読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

関ジャニとNEWSの共演にかこつけた、妄想を失礼します。

妄想・夢 NEWS 関ジャニ

こんにちは!水曜日の夜の少クラプレミアム、昨日の夜帰ってからもトーク部分は5回、「Forever」部分は30回は見てるのでのべ5時間ぐらいリピートしてることになります。

関ジャニのトークが面白くてねー。関ジャニのみなさんの「幼なじみ感」いーよね~ 誰かが話し出すとオチが分かってるからか後ろや横で勝手に笑い出したり目配せする感じ。いいねぇー。そして、5回もトーク観てるから、今までよく知らなかった関ジャニメンバーのキャラなども分かってきました。

で、そこから発展してなぜか妄想の時間が始まっちゃいました。スマスマとかでやってませんでした?SMAPの5人を恋人、夫、友だち、親戚などにゲストにあてはめてもらうやつ。あれをやりたくなった。ほんとにどうでもいい記事だということを最初にいっておきます!笑

 

さ、いってみよ~ 小クラの座り順でーす。

 

村上さん・・・・夫。間違いない。家なのに夕食時に居酒屋みたいなお通しが出てくるタイプの家の主人。家事はほっとんどしないけど、稼いでくるので問題ないっす~。なんなら家で着物着てそう(波平イメージ)家事はしないけど子どもの教育には熱心なので受験とか丸投げで助かる。自分のことは自分でするし、奥さんにうるさいタイプでもないので、基本的に村上さんと結婚したらすっごい楽そう。

 

錦戸さん・・・・夫。ただしこちらはものすごく手のかかる夫。嫉妬深いわ甘えん坊だわ、そのくせ自分も遊ぶわで、あー結婚甘くみてた!って思うんだけど、この顔見ると、まあいいか~この顔やっぱ好きだわーって納得しちゃう。(顔が好きってことは結婚生活送る上でかなり重要)産まれてきた子どもが錦戸さんに似てたら思い残すことはない。

 

渋谷さん・・・・お昼ご飯食べにいく店のマスター。浮世離れしてそうに見えて経営センス有り。金勘定も得意そう。好きな話は音楽と原価率の話。あと、今回気付いたのが、渋谷さんって話し声に特徴があって耳に馴染む声なので、先生とか人前で喋る仕事が向いてそう。

 

横山さん・・・・難しいな。横山さんのキャラがいまいち掴めない。アパートの隣人。(この人日本人?ハーフ?何してる人なんだろう?)と思いつつ2年程経過したのちに、「あのー隣の横山なんですけどー」と鍵を無くした横山さんがうちのベランダづたいに自分の部屋に入るのを助けたのをきっかけでちょっとだけ仲良くなる。

 

丸山さん・・・・恋人。ぐっちゃぐちゃのドッロドロの大恋愛。ものすごい好きあってたのに、別れた後は一切連絡は取らない。でも愛し合った思い出だけでその後の人生を送れ、老女になっても丸山さんの記憶だけで白昼夢見れるほどハマりたい。

 

安田さん・・・・バーのマスター。人情に厚く、辛いときは一緒に泣いてくれる。昔格闘技をやってたらしく、相当強いと噂で、態度のなってない客には非常にあたりがキツい。客を変なあだ名で呼んでそう。ゲイなのかバイなのかノンケなのか誰も知らない、顔が綺麗な年齢不詳の謎の店主。(実は安田さんの妄想が一番膨らみかけました)

 

大倉さん・・・・同僚。ランチの友。「メシいこーぜー」って渋谷さんの店でハンバーグ定食食べながら会社内ゴシップを持ち寄るのがなにより楽しい相手。会社外での付き合いは一切なし!でもランチはほぼ毎日。悪口じゃないけど「あの人ってさー」って人の裏を読む感性が似てるので気を遣わずに話せる貴重な存在。イケメンなのになぜか男を感じない。

 

関ジャニファンの方、大丈夫ですか....?すいません、なんか。

NEWSメンも考えよっと。

 

小山さん・・・・同僚。やっぱりランチの友。大倉さんと3人で渋谷さんの店でゴシップ交換。財布と携帯入れた小さいバッグ持ってランチやってくる小山さんを「OLかよw」ってからかう。「いいじゃんよ~でさ、でさ、今日課長がさーー」とまるっきりOLトーク。小山さんとは会社外で夕食食べたり仲良し。一緒に本屋とかルミネとか行って「これ可愛くない?」とキャピキャピする。(もちろん小山さんは男性設定)

 

増田さん・・・・日常生活を送るまっすーが想像つかない。かかわるなら、マンションの管理人さんのまっすー!網戸直したり、電球付け替えたり、仕事が早くて的確なので安心して任せられる。作業着に白軍手、首にタオル、なのに常にいい香りがしてエレベーター乗ると「あ、さっきまで管理人さんが乗ってたな!」ってすぐわかる。鼻歌歌いながら梯子を抱えて敷地をウロウロしている。

 

手越さん・・・・かかりつけの病院のお医者さん。手越先生の医院の待合室はおばあちゃんたちで常に盛況。混んでるから診察時間が超短い。でも手越先生の「今日はどうしました~ あー風邪引いちゃった?どれどれー」って笑顔見るだけで苦しいのが少し収まる気がする。

 

加藤さん・・・・1日だけの恋人。映画「ビフォアサンライズ」みたいな。ウィーンの街中を夜通し歩きながら沢山話して、恋に落ちたい。この人と会うために私は生まれてきたのかも、、と思いたい。再会できるかどうか分かんない約束をしたい。続編の「ビフォアサンセット」も込みでお願いしたい。第3弾の「ビフォアミッドナイト」は、、いいや。笑

 

加藤さんとの「ビフォアサンライズ」邦題:恋人までの距離(ディスタンス)は、それこそ脳内では2時間くらい妄想拡げられるんですけど、それは秘めます。

ここまで読んでくれた方、ありがとう!この人やべーなって思った?私もそう思う。

 

こうなったら、もう山下智久さんにも登場願おう!

山Pは山Pご本人として出会いたい。あんな綺麗な人が一般人だったら時空が歪むわ。

山Pは犬の散歩仲間。(この人って芸能人だよなぁ?)と思いつつ、確信がないのできけないまま、結構な頻度で出会う犬友になりたい。「こんにちは~! コロちゃん(うちの雑種犬)もこんにちは!」とあの鼻にかかった声であいさつされたい。

 

 

そんな感じー。あー楽しかった。妄想は人生の力なりー!