ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

NEWSアルバム『音楽』最高なんですが!

NEWSの新しいアルバムをイヤホンで聴きながら眠りについたらシゲとご飯に行く夢を見ました~。凍っててツルツルになった渋谷の坂を私がサーフィンのごとく華麗に滑り降りたらシゲの目に止まったらしく、チーズ美味しい店近くにあるんで行きましょと誘われた店でシゲが大スターって知らない新人の男性店員に今混んでて相席なら空いてますが…と言われる夢でした。

 

相席でと言われ楽しげに困り顔で笑うシゲが可愛かったです。と、いうことを書きにきたわけじゃなく、NEWSの新しいアルバム『音楽』2022年ベストアルバム賞間違いなしの名盤!でましたね~

 

夜空に散らばる星を集めるような、そんな気持ちでNEWSのことわたし愛してるんですけど、このアルバムもまさに、そんな感じ。

 

とにかく、音が。重なった音が重くて深い。色んな音が聴こえてくる。ドンドンドンという心臓の鼓動のような音で、人間の私も初めて音楽を食べた星の気持ちになる。

 

「音楽を食べたことのない星」?

 

なんだそれは。なんだそれはなんだけど、すんなりとその存在が理解できる。耳から音を食べるけど音楽は食べたことのない星を。シゲすごいシゲ天才。あっ、あとでシゲ天才ってラジオにメールしなきゃ。

 

口を持たない小さな星に男が音楽を教える、という物語として紡がれるアルバムです。例えて言うと音の出るものすごく良くできた大人の絵本、かな。

 

CD再生して一秒で「あっ名作」ってなります。ざらっとした手触りの微かな音。何人もの人がノリノリで参加してる作品特有の密度の濃さがいきなり伝わってくる。そしてシゲの書いた物語を朗読する松たか子

 

4部作でも有名な方を起用して世界観をナビゲートしてましたが、今作の朗読はさらにさらに深く楽曲と繋がっているので全24曲再生時間1時間超えがまるっと一曲のおもむき。

サブスク時代にあってどうよ、このかっこよさ。この深みはサブスクじゃ絶対に出ない。

細切れに詰め込んだ予定と時間を制することが目標になってしまってる現代人に必要な、ゆるやかな刻がここに。

 

松さんの朗読の曲導入が素晴らしすぎて「えっなんて?もう一回」と繰り返してしまう。"リズム"→"メロディ"→と音楽の要素が物語として増えていくのも天才。夜空に散らばる星を線で繋げて星座、流れ星も線で繋げて五線譜、周りの星たちで楽譜、男が聞き覚えのある口笛を吹く、そしてはじまる『ビューティフル』。

 

いや天才!

鳥肌立つ!

で、これ書いてるの歌ってる当事者ですから。嘘でしょ!どんな才能!えっ顔よい!

 

NEWSとシゲのやってること普通に享受してるけど凄すぎます。メロディの次は「拍子は一拍じゃリズムにならない。音も一つじゃメロディにならない。コードも三つの音からできるんだ」で"ハーモニー"。

 

いや泣ける!天才!

その三つの音、つまり三人のハーモニーが素晴らしくて。

 

先日、夏休みのワークショップで建築について軽く学んだとき、講師が「三角形は四角形より強いです。力が外から加わっても変形しにくいのが三角形です。」と話すのをNEWS脳でキャッチしました。シゲ同様、4人のNEWSが大好きだったわたしも、そうか三角形は強いのか…と専門家の意見に深く頷きました。

 

不協和音を止めるため叫ぼうとした星に口が生まれ、音楽を教えてくれた男にお礼を言い光のさすほうに男が消えていったあとにピアノで始まる『未来へ』もしびれる~!

このアルバムほとんど三人になってからのシングルで構成されてるのにこのまとまりには驚きます。このセンス、どうですか!高評価お願いします!

 

そして一番肝心な三人の歌が、三人の表現力こんなにあったかと思わせる。三つの声が引き立って聴こえる。

まっすーがNEWSに固執するのは「グループ」というものへの、ジャニーさんが作ってくれたものへの、こだわりなのかと私は思っていたけど、初回盤のインタビューを見て、俺の声と小山の声とシゲの声、という「声」への強い気持ちなんだなって発見しました。

Jr.の頃にジャニーさんに「YOUの声面白くていいね」と言われたことがまっすーの原風景としてあるのかな。そういえば三人とも喋ってるときも落ち着いた良い声してますよね…(うっとり)  アルバム『音楽』は慶ちゃんはこんな歌声、シゲはこんな歌声、まっすーは、と決めつけることをさせない広がりと奥行き。

 

「アイドルとしての俺たちは素材だから」とシゲがよく言うのをそれがアイドルのプライドってやつか…と思いながらシゲ担してたのですが、あえて口にすることで自分に言い聞かせてる部分もあるんじゃないかなぁ~?と思ったりもしたので今回のインタビューでシゲが、ほんとにやりたい音楽を、、東京に住んでる30代の男の、、と言い出したの、ついにきたー!感があります。そういうの、ずっと望んでた!がんがん己の哲学と思想出していこ!このアルバムでいい具合に肩の力抜けてより三人の今にフィットした活動ができたらいいなぁ。

 

慶ちゃんって、人の意見をそのまま受け止めてくれるので話してるほうも気持ちよく話せるんだなって、素シゲ、素増田(テレビ比)になってる二人を見て思いました。

素直で賢くてどこかドライで厳しいところもある慶ちゃんが歌番組でニコニコしながら歌ってると心がふぁ~となります。

シゲも少年の顔になりますわ。あんなピュアで綺麗な物語を紡げるシゲの、感受性の強そうなくるくる回る大きい目玉、心の優しさ、愛されて育った人の持つ自然な愛情深さを目にするともう私の心は…ふぅ… 歌声の色香も...はぁ...

 

神社に行った時とかついつい願ってしまいますよねNEWSの健康と幸せ。だって家族友人じゃないからこちらからなにか働きかけれるわけじゃないか結局祈ることしかできないから。

そんなときは、シゲ担友人が言っていた「そもそも全くの他人をここまで深く愛したり尊敬したりするのってやっぱり普通のことではないから。キモくて当然。」という言葉を思い出します。

 

このアルバムに感動できる感受性がわたしに残ってて良かった~と思うし、全くの他人を夢に登場させる真面目なキモさが好きです。

 

ふぁ~ 好きだ~

 

だって夜空に散らばる星を繋げて星座、流れ星を線で繋げて五線譜、その周りの星たちが音符、ですよ。こんな文章ふつう出てきます?NEWSって異端児ぽいけど、心の芯が、美や夢を追求するジャニーズ王道なんだもの。そしてただ明るくて楽しいだけじゃなくて、美や夢のもつダークさ、陰影まで含んでいるところが良いのです。

このアルバムの通常盤の最後の曲がシゲ作詞作曲のソロ曲でタイトル『Agitato』。公式がうっかり『Arigato』ってミス記載って発表してシゲソロ、アリガトって?!と動揺が広がったやつ。アリガト、じゃなく、アジタート。音楽用語で激しさとか興奮とか。英語のAgitationだとアジテーション、煽動という意味になったり。流れ星のメロディーから「君が思うより僕は危険」と。くぅ~!降り幅!

 

聴くごとに発見があって、ずっとずっと聴けるアルバムになると思う。

ツアー楽しみ~!

 

introdutionからTRAIDの流れ最高なんですってば

www.youtube.com

 

www.youtube.com