ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

吉祥寺ルーザーズの最終回が神ってた件について

書きたいことたくさんあるのにNEWSの供給にこのブログ追い付かない。さっきNEWS4部作完結記念BOXが届いたからさっそくBOXの内側の香りをくんくんした。まっすー(が嗅いだ)と同じ香り~。家の各所に散らばった初回盤たちに「おうちが届いたよ~」と集合をかける。久しぶりに開いた初回盤4つのブックレットを開き、しばしタイムスリップ。可愛い、みんな可愛い、尊い、、、

 

こんな特別なグッズを出してくる、仕事に対する愛情と責任感、NEWSのそういうところやっぱり好きだなぁと思う。彼らの真摯さをもって、単にファンのわたしにとってもこの4部作でカギカッコが付けられた2017~2020(2021)というのは、私の生涯における特別なものとして、綺麗な箱に大切におさめるような時間になった。

 

ここからまた一緒に歩んでいけるんだなぁと、その先の未来がどんなものになるかは誰にも分からないけど、今この瞬間はとても幸せで、机に置いた4部作完結記念BOX(この名前も生真面目なNEWSらしい)を眺める。

 

月曜日の『吉祥寺ルーザーズ』の最終回について書きたかったのにあっという間に金曜日になってしまった。終わらないで欲しい、と思うドラマだった。久々に神がかった最終回を見た気がする、と言っても私ドラマあんまり見ないので参考にならないけど。

エンディングだけ、とか言ってなんども再生しちゃう。

お鍋がぐつぐつ煮えるなかワインを傾けしみじみとするルーザーズ。別れがたくって、さみしいんだけど、仲良くなれたことが嬉しくて。幡多さんと翠さんのカップル誕生、すごくびっくりしたけどとってもお似合い!酔っぱらって楽しくなっちゃった聡の笑顔なんて可愛い。

 

からの~、、、聡が目覚めると散らかりまくった部屋。聡のお腹の上にはトラのぬいぐるみ。リコちゃんの達筆な置手紙を見て間宮も来てたの?なんで?とビックリする聡。スマホを確認したら「僕が呼んでる....」

 

聡が呼んでんのかい!聡ってそういうところあるよね!

 

と、ここで思い出される、冒頭の聡の寝起きの顔、ゆっくりとひらく瞼を彩る短いけど濃さと密度のあるまつ毛、鼻から唇への綺麗な造形、間接照明の中ぐびぐびっと傾ける金麦の陰影、差し出される、ゴツゴツとしてるけどスラリとした手、などの数々、、

 

エンディングだけ見よ~なんて嘘です。エンディングを見たあと、実際は階段のくだりまで戻って、階段から落ちそうになる間宮を自分のほうに引き寄せる聡、引き寄せた間宮と聡の距離、に毎回ゴクリ....と喉が鳴る。

あんな小雨の日にトンネルの入り口みたいなところに呼び出されて握手求められたら、私が間宮だったら永久に忘れられない年上の男性になってしまう。

お互いに正直になって気持ちをはなし、和解する間宮と聡。

勘違いしてごめんなさいと頭を下げる間宮を見る聡の、どうとでもとれる顔。

頭をあげた間宮が聡のあの顔を見たら、また別次元の「好き」が舞い込んではしまわないだろうか。

優しすぎるから......(セリフの最後に「......」を付けるとNEWS恋みが生まれる。)

私、まさかの間宮に感情移入。聡の「どうとでもとれる顔」に翻弄。

 

ここからはまっすーの話だけど、まっすーの「どうとでもとれる顔」、昨今で強く印象に残るのは、2020年6月のJohnny’s Happy LIVE with youのUR not alone歌唱の途中、口を堅く閉じじっと空を見るまっすー。なにを思っていたのか、ファンは色々と想像を重ねてしまうが実際のところは分からない。ただ、まっすーのその顔に惹かれ、翻弄され、崇める。

 

聡の話してたのに急に重い話に....

そういうところあります!突然魔界への入り口が開くっていうか。それが恋愛とかじゃないのがまた。

 

だってだって、これ聡じゃなかったら成立しないドラマですから。これが横浜流星だったらとっくに隣の部屋の女子とデキてますから。(参考:私がハマっていたドラマ、着飾る恋には理由があって)

階段から落ちたのは故意ではなかったことをなぜ明らかにしなかったのかと、聡の真意を求める間宮に聡は「ほんとうのことを言ったら何かがこわれちゃうような気がして」と。

 

深い........

