hatenablog.com

 

この時私、「私はジャニ歴が短いので、ジャニメンとファンの間にある、ある種共依存と見えなくもない関係がお互いにとって健康的なのか判断つきません。」って書いたんですけど、今もそれは分からなくって。ただ、NEWSがさらに上を目指すなら、いつかこの共依存が足かせになる時が来るんじゃないかなと思ってました。

札幌以降のNEVERLANDのレポ、そしてツアー中にもたらされる情報にざわめくNEWS担界隈に触れ、その想いがだんだん強くなってきてきました。

東京ドームでの手越君の挨拶の内容を知っても、やはり1年前に思った「 アイドルとして生きる意味を、『応援してくれるファン』に見出したとしたら、なんてアイドルって酷な生き方なんだろうって思ってしまう。」という感想は変わらなかったです。むしろ強くなりました。手越君は手越君らしく生きて欲しいと思うし、彼が自由に生きられなくて幸せじゃないなら、それが彼がアイドルであるせいなら、なんて皮肉で可哀想なんだって思ってしまった。今回のツアーの代表作ともいえるU R not alone、ファンに合唱を求めてその声を聴くNEWSの姿は感動的でもあったけど私はどこか痛々しさも感じました。そんなに真剣にファンを見つめなくていいよって。

 

ファンなんて移り気で勝手なもの。そう冷静に一般的に考えてどこかでスパッと切らないと、アイドルなんて辛くて仕方ないんじゃないのか?好きな人が泣くのを見るのは辛いし、自分は非力ないちファンで彼らの涙の理由が分からないのも、泣く姿を黙って見てなきゃいけないのも辛い。

でもそこでまた「私たちが守ってあげなきゃ!」って思ってしまうのもNEWSの果てしない魅力なんだよな~。

 

私がそうだったように、今のNEWSにはパフォーマンスで新規の客を魅了する力があるのだから、もっともっとNEWSの好きなことをやって、今のファンを置いてきぼりにするぐらいで構わないからやりたいことをやって欲しい。内輪だけじゃなく、外部の層をどんどん掴んで欲しい。ジャニーズ事務所に所属してる以上色々兼ね合いがあって、仕事もオファー待ちだろうし、なかなか難しい面があるのだろうけど。私みたいな全然興味なかった層に訴求できる力沢山持ってるので!!それにはやっぱりテレビで4人そろってのレギュラーなんだろうな~。ほんとメールなら何通でも出すし!

 

こうして過去数カ月を振り返ると、私はあがいてて人間臭くて完璧じゃないNEWSが愛しくて堪らないんだな、としみじみ思います。 他のジャニーズに関しては一歩引いた目で冷静にエンターテインメント集団として楽しめるのに、NEWSのことになるとどうしても感情的になってしまう。曲がどうとかステージがどうとか言う前に、とにかくあの4人に幸せになって欲しいの!!って気持ちが先に来る。良くも悪くも、これがNEWSの特性なんでしょうね。

 

最終日で手越君が泣いた今回のツアーはNEWSにとって分岐点になる気がします。NEWS自身もファンも変わらざるを得ない段階に来てるのではないかと私は感じました。それは決して悲観的な方向ではなく、良い方向なんだと思います。長々と筆を重ねましたが、一言でまとめると、NEWSが好きでこれからも応援します!以上!