ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

MステとうたコンのNEWSのトップガンのリピートが止まりません。

こんにちは!

うたコンとMステの「トップガン」のリピートがやめられないです。なんとかこの魅力を文章でお伝えできないかと思いブログを開きました。

 

いや、毎回言ってるんですけど、NEWS最高じゃないですか?また新しいフェーズに入ってないですか彼ら?わたしもう『包容力』を感じて仕方ないんですけど歌って踊る彼らに。もう彼らは「苺のないショートケーキ」でもなければ「健気で応援したくなっちゃう」でもなく、「どうにもあらがえない魔力」すら感じる~と思いながら二つの番組を観ていました。

 

それは、慶ちゃんの絶妙な目線の使い方だったり(慶ちゃんって目線を外すのがすごく上手、見つめられてる....って気配を感じて慶ちゃんを見るとそっと目線外して横を向いたりして、それがすごく色っぽくて様になる)、ごつごつした男性的な手で顔をバッと隠す、身体的センスを感じるまっすーの体の動きだったり(まっすーが客を仕留めに来たときっていつもは寝ているライオンが急に立ち上がって獲物に向かってくる、絶対に逃げられない感がある)いきなりもう歌唱以前の肉体的表現からズドンと来るわけです。

 

慶ちゃんの手首についてるピロピロとか、シゲの細い腰つきが映えるパンツとエロくキラキラするチェーンとか、今日本一ハイネックが似合うアイドル兼作家(我が家での今のあだ名はMr.ハイネック)とか、テレビに映る一瞬で心持ってかれるのに。

 

あの2分だか3分だかの短い持ち時間で、絶対に客を惹きつける、獲物は逃がさないって決意を感じるのです。スマートで可愛らしい、上品な身のこなしからは想像できないようなギラギラしたものを秘めてることが伝わってきます。メンバーが考案した、各人に一番似合う衣装に身を包み、最高のビジュアルで架空の世界(でも世界観はしっかり練られ統一されてる)の恋の歌をうたう30代男子たちにメロメロのメロメロです。

 

かと思えば、歌い終わったあとの決めポーズでぐらつき、思わず笑顔になってしまう「抜け感」がまさにアイドルで、そんな抜け感にすら大人の男の余裕が漂ってると思うのですがいかが。お花だらけのベッドに負けない美貌(美貌は努力によってつくられるという教訓も生む)と、パフォーマンスの経験値、そしてすべてを糧にしてきた精神力、それらが三位一体となって、今まさに「旬」だと思うんですが!どうですか?

 

いや、もう4者4様に美しくって、美の個性の方向がそれぞれ違ってて、30代男子ってこんな?こんなに綺麗なの?「NEWSに恋して」なんてキャラの書き分け完璧でほとんど2次元ですもん、やってること2次元なのになんのためらいもなくはまってるんですもの。ほんと。GREEさんが作り出したバーチャル30代男性アイドルなのかと思うけど、実際生きて暮らしてる男性たちなんですよ。しかもリアルで。

 

グループのリアルさに拍車をかけてるのが、私の愛する加藤シゲアキさん(フルネームで呼ぶと照れる♡)の存在。テレビで歌って踊る彼を見ると「作家....すごい....」って改めて思います。書き続けてきて、これからも書き続ける加藤さんを作家と呼ぶこと、もうだれも疑問に思わないでしょう。

 

アイドルも芸能界も虚構の代名詞のような世界なのに、そこで内面をさらけ出す「作家」という仕事を生業にしていること。虚像なはずのアイドルの内面を知ってしまうこと。ファンに向けて正直な気持ちをさらけ出すこと。心が感じたこと/頭で考えたことを吐き出さずにはいられないのは、作家の性(さが)だとしても、ファンが見てるところでそれができるのは、性善説に基づいているというか、優しくて健全で、性格が良い人なんだろうな....と思って、この人はこれからもこうして生きていくんだろうな、ああやっぱり好きだ、ずっとこの人をみていたいなって思うのです。

 

少し前のジャニーズWEBで、シゲが事故で急逝したご友人について述べていて、親しい人の死に直面した彼の悲しみが伝わってきて読んでるほうも非常に悲しくなったのですが、その更新の数時間後、日付が変わりそうな夜遅く、普段は更新しないような時間、に慶ちゃんが自分のブログに新しい記事をアップしてくれて。その時間に更新した意図はもちろん分からないけど、シゲを想い、悲しみに沈んでた心が少し軽くなりました。多分、慶ちゃんはシゲの更新内容を知って、ファンの人が悲しみ過ぎないように考えてくれたんではないかな。

シゲがこのことを書く場にジャニーズWEBを選んでくれたことも嬉しかったし、慶ちゃんがそれをすることで、シゲに寄り添ってくれたことも嬉しかった。「作家」と「アイドル」の両立は、量的にも内容的にもとても大変だけど、こうしてメンバーが彼のことを分かってくれて、サポートしてくれるんだなって安心する部分、とてもあります。最近の雑誌のインタビュー*1でも、恋愛については面白く語れない....というシゲに「面白なくていいよ、それはもう職業病だよ 笑」と慶ちゃんが言う場面があって、シゲ...(心配)コヤシゲ....(安心)が同時に来ました。大きなお世話だけど、シゲが素敵な恋愛できますように....それが執筆に活かせますように....

 

と、そんなシゲ、ファンに対して「見えない時に想像することも大事かな、いつも心の中にファンの存在を感じてる」って明言してて*2、それって、、、私もいつも心の中にシゲがいるんだけど、、、そっか、、、ってなりますね、なりますよね?

 

最近のNEWSは「生きろ」とかエモいバンドみたいになってたけど(←シゲが言ってた)、今回のトップガン/Love Storyは、ジャニーズという日本一のアイドル事務所で切磋琢磨しながら大人になってきた少年たちの色香が爆発してる、そんなシングルです。大人の色香が爆発すると、包容力に繋がるんだなぁと思いました。Mステで直前に演奏したsumikaさんに向かって笑顔で手を叩きパフォーマンスを称える手越くん、すぐ始まるイントロ、シゲの非常にしなやかな腕の動き、一連の出だしに、NEWSの高い精神性と、技術を感じずにはいられません。

 

わたしなんか重いファンなので、こんなに好きでごめんね....って気持ちがいつもどこかにあるんだけど、そんな気持ちも「ありがとう、うれしいよ」って優しく抱きしめてくれるようなそんな包容力を感じるのです。

 

綺麗、カッコイイ、に加えて、ファンだけに見せる姿として「可愛い」もあるんですけど、ファンクラブ動画とかすごいんですけど、、、15分位あって、、、見ちゃうと頬っぺた落ちそうになるんですけど可愛くて可愛くて。これこれこうで、って説明してもファン以外に伝える自信なくて。最新の動画では、シゲと小山さんと手越君が3人で魔法のほうきにまたがってわーい♪って、飛んでました。あの色気だだもれ30男たちが!それでね、シゲがきゅるんきゅるんの瞳の顔でね、シゲがね、頬のキス待ってるの....激可愛なの....作家の彼が。ほんとです!苦しい!もーヤバい。NEWSの魅力がヤバい。

 

 

文字じゃ伝わんないよー! 

これから大型歌番組が続くので是非見てください!文章書くまでもなかった説!

 

おまけ。

4人のボトムスだけで分かりますよねカッコイイの!まっすー最高だよ!

靴はルブタンだよ!ルブタンはいて踊ってるんだよ!

f:id:yuzukonbu:20190623031852j:plain

 

*1:Person vol.82

*2:TV Navi Smile 32号