ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

氷ノ介が良すぎて夢かと思う(剣樹抄 第3回)

シゲのファンがシゲの演技褒めるなんて当たり前だと思うかもしれないけど、氷ノ介に心撃ち抜かれたので良かったらきいて下さい。

-------------------

 

良すぎて夢かと思った...

テレビはこうこうと付いてるから夢ではないのは分かるんだけど、自分の見ているものが良すぎて私が作り出した夢かと。モダンボーイズ見た時もずっと「夢か。」と思ってたけど、モダボ見てシゲにこの役をと思った人も、新国立劇場のシートで「良すぎる。夢か。」と思ってたのかなぁ~。

としか思えないじゃない、加藤シゲアキin錦氷ノ介が良すぎて。

これが舞台でやってるなら必死でチケット探して通うわ。なんなら良すぎて、録画見返すの覚悟いるもん。夢は夢のままにしときたい、リモコンのボタンなんか押して氷ノ介アキを簡単に消費したくないって。自分でも何言ってるかよくわからないけど。

 

もうね、泣けてきた。ガチの泣き。

氷ノ介が悲しくて。

氷ノ介がどんな思いで生きてきたのかと思うと本気で涙が出てくるよ。ああ、人ってこういう時に二次創作するんだなぁって理解した。氷ノ介に感情移入して、彼の気持ち分かってあげたくて悲しすぎる人生に光を与えたくて、二次創作して薄い本自費出版するんだって思った。

お父さんが馬鹿な上司に仕えたばかりにね、、、この時代は「家」が絶対だったんだね。また九郎、九郎って氷ノ介の本名ね、いかにもいい子じゃない顔付き。真面目で優しくて家族想いで、見た目が良かったばかりに城主に愛でられて、、、、あんなのは寵愛じゃない!って叫ぶところ、九郎の絶望、屈辱、誰にも理解してもらえない悲しみ、孤独、全てがあったね、、、自分が傷つくことより、父親を守るほうが大事だったんだよ九郎には。そんなギリギリの状態に追い詰められ、家族を殺め、父親に殺されようとする更なる絶望、、、

 

悲しすぎて想像もできない。

そして氷ノ介がこのドラマ始まる前想像したより100万倍良い。シゲの演技アカデミー賞ものじゃない?こんなすごい演技をする人だって知らなかった。すごい人を好きになってしまったと改めて。演技の深みがすごい。あの大きな瞳から出される、九郎のキラキラした純粋な心、そして地獄を経験して凍てついた氷ノ介の心、その演じ分けは、9年という時を確かに感じさせた。

九郎、若かったもの!ちょっと金八先生を思い出したわ。

あのキラキラした若者が、この世の秩序全て憎むみたいな顔になって。

お父さんの吽慶の気持ちも分かるのよ。彼もまた地獄を見た。こうなるまでどうにもならなかったのだろうか、、、

江戸楽しそうなんて言ってた先週の私、恥ずかしい。江戸ツラい、身分と家に縛られる人生ツラい。

着物の襟に返り血をすこし浴びて、木に寄りかかってへたり込んでる九郎、壮絶だったね。母親や兄を殺してきたんだよ。もう自害しかない状態でそれでも死ななかったのは、「憎しみ」のせいだよね。氷ノ介は生きながら死んでるみたいな、恨みを抱えて生きる幽霊みたいな人間なんだね。。。。どうやったって彼が成仏する未来が浮かばなくてまた悲しくなる。

シゲ独特の、奥歯の歯茎が見えるくらい両方の口角を上げて二カッと笑う笑顔、すごく好きなんだけど、あれが氷ノ介の恐ろしさ、狂気、にも使われてて、自分の表情や動作をコントロールしてこの20年あまり生きてきた人間なんだなぁと思った。

随所にプロアイドルとしての技術と研鑽を感じるんだよね。

殺陣はシゲの踊りの美しさに直結するし、歩き方とかさ、人を殺したあとにしゃなりしゃなりと近づいてくるところとかさ、この歩き方、NEWSのコンサートの花道で見たことある!この顔付き、コンサートでする!って発見して軽く興奮。

スターなんだよ、氷ノ介は悪のスター。

単に顔が綺麗とかじゃこの役オファーできない。

貫禄のある美と、優雅な身のこなし、薄っぺらくないのシゲの美は。

同じようなことをモダンボーイズを見た時にも言っていた気がすると思って過去記事見たら、

 

本物だった。本物の男前。でも、またこれで「この役を加藤シゲアキさんに演じてもらいたい」ってオファーが来てそんな夢のようなお芝居を見られるのかと思うと期待感で震えるね。https://yuzukonbu.hatenablog.com/entry/2021/04/09/055006

 

って書いてあって、早々に叶ってますよ!あれからまだ半年!って自分にツッコんだ。いや~夢かと。

 

ああ、シゲのことばかり言ってるけど、他の役者さんたちも素晴らしいの。まず山本耕史さんは、光圀ってこんな人だった!って思うの、いや光圀の顔なんて知らないんだけどさ、眉目秀麗で立派な為政者の姿があの光圀公なの。いかにも老人になったら助さん角さん連れて諸国を漫遊しそうじゃない?でも実際は光圀は関東から出た事なかったらしいよ。なんでそんなフィクションが生まれたかというと、光圀は水戸藩生活保護対策や善行者の表彰をしてたからそれが膨らんでそうなったみたい。ググった。ねぇ~、そんなの興味なかったのに色んな世界を教えてくれるよ我が推しは。松本穂香さんも絵に描いたようにお姫様。勿論子どもの役者さんも素晴らしくて。了助のあの目!ほんとに江戸にいそう。私は口真似が得意の鳩も好き。ニコニコしてて可愛い。いや~NHKの時代劇って素晴らしいね。子どものころNHKにドラマのセット見に行ったときの感動思い出すわ。

 

ドラマのこと考えてるとほのぼのとした気持ちになるけど、ひとたび氷ノ介のこと思い出すと、、、

 

父に腕を斬り落とされた時の絶叫ね。

そうもともと感情が豊かな演技をする人だった、シゲ。それがすごく時代劇にハマって。あのオーソドックスに美しい人が壮絶な演技をするとすごい迫力が出るのね、、、

シゲ、時代劇のスターになるかもしれない。

そう思ったけど、まず加藤シゲアキが忙しすぎて。引く手あまたが過ぎてほんとにこの仕事量を一人の人間がしているのかと思うと祈るしかない。シゲの安泰と長い寿命を。

石坂浩二さん、若い時はすごい男前だったのよ。九郎と親子なの頷けるもん。石坂浩二さんは80歳だって。シゲもその歳まで活躍してほしい。80歳のシゲを見たい。どんな文章書くんだろう80歳のシゲは。ああ、シゲのファンって楽しいね。

 

ふぅ、録画見返すの恐ろしいわ。これ以上心持ってかれたくない自分もいるの。

あまり動揺させてほしくないわ、、、無理だけど

シゲを好きになった時に、こうなる運命だったのよね。

 

全力メイキングそろそろ始まる時間だわ。

ふぅ。大変、、、

良すぎて生きた心地がしない、、、

話聞いてくれてありがと~

手に手を取りあって生きて行こうね!

よく分からないけど、STORYの登場で歩いてくるシゲを間近で見た時の気持ち。とても一人で立っていられないような、、、美しさの衝撃、、

来週も楽しみ、、、

またねっ

 

 

スタッフさんのブログ必見!

www.nhk.or.jp