ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

後日談的な。

NEWS 9thアルバム「EPCOTIA」3/21発売決定おめでとうございます!今度は宇宙ですってぇ~楽しみ!宇宙服着きた4人が宇宙遊泳(フライング)してファンの近くに来てくれるんですね!きっと!

 

でもその前に前回の記事に蓋をします。なんかそのまま放っておくのも気持ち悪くて。自分なりに感じたことをまとめようと思います。

 

シゲのクラウドを読んで、私の応援してる気持ちをばっさり切られたような気がしました。虚しくなっちゃって、ブログもツイッターもやめようかな~って思いました。

 

なんかさみしくって。

 

好きだって言ってるのに「俺の事なんかほっとけよ」って言われてるみたいな。脳裏に金八先生が「かとーー!!このばかちんがぁ!おまえはひとりじゃないんだぞ!」って言ってる姿が浮かんで仕方なかった。後年のショートカットの定年近しな金八じゃなくて、たのきんとかヒロ君(沖田浩之)が出てた頃のエネルギッシュで油ギッシュな金八です。その金八が号泣しながら怒ってるんです、加藤!!と。

 

で、ドラマだったら「ウゼェんだよ!関係ねぇだろ!誰も俺のことなんか!」っていう生徒に金八が馬鹿野郎!とか言ってビンタして金八の愛に打たれた生徒と抱き合って泣く、という流れになるのでしょうが、今の世では体罰はまずいし、私とシゲはファンとアイドル。

 

そもそもクラウドの読み取りかた間違ってるし私。でもそう感じた。

 

シゲってちょいちょいそういうところだしてくるじゃないですか、「僕のことは皆さんのお好きなように楽しんで頂けたら」とか言うし。あれ、突き放されるようでちと辛いし、勝手に妄想とかして楽しんでる私は罪悪感をかんじる。それに加え、今回は、シゲが大切にしてる小説の仕事の世界と、アイドルの加藤シゲアキファンとの間に一線を引かれた感じがした。

 

アイドルの加藤シゲアキも作家の加藤シゲアキも好きな、シゲという人間がまるっと好きな私の気持ちの持っていく場所が、シゲのクラウドには見あたらなくって。拗ねた。

 

去年ツアー中にシゲの喉がつぶれた時のクラウド読んだ時もひどく落ち込んで、暗い顔して公園でパン食べてたら宗教の人に勧誘されたこと思い出しました。そう、シゲって時々こういう爆弾投げてくる。言葉のキレがすごい。流石!シゲの内面がにじみ出て、そんな彼に、ファンである自分は何もできないという無力感を与える!

  

たかが娯楽の一つ、でも音楽や本が誰かによる創作物なのに対し、アイドルの娯楽は人間のアイドル自身が娯楽となって提供されるんですよね。不特定多数から愛されたり悪意をぶつけられたり、小さい頃から人気稼業をしている彼らはこの仕事はそういうものだ、といつの間にか達観してアイドルを続けているのだと思ってたのです。で、そんな不安定な波にさらされてる君のこともまるっと好きだよ、味方だよって気持ちで応援してるつもりの私の自意識が壊されてゆくー。ファンなんて何の意味もねぇー

 

って、二時間くらい(はぁー、さみしい)って落ち込んでたら、私はさみしいって思わないんですが…って方からリプライもらって。

 

他人の観点から物事見ると「ハッ!」ってすごく簡単に見方が変わりますね。とくに私は共感!共感!分かるぅ~!で生きてるタイプなので、その「気持ちは分かるけど共感はしない」ってスタンスが新鮮。ありがたい。

 

そうかー、シゲ自分を下げすぎって思ったけど、作家として自信がついてきたから、ファンの人の贔屓が悔しかったのかもしれないし、そんなアイドルとしての自分をあの場に持ち込んでしまった自分のいたらなさに腹が立ったのかもしれない。もっと良い作品を書いて、作家として認められたいという前向きな気持ちでクラウドを書いたのかもしれない、って素直に思えて、元気が出てきました。シゲは自分の中のなにかと戦ってるんだな、じゃあ私も頑張ろう、と。

 

彼氏や夫が考えてるほんとうのことだって分からなかった私に、アイドルの気持ちなんて分かるわけがない。私はシゲのこと分かってるよ....っていいたくなるけど、実際はそんなことなくって。共感できないな~ってことがあっても好き。恋愛ってそういうもの。あ、また恋愛とか言っちゃった。

 

ジャニオタの機動力とガッツが思わぬ事態を巻き起こしたわけですが。しかし思ったんですけど、あちら側が…みたいに別世界の人間みたいに扱われるのは気持ちのいいものではないです。ジャニオタの中には人生で一冊も本読んだことないひとも年に300冊本を読むひともいるのに、この便利な名称のせいで、「あたしジャニオタだし」みたいに自虐が上手になる人が増えるし、周りも「ウチワ持って徒党組んで騒ぎ周囲に迷惑を与える。しかも大体不細工」って思ってる気がする。考えすぎ?美しい男たちが切磋琢磨しながら美しい歌とともに踊るんですよ!テーマは愛と平和!素晴らしいじゃないですか?!アンテナや感受性の高さを誉められこそすれ、ジャニーズ好きなだけでけなされるんだとしたら、「NEWSな二人」でデモ隊としてとりあげて欲しい。ジャニオタだからって差別されるのはんたーい!!って。でもまぁ、自虐を愛するのも自意識のひとつですもんね。

 

「投票してごめんなさい」って感じた人が多いみたいので、全然謝る必要ないよ~って言いたいです。主催者も考慮が足りてなかったし、とにかくTwitterの早い流れじゃ事前に色々考えるなんてできない。今や、Twitterじゃ新しいアルバムの話で持ちきりだし、この件もあっという間に広まってあっという間に流れていくでしょう。そんな気にすることもない。

 

でもしつこくシゲが好きな私は、記憶に留めたいと思ったし、将来振り返って、こういうことがあったな~って思い出したいと思います。加藤シゲアキって「あやめ」でオタクの精神性を高みに連れてってくれたと思ったら、その優しく正直な言葉でザクッと斬ってオタクを凹ませることもあって、追っててほんと退屈しないんですもん。

 

で、ちょっと応援に疲れたときはオタ友と話したり、美味しいもの食べて元気出しましょうね。今回は人と話したことと、10年ぶりに食べたチキンラーメンのあまりの美味しさにあっさりと救われました!