私にはちょっとわからなかったけど聡は聡の考えがあるんだってことは分かった。

 

「ほんとうのことを言ったら何かがこわれちゃうような気がして」

心情的は理解できるけど具体的にどういうことなのか分からない、そういう答えもらったらもっと知りたくならないですかね?なにがこわれるのか?

 

そういうの重ねて聞いちゃうのが、多分モテないんだろうな。

そうですか....としっとりやり過ごそう。そしたら聡から電話かかってきて「おいで~」って誘ってもらえるかも。

罪なおとこ!

 

聡小悪魔説には答え無いので置いといて、「どうしてこんなことになったんだルーザーズ!立ち上がれ!あー!」からのLOSERはどうかんがえても出色の出来、いや神の所業。

 

アドリブなのかな?って思ったらやっぱりそうで、大まかな動きだけ決められててあとはキャストが自由にやってると知ってますます好き。桜さんがリコちゃんにお願いして制服貸してもらうところとか。最後自撮りの聡が笑顔でくるくる回るところ、ほんんんんんと可愛い。可愛さ1億点。

 

で、最終的には「人は傷付いても立ち上がれる」っていうことに合点が行くのです。

生きてるだけで充分だと。

 

最後動画を見た聡が「ダメすぎる!」と言ったときの翠さんの顔最高なので停止してみてください。濱田マリはずるい。赤鉛筆持って競馬新聞読んでる翠さん、その近くで足の爪切る聡のシーン、翠「聡の爪が目に~目に~!」聡「足つった!!!」ここ、最高。濱田マリ×増田貴久最高。求人募集のサイト見てる舞ちゃんが幡多の実演販売の練習見てふふって柔らかく笑うところも好き。色んなところで共演者たちの小さいケミストリー生まれてる。全12回でゆっくり見せてくれたのも良かった。

 

右肩上がりでどんどん良くなってて、最後には登場人物みんな好きになってた。入れ違いでまた新しいドラマが始まった。まっすー凄すぎる。まっすーにしかできないという役をどんどん掴んで、その神がかり的パワーでどんどん前に進んでいく。

それもこれも、NEWS4部作完結記念BOXを作って紙の匂いをくんくんするような人から生み出されるのかと思うと、愛しい気持ちでいっぱいになる。

 

お誕生日おめでとうございます、と言いたくなったけどまだ7月1日だった。NEWSに関してはいつも前のめりってことで〆。

 

内側の匂いは、うーん、、紙の匂いでした!

テレ東音楽祭の短髪シゲアキ君がとても好きって話。

まっすーの舞台に行ったら3階席で、そこから舞台に向かって「王子様~!!」って歌舞伎で〇〇屋!って掛け声かける人みたいに舞台に向かって叫んでた。たまありの400レベルぐらいの席なので天井も天井なんだけど、幕間終わっての第二部はまさかの天井席からのまっすー登場。しかし、向かいの天井側だったので、遠征してきた増担に貰ったお土産のお弁当を3つ重ねて膝に乗せ、ひとつ目を食べながら遠くのほうに見えるまっすーを見ていた。お弁当くれた友だちは興奮して「当日券みつけたら教えて!」と言ってた。まっすーは金髪に近い茶髪であった。確かに王子様ぽかった。

 

という夢を今朝みました。

コンサートの申し込みがこんな夢を見せたのは間違いないでしょう。

「申し込む前から当落が不安で、23歳って書いてあるチケットを譲られて、できるだけ若作りしてコンサート行くんだけどとても23歳には見えないのでビクビクしてる夢見ちゃたよ~」と、友だちが言ってました。ああチケット......

 

私チケット周りの話と古のオタクの話、好きなんですよ~

行きたいところ全部お金先払いして郵便局で申し込んで、外れたら封筒が送られてきてそれ持ってまた郵便局行って払い戻しして、でも手数料はしっかり取られてて、なんて聞くと楽しくなってきます。まず事務所にハガキ12枚送って、毎月の情報が印刷された状態で送り返されて来た、とかそういう話きくとよだれでてきちゃいます。見せてもらったことあるけど、勿論白黒印刷で、商店街の催し物みたいな文面でした。

ファンから巻き上げたハガキでファンクラブを運営してたってことなのかな?これ、私が送ったハガキは知らない誰かの元に届くんですよね。そこから物語はじまりそう。宮部みゆきの短編でありそう。(※ハガキ12枚に自分で自分の住所と氏名宛名書いて、封筒で送り、そこに印字されて戻ってくるって教えてもらいました。で、そろそろ無くなる時期かなってころにまた封筒にハガキいれて送るんですって。手間がすごい。昭和の話じゃないんですよ....わりと最近までそのシステム運用されてたのです...!)

