ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

少年倶楽部プレミアムのSTAY WITH ME、最高!

今日(2020/02/21)、少年倶楽部プレミアムで披露されたNEWSの新しいアルバム『STORY』からの『STAY WITH ME』がさいっこうに良かったんで一筆書き。

 

リアタイしたときはあまりの歌と、そしてシゲのかっこよさにキャーキャーしか言えなかったんですが、家族が寝静まった夜中に見直してみたらすごく好きな曲調だということに気がついた。

 

この曲はeill(エイル)さんという1998年生まれの女性シンガーソングライターからの提供です。恥ずかしながら知らなかったのでさっそくサブスクでアルバムを聴きました。(嵐以外のジャニーズも配信して~)

 

この曲、昔の洋楽っぽさがないですか。わたしは特に70年代のスティービーワンダーが好きで、そのソウル?R&B?ジャズ?わたしにはジャンル分けできないけど、スティービーのアルバム『トーキングブック』とか『キーオブライフ』とか、私にとってのオールタイムベストから派生したような音楽のひとつ、のような感じがしました、この『STAY WITH ME』。

 

音の切り方とか、言葉の乗せかたが気持ちよくて、eillさんはご自身のアルバムのことを「イヤフォンで聴けるクラブミュージック」とおっしゃってたけどいくつか聴いた彼女の作品は、まさにそんな感じで、一人で気持ちよくノレる、そしてこのNEWSに提供した曲もバラードなんだけど、しっとりしすぎず、若々しさと高揚感があって。そしてその世界観を膨らませられるNEWSの歌と表現力があって。あと顔の説得力と。

 

夜中に踊り出したくなっちゃう。

午前4時のクラブでかかるやつ!

だんだんフロアに人が減ってきて、照明も明るくなってきて実は床がすごい汚れてることに気付くんだけどずっと踊ってたせいかスイッチ入って世界がキラキラしてくるやつ~

 

そういう瞬間を思い出しました。

ていうか、NEWSを好きになってからはゾーンに入りっぱなしなんでずっとそんな感じに世界はキラキラしてるし恋って素晴らしいし出会えた奇跡って思ってるんですよね。

 

だから歌詞にも「分かる!すごく分かる!」って。

 

まっすーが「はじめて君をみたあの時を今でも覚えてる」って。(私がはじめてNEWSに会ったのはREMEDYを歌い踊る増田さんを偶然youtubeで見たこと。) 「一目惚れの恋煩に罹った模様だ」って。(あれから5年、ずっと一目惚れの恋煩続いてます。)

 

てごちゃんが「わりと僕はなんでも器用にこなせるはずなんだけどさ」(仕事はできるほうだと自負してます。でもシゲの前では不器用です。)

 

シゲが「この広い宇宙で出会った奇跡」って。「君がいる昨日と今日は違う」って。(毎日噛み締めてます。)(世界が変わりました。)

 

私はこのアイドルに対する自分の気持ちを「恋」というカテゴリーにすっかり入れてしまってるので、語られる恋がすごく理解できる…

 

で、ここからの4人の声が合わさるパートが最高で。カメラに抜かれる慶ちゃんの「君が頭にひっついて離れなくてなにも集中できないよ」の仕草が頭にひっついて離れないよ。

 

まっすーの「すてぇぇいすてぇぇい」のグルーヴ感。グルーヴ感で合ってる?バラードなんだけどグルーヴがあるんだよね。わたしの恋の高揚とあいまって。。。

 

と、リピートしつつスマホで文章を書いてたらドアがガチャッと開いて夫が入ってきました。(夫はみんなが寝てる早朝にゲームをするのが日課なのです。わたしのNEWS活と一緒 笑)  テレビを譲るべく最後にリピートしてたら夫が「この曲いい曲だね~」って。こういう中年男性にこそ、NEWSの曲聴いてもらいたい。この曲にカテゴリーが不要なように、NEWSにもカテゴリーが要らないから。

 

恋モード発令中だったので、夜明け前の電気つけてない暗い部屋で一緒に「STAY WITH ME」聴いたら、夫に出会えたことも奇跡だと思い「出会ってくれてありがとね~」と握手求めました。夫もNEWSのバラードきいて恋モード発令してくれただろうか?知らないけど 笑。

 

奇跡だからこそ、出会えたことが必然だったと思いたくって点と点を繋いで線にしたりすんですよね。恋って。私がこの曲をきいて「わ!すごーく昔からこの曲を好きだったきがする!やっぱり奇跡かつ運命」って、今までの思い出や経験値を繋げたくなっちゃうのも道理で。

 

この曲が作られたのが大変にお若いeillさんだったことも嬉しくて。わたしは女なので、女の子(若くても若くなくても)が自分の意思を持って人生を開拓してる様子をみるといつも心打たれちゃうのです。それに、彼女の曲を採用したことが、どんどん新しいものを取り入れて前に進んでいくNEWSを象徴している気がして。夫に「この良い曲を作ったのはまだ21ぐらいの若い女の子なのよ~。すごいよね!だから私たちも。そういうことなの。新しいことを取り入れて前にすすんで行かなきゃね。」と伝えたら、朝の4時からそのテンションの私に若干ビビりつつまぁ私は常時こんな感じなので…(それも、恋のせいです。)

 

しかし夫に「ねぇ、このシゲの表情見て。LOVE STORY歌ってた時は目を合わせなかったのに。しっかり合わせてきて。この潤んだ瞳、ヤバくない?シゲ、どーゆうことなのかな?!それにこの二重の綺麗なこと!」とはさすがに話せないので、それはまた別の機会に述べさせてください。

 

あー。。。。。

最高だったわ。。。とにかく。。。

まだ興奮してるし。笑。

 

ではまた~♪

 

eillさんの記事いくつか貼っときます。新しい音楽に出会えるの、うれしい。

 

「葛藤や苦悩に寄り添う音楽を」 21歳のシンガーeillが放つあたたかい光

https://www.wwdjapan.com/articles/970204

 

"聴く人の心情に刺していけるような曲であればジャンルなんか関係ない"

https://block.fm/news/eill_spotlight_interview

 

"イヤフォンで聴けるクラブ・ミュージック"

https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/23361