ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

シゲの刻でこじらせてる苦しい気持ちをあなたに語りかけます!

度々こういうことを言うの、「かまってちゃん」みたいでかっこ悪いと思うんですけど。胃のあたりがギューっとする苦しさがあるので文章にして吐き出したいと思いますね~。そしてこれは例の「友だちに話しかける文体」にしよう。友だちもこの重さで私に話しかけられたら困るだろうけど自分のブログなら平気!

-----------

 

社会人としても母親としても至らないところだらけなのに、オタクとしてもダメダメでもうしんどい~。ちょっと泣き言言わせて。

ブログとか書いて頑張ってるじゃんっていうのはね、これは免罪符なのよ、罰をブログで許してもらおうとしてるの!偉くないのよ~

最近気付いたことなんだけど、ジャニーズアイドルの王道は「不器用なイケメン」なの。分かるでしょ、生き方が不器用なイケメンってことよ。すぐに何人か顔が浮かぶでしょこう言われて。私に言わせると歴代の人気ジャニーズ、私の好きなタイプのってことだけどね、はほとんどこれに当てはまると思うの。

もうすでにジャニーズに入所したことがある意味において「不器用な生き方」のような気もするのよ、、イケメンならもっと楽に生きることできる気がするもの。なのにあえてジャニーズに籍をおいて茨の道を歩まなくても、、って思うんだけど。でもそれも、うちの夫に言わせると「この人たちはなにもしなくても女性にモテてきたわけじゃない?」って、だから苦労なんてしてないって言うの。まぁ、普通の男性がジャニーズに思うのは、女性がお金持ちの美人について思うことと一緒だとしたら、夫の意見も優しい気持ちで受け入れられるんだけど~~、その夫の意見に「そうかな?」って疑問出しつつ「まぁ、そうだよね、、、」って若干しゅんとなって語尾が消えていくのは、(そうだよね、シゲモテるよね、、、)というやっべ!リア恋!という他ない理由なんだよぉ~

 

それは置いといて。

『美しい恋にするよ』をみてるとき「この人、アイドルなのに言葉が正直すぎる、、、、感情が顔に出すぎている、、」って思ったのがわたしのシゲ担の萌芽だったの。それって「この人を守りたい!」って感情だったと思うんだよね。

あの頃のシゲは確かに守りたい要素ありありだったし、私が説く「不器用なイケメン」の最たるものだったと思うの。まぁNEWSが不器用なイケメンのグループなんだけどさ。

でね、その不器用さを持て余すのが若さなら、今のシゲはとても大人で。

そこを乗り越えてきたシゲは、年下に伝えたいことが沢山あるの。

勿論シゲは賢いから、人の内面を計るのに年齢が基準になるわけではないことを知ってるから、これを「年下に向けて」と感じるのは私の負い目がそうさせてるの。

そう、10個以上年下のアイドルを好きでいることの負い目よ!

 

これはね、私が年齢的には大人なのに大人になり切れてないっていうかそもそも大人ってなに?っていうか、、、だってシゲ部でメール読まれる子の「大人になることへの期待と不安」が眩しくて!大人ってそんなんじゃないよ~全然変わんないよ~と言いたいところだけど、シゲはしっかり大人なの。

あれはほんとに大人なのか、年下の子への優しい目線が彼をそうさせてるのか、、

 

で、私は彼のその聡明な意見に「そうなのよね~」と大人として加勢することも、「シゲアキくんさすが」と尊敬のまなざしを送ることもできなくて、自分の立ち位置どこ?って感じなの。

あのさ、今までの人生において誰かに憧れたこと皆無なの!わたし!

だから突如訪れたこの、憧れに収めたほうがいい感情を持て余してるの!

 

 

あと、シゲを育てたお母様への畏怖もあって。

わたし、母親としてはほんとダメだから、、そこを刺激されて辛いっていうのもある~。例えば友だちもこう言ったり、私の母親も「私あなたになにもしてあげれなくて」って言うんだけど、その時は「そんなことないよ~全然」って思うの。ただ、自分に置き換えると「いやほんと全然ダメ」って思うんだよねーーあれってなんなんだろうね?母親特有の何かなのかな?

 

でもシゲのものの見方は家庭や教育で培われたところ大きいから、そこもけっこう刺さるの。本人の資質も大きいんだろうけどね。私はほんと母親としてダメだから、、また言ってしまった。このセリフって誰も幸せにしないから外では言わないようにしてるの、一応ね。

 

 

で、またそれとは違う話で、ヒゲのシゲがあまりにも大人の男で、かっこよくて、少年だったのにあっという間に大人になるんだなぁ、、と来るべき日の為にも心強靭でいなきゃいけないのよ。きたるべき日ってエターナル構文の日よ、、、、

シゲが髭をそって、『染、色』の記者会見に出たのを見て、泣かないけど泣きそうになった。知らぬ間にヒゲが無くなったことに。私の知らないところでヒゲが無くなってくみたいに、結婚してしまうんだなぁと頭のどこかで思ったね。ここ笑い飛ばしてね。

そういうプライベートすら、ファンの気持ちを考えてしまうんだろうなぁこの人は、と、そのことにも泣けるの、可哀想なのかなんだか。

 

ね!しんどいでしょ!

だから私向いてないのよアイドルオタクには。

もうほんと降りたいって思ってるもん、今までの人生ぬるま湯で生きてきたから、しんどい思いするなら逃げたいって思うもん。

これ、神が与えた学びなのかなぁ、、、

なんのため、、、、

 

「不器用なイケメン」が王道だよね!って話になって、ザ少年倶楽部を再び録画するようになったもん。不器用なイケメン見つけたら報告し合おうね!って友だちと約束してるの。シゲに代わるの見つからないでしょって言うの止めてよ~~ 気楽に応援したいんだよ~~

 

あーあ、こんなに好きになる予定じゃなかったのにな~~

 

で、またこれでヒゲのお仕事が発表になったら沸き立つんでしょ。知ってんのよ。あーあ。

 

わたしがシゲより年下だったらなぁ、、、

ってまだそれ言うかっていうね。

そしたらこの拗らせも可愛いんだけどね、、、

いやもう永久にこじらせてたい!永久に好きでいさせて!

でもそれもなんかかわいそうシゲが!

どっちやねん!

 

っていう、、、

終わりなき葛藤の闘い、、、

 

寝るわ、、、

明日も仕事、、、

仕事はいいよね、結果が出るから、、

頑張ればそれなりに、、、

オタク業務は難しいわ、、、

仕事は楽だ、、、

やっぱりこれなにかの学びだね、、、

 

明日から6月だね、、シゲのヒゲ、そろそろなんのお仕事か発表だね、、、

やばいね、、、楽しみだね、、、

苦しいはずなのに喜びがきちゃうんだよね、、

これって一体なんなんだろうね。。。。

でも語ったらギューっって苦しいのすこし軽くなったわ~

またすぐこじらせるけどね。。。

ありがと~