 

と、そんなことを語りに来たのではなくって.....

見た?テレ東音楽祭(2022年6月22日放送)のNEWSみぃた~?

NEWSカッコよかったね!

えぇ~テレ東音楽祭って放送してない地域もあるのなんで~

シゲカッコよかったのにーーーーー

シゲのダンスってしなやかで色っぽいじゃん?普段はあまり見せないけど実は細くて長い首がしなやかさに何役も買ってると思うんだけど。襟足を短くすることで首筋が現れてよりいっそう色っぽく。横顔になったらさらによく分かるから見て。さくらをイメージしてる時の手つきね。

あーーーーシゲいい。短髪いい。

ショートカットとかじゃなくて、短髪ね。あえてそう呼びたい。

険しい顔、良い。目元への力の入り方良い。

まっすーがラップしてる時の体の動き、そういう振り付けなんだけどパンクキッズ育ちの血が出てる。上品なパンクキッズ。渋谷区の私学の高校に通って放課後にビルの壁を鏡代わりにして踊ってそう。もうそれってシゲ自身。でもシゲはビルの壁じゃなくてNHKのスタジオで踊るジャニーズだったからこその、パンクの中のエレガントさ。それがちょうどいい塩梅なのよパンク魂が。愛されて育ってて、核家族だけど祖父母ともかかわりあって、気骨のあるおじいちゃんの影響も受けてて、犬飼ってて、親は共働きで、塾行ってて、、、っていう恵まれた環境中でも青少年が抱くまっとうな葛藤が、、、まるでこれはハセケンよ。短髪のシゲはハセケンなの。

 

ハセケンっていうのは3年B組金八先生でシゲが演じたキャラよ。正義感の強い優等生で誰からも好かれて一目置かれるクラスのリーダーなの。イエスタディというハンドルネームと仲良くなってメール上で心通わすようになるんだけど、イエスタディが直(上戸彩)だとは知らないのハセケンは。学校を休んでる直のマンションまでクラスのみんなで訪ねるシーンがあるのだけど、みんなが去ったあとで一人マンションを見上げるハセケン、そこにはベランダからハセケンを見下ろす直が。直に気付くハセケン。目で通じ合う二人。このシーン良いからなにかで見て。 

 

思わずハセケン持ち出しちゃったけど、それくらい短髪のシゲがきゅんなの。シゲならなんでも好きなんだけど、短髪はハセケン出てきちゃうくらい特別なの。

またね、まっすー考案の衣装が若々しさに色を添えて。

この間古着屋さんに息子と行ったんだけど、最近オシャレに目覚めかけた息子が選んできたのがビッグシルエットの黒いTシャツで前面にUSAの国旗がアレンジされた大きなドクロがプリントされてるやつで。古着だからくたっとしてダメージみもあるの。それでネックレスも欲しい、十字架の。って前から熱望してたからネックレスも買ってあげたんだけど。小学6年生思春期待った無し!って感じで最高なの。

ルーザーTシャツにも良い意味での、カッコよさに憧れる若々しさがあって。えええ~にゅーすって35超えてるのぉ?小山君って38なのぉ?みえない!わかっ!

まずさぁ、新曲が決まってまだ衣装のこと話す前に「ねぇねぇルーザーTシャツ作って良い?作ったら着てくれる?」ってメンバーに連絡するまっすーが可愛すぎる。あーこういうTシャツ作りたい!って思いついたときのうずうず感伝わってきて可愛いったらない。あー好き。

 

でねでね、そのLOSER-Tを着てるシゲたちが良いの。頭じゃ分かってるって頭をつんつんするときのシゲ、胸を押さえるシゲ、Tシャツの袖からのびた慶ちゃんの長い腕、まっすーの袖口から見える白い裏地なのか重ね着なのか、細かなディテールに感じる衣装への、NEWSへの愛。

 

それで「あーーーーーー」ってサビの時にぐいーーんと引きの画になるでしょ?ジャニフェスの『未来へ』の時も最初のサビで東京ドームがぐいーんと広がった感じしたの。アッ!ここ、東京ドームだった!って。まっすーの声の広がりと、東京ドームの広大さが共鳴してた。やっぱり大きい舞台似合う!って。持ってた防振目から外して、ドームのステージを肉眼で見たくなるの。防振じゃ収まりきらないの歌のスケールが。

「うたえルーーザーーーズ!!」の必死の声だし最高だよ。必死かと思いきやまだまだ声出るから、もう一回最後に「るーーーーーざーーーーーーーーーーーーずーーーーーーーーー!」って来るから。もうそこの声の大きさが、まだまだ声でます!!って感じで、惚れるしかない。

多分何もしらなくてキッチンに立ってても思わず手を止めて誰が歌ってるだろ?ってテレビの前まで行っちゃうね。このTシャツの3人組、、、NEWS?NEWSってこんなだったっけ?えっ?って気付いたら沼だから。

早くFC入ってコンサート申しこも?今なら郵便局行かなくても会員になれるし、コンサートの申し込みもネットで出来るし、一度申し込みしても期限内なら変更できるし!昔は変更できないどころか行きたい公演全部前払いしてて....(冒頭の話に戻る)

 

テレ東音楽祭、歌唱の最後まっすーが右手あげていて、慶ちゃんが深くお辞儀してて、シゲはとてもセクシーなの。なんでシゲってあんなに色っぽいんだろうねぇ。。しかも短髪。。。。

 

来月35歳の大人の円熟と、青年の若々しさの両方を持ってて、しかも週明けには新潮社から『チュベローズで待ってる』の文庫本が出るんだよ~!作家なの作家。純然たる作家でアイドルなの。いるぅ?そんな人。作家がLOSERって書いてるダメージTシャツ着てエレガントにターン決めてるんだよ? 

 

またハセケンの話に戻るけど、私がシゲと心通じあわせるならメル友じゃなくて、交換日記がいいな~。映画の感想とか書き合って交換するの。ネックレス買いに行きたいから帰り付き合って。とか言われて。滝沢君のしてたネックレスカッコよかったからあそこで買いたい、とか言ってチェーン細いの買って得意げにしてたら滝沢君は同じモデルの極太チェーンしてて、わー、さすが滝沢くんだーって。あ、これまっすーとシゲが一緒にネックレス買いに行った時の実話だった。何十年もアイドルでいてくれるから、妄想みたいな現実がポロポロしてるんだよね~

 

.....ここまで書いたらちょうど、最新の文芸誌で対談したシゲの美麗写真を小山担が「この人...人間?漫画?こんな人いる?」ってコメント付きで私に送ってきました。ほんと漫画みたい、あんまりシゲが綺麗過ぎると自分をかんがみてファン辞めたくなる。小山担にそう返事したら「己を鑑みるな。ただ崇めなさい。」と有難い言葉を頂きました。はい、そうします。アーメン。(チケット当選の祈りも込めて)

 

 

加藤シゲアキが贈る最も危険なエンタティメント、ですって!

www.shinchosha.co.jp

 

www.youtube.com

 

過去のテレ東音楽祭の記事(熱量変わんなくてすごいなって自分に感心するw)

yuzukonbu.hatenablog.com

 

yuzukonbu.hatenablog.com

 

yuzukonbu.hatenablog.com

 

yuzukonbu.hatenablog.com

 

 

最近のいろいろ。

色々書きたいこと溜まってはいるのだけど、月曜日の吉祥寺ルーザーズの10話がとても良かったのでまずはその話からしたい。

 

吉祥寺ルーザーズ

第1話見た時はキャラクターが全てうるさくてついていけそうにない、と離脱の心配までしたのに。いつの間にかあのシェアハウスの住人全員好きになってる。何がきっかけだったのかなって思うと、みんなが自分のイケてないところを出して、それをみんなでシェアする感じが良かったのかなぁ。抱え込んだ荷物を一緒に持ってあげる、みたいな。その仲良くなる感じが唐突じゃなくて、自然にすっと入ってく感じが良い。実際にシェアハウスってこんな感じかも。

どのキャラクターも好きなんだけど、10話の聡はすごかった。

「もう(自分自身を)解放してあげたいんだ!」と涙ながらに訴える聡を思い出すだけで、一週間たった今もウルっとくる。「僕が沈黙してたの、何も意見がないからだと思う?」で声がひっくり返るところも、とても良かった。

これは、支配的な母親にコントロールされてきた32歳の男性の叫び。「ごめんね、恥ずかしい息子で」と母親に謝る姿、虐待された子どもが親にごめんねを言ってるようで、32歳にしては幼い聡とあいまって切ない。

「喋ると否定されるから、何も喋らないほうが楽なんだって!」とググっとせりあがってきた涙と一緒に本音を語る聡に、私も息子に恐怖政治してないだろうかと怖くなる。

子どもだったころ、親の前で頑張って本音を言う時は涙が自然と出てきた。とても分かる。もはやよく知ってるまっすーが演じてると思えないほど、聡がリアル。ガッチリした体付きは確かにまっすーなんだけど、顔付きはまっすーではない気が。

番組の最後に主題歌CDプレゼントの告知で、聡としてNEWSのCDを紹介するまっすーの、役への没入感。健気というか切ないというか。彼を見てると時折出てくる「まっすーを守りたい!」という気持ち。

(聡を見てたら、ゼロのカズヤを見たくなった。今より若くて尖ってるまっすー、勝ち負けにこだわるプライドエベレストな男がハマってる。意中の女性にコーヒーもらってうふふ、みたいな表情が可愛い。シゲ演じる同級生・零への劣等感のトラウマが再熱するラストシーンのカズヤの顔がとんでもなく恐ろしくて震えるので一見の価値あり。「この俺にクソみたいなトラウマ植え付けやがって!」っていうセリフも良い)

 

少プレ

聡とカズヤ見た後に、「シゲはネックレスつけると首が冷たい冷たい!っていってスタイリストさんが首にカイロはさむ」って言うまっすーから始まる少プレみると、あれ!?ますださんじゃん!ってなる。こっちはよく知ってる鉄板のまっすー。

さすがに面白いキスマイとのトーク。髪の毛はコンサートの楽屋で切ってもらってるという(ある種の主義主張なんだと思う)横尾くんの話の時にカメラに抜かれた慶ちゃんが、ふわっふわで柔らかそうな茶髪の毛先遊ばした完璧なアイドルヘアーで、その対比が笑える。嬉しそうにルアーについて語るシゲ。豊富に見せてくれるプライベート写真。どうしたシゲ。甲板の上のショートパンツからのぞく無骨な足。こんな笑顔普段のシゲしないとばかりに言われる、自分で釣った魚を持って大きな口で笑うシゲ。

わたしは、アラフォーになったジャニーズが火山などにハマってくのを見ると、勝手にその孤独感を読み取って心がザワッとするのだけど、自軍の2人についてそこまでザワッとしないのは、真ん中にいるまっすーの「餃子・ラーメン・ハンバーガー・焼き鳥・服・ジャニーズ」のおかげもあるかもしれない。

むしろ、ジャニーズJr.椿君との生放送1時間ラジオ、ホスト側であるまっすーが「俺、1時間持つか不安。俺に話したいこと1時間分用意できるか?」って後輩に相談したというくだりにキスマイたちがザワッとしてたのが、、、面白すぎた。

そして、少プレ、だいたいにおいてシゲがしっとり話聞いてたのが面白く素敵だった。少プレでゲスト席に座ってるシゲ、だいたいしっとりしてる。

 

歌唱披露

ついに、LOSERと三銃士の歌唱披露。少プレのサイトにのってた画像を見た時に感じた懸念は当たっていて、ちょっとどうなのそれはと思う振り付けがついていた。

これに関しては、好みの問題でもあるし、なんとも言えない。私の感覚では曲に合ってないんじゃないかなと感じた。振り付けに情報が多すぎて見ていて気が散る。あれが良いと思って出してきてるんだからなにも言えないのだけど。そのあとMステのLOSER見たら、そこまで違和感を感じなく大丈夫だと思ったけど、Mステ→から少プレの順で見た友は、Mステのほうが違和感あったと言っていたので、短い時間で我々オタクが見慣れたのかもしれない。オタクの順応性高いもんな。

NEWSもジャニーズ育ちだから、歌ってるときは踊りもするものって意識なのかもしれないって思ったらちょっと微笑ましい気もする。

歌唱については、さすがの一言。

最後の最後まで声に力があって、興奮で発汗してきた(私が)

NEWSの歌は心を揺さぶる。まだまだ声出せるといった感じのLOSERの〆のところなんか最高。

振り付けについて苦言言いましたけど、慶ちゃんの踊りのスマートさ、リズム感の良さはいい。LOSERTシャツ翻してターンする軽やかさ、まるでジャニーズJrの若々しさ。

あとわたし、シゲのソロ「やがて知るのだろう」を「やがて死ぬのだろう」だと思い込んでて、いやそれはそうだけどさぁシゲ!ってシゲの作家性まで思いを馳せてました。その横で腕組んでステップ踏んでるコヤマス 笑。

マイク持ってクラップしてるとマイクぶれるからどうなの?でもMステでは修正してきたね、って友が言ってて、いつもながらオタクの目線ってすごいなぁって。

三銃士のまっすーの衣装最高。「まっすー、昭和の女子高生みたいな服」と息子が言ってた。三銃士の女性ダンサー、小山担増田担シゲ担のイメージ?違う?

 

 

Mステ

シゲちゃん突然の短髪。赤ちゃんシゲのお写真公開に至っては「きゃーーーーー!!!!!」と近所に響く大声が出た。コヤマスに肩を持たれてステップを踏むシゲ、あの頃みたいな、、、あの頃というのは2016年夏に24時間テレビやってたころみたいな。あの頃に比べて内面の成熟度が増したシゲの短髪&Tシャツ。2022年にこんな短髪、やばくないですかぁ。シゲ担の動悸が.....

それにしても慶ちゃんの足が長い。

急に始まるまっすー持ち込み企画。ちょっといつの間にかそういう企画を地上波でぶち込んできても不思議じゃないキャラクターになってる、まっすー。まっすーって将来ジャニーさんみたいに、Jr,の楽屋に大量の餃子届けてそう、「まっすーさん」って呼ばれて、、って誰か言ってなかっただろうか。

シゲチャンの可愛い写真!かわいい!かわいい!とコヤマスに持ち上げられるシゲ。最近とみにシゲが可愛い。加藤さんって可愛いよねという共通認識がスタッフや出版社に浸透してるのを感じる。あんなところで机に突っ伏して寝てるの、可愛いしかない。寝れる?あんな環境下で。やはり作家はすごい。

 

音楽

ツアータイトルが発表。「音楽」。カッコよすぎ、痺れる。NEWSの自信と意欲を感じる。

ところで、数日前にBTSがグループでの活動を休止すると発表したことにより、一瞬トピックに上がった「アイドルというシステム」について。

短期間で一気拡大するアイドルビジネスは、アイドルから考える時間を奪い、目的を見失わせ、自我を形成することができないか、形成したところでそれが人々の求める姿では無かったり、そういうことに改めて気付かされたのではないだろうか。

アイドルは今を生きてるのにファンは過去を見ている。それに合わせようとすると成長に歪みがでる。職業として一切素を出さないと割りきる人もいるけど、大抵の人は今の自分をプレゼンしつつファンの求める姿を察して融合しようとするのではないか。

私がNEWSという、アラフォーアイドルの行く末を興味深く愛情持って見守ってるのは、彼らのバランス感覚を信用してるからでもあって。

裏返すと、若い頃に暇な時間があったからこその自我の形成なのかなと。

急激に拡大したアイドルビジネスは急激に閉じていくことも多いのだけど、彼らの自我をくみつつ、緩やかに活動していくことはできるんじゃないかなって、「音楽」という直球を投げてきたNEWSに期待を持っている。

だって、やっぱりアイドルって尊いもの。『他者の苦しみを軽くする』のが人間の価値なら、アイドルって相当なもの。

 

ひとまず、こんなところかな~

毎日供給が多くて幸せ。

ではまた~!

シングル発売は水曜日!その直前のシゲの刻。

シングルリリース直前のシゲの刻がやってきました。

いつぞやのKラジで慶ちゃんがみんなでシゲのことを大きな愛で包もう的なことを言ってるのを耳にして以来、私の愛の風呂敷がどんどん大きくなって、シゲを包む慶ちゃんを包み、慶ちゃんを包んでる小山担を包み(もちろんまっすーと増田担も)、と上からどんどん包んでいった結果、あれ!?シゲ本体どこ行った?って感じで過剰包装待ったなし!って感じなのですが…

 

この愛情全てがシゲに辿り着くんじゃないかと思うと、森羅万象に愛を見つけたくなって、「日本では森羅万象に神様がいるって思われてるんだよ。このご飯にもこの器にも。」って言った時の外国人の友だちたちの「マジかww」って顔を思い出してちょっと笑ってしまいます。

 

そのうち花壇の花を見てはシゲを想い、体を通り抜けていく夏の風を感じてはシゲを想うようになる、、、っていうかもうなってますね。毎週日曜の夜にシゲにオヤスミッって言われるのを待つだけでなく、勿論こっちは毎日シゲに向かって心のなかでオヤスミッってしてるわけですから。自分が生みだしたサブリミナルシゲがすごくて、もはや「シゲ」という名前は氏名の固有名詞ではなく、神羅万象全てシゲ、、みたいな。

 

うわー。だからと言って私シゲのこと神様だと思ってるわけじゃないんですよ!そこは強調したい。

 

特殊なお仕事してる普通の30代の男性だと思ってます。私は彼に相談したい悩みも無いので(あるとしたら、25歳から人生やり直したいとか、そういうアドバイスしようのない事柄)、シゲに寄せるお悩み相談とそれに答えるシゲの両方を、度量の大きい愛情で包もう、年上の人間らしく。と心がけていたら、なんかまた支流のこじらせの気配を感じたのでブログを開いた次第です。

 

新年早々からあんなに匂わせてたのに、ここにきて、なにもお知らせする事ないからとか言い出すシゲを見て(聴いて)いたら、ジャニフェスでアリーナの女の子たちの背中に向かって歌うシゲ(みんな自分の担当を追うのに必死で目の前のシゲのこと見てない、のを天井席から防振で見てた私)、ジャニフェスの感想メールについて素っ気なかったシゲ、コロナで会えないと俺のファンどこいるんだろうと思うとぼやくシゲ、などなど様々なシゲが思い出されたうえ、恒例のシャッフルするよ~とざらざらと取り出したのが2年前、2020年5月に届いてたメールで。

 

地域的なことでシゲ部聴けなかったけど最近になって有料アプリに入ったので聴けるようになりました。ラジオありがとうございます、という内容的にはなんてこともないメールを読み上げて、嬉しかったからとっておいたんでしょうねというシゲの、愛情の深さ、可愛らしさに、ガチガチの涙腺緩みはしなかったけどググググ.....ときました。

 

いや、アイドルってこんな?こんな感じでファンと向き合うのしんどくないか?

2年前からシゲから降りたやついるー?いねぇよなぁ?!

って濃度の薄いヤンキー出てくるくらい。

 

シゲ愛情深くて人に去られるの苦手そうだから降りるの止めよ?

愛情伝えるのも不器用そうで、素っ気ないLINEに気の無さを察してフェイドアウトしたら、別れた後で実はこんなに想ってました、みたいなの発覚して互いに傷を残しそうで。あ、この辺NEWS恋本編に多大な影響受けてる気がするけど。

私のTLがそうなだけかもしれないけど、シゲ担って、シゲ大好き!シゲがファンのこと好きなの、ちゃんと分かってるよ!って声高に熱く愛を語ってる気がするけど、それも、愛情深いのに伝え方ちょっとだけずれてる彼をおもんばかっての発言なのかも。

 

そんな彼が、文章という自分をさらけ出す場所見つけてほんんんんっとに良かったって思います。年を重ねてかたくなになって行く人も多いけど、シゲの場合は加齢と執筆によってどんどん柔らかくなっていく感じ。そしてそれが慶ちゃんとまっすーの心にも作用してて。NEWSが柔らかくみずみずしくいられるのって、リスタートの多さもあるけど、内面をだすこと、つまり普通の人間としてアイドルを生きることが上手になっていったのはシゲの作家活動からの影響必ずあると思う。

 

それにしても、2年前の5月、どんな気持ちでこのメールとっといたのかなんて想像しなくても、心に迫ってくるものがあり。それはもう誰も口にはしないけど辛かった日々であり。語らずも察してしまう、それが小説。シゲ言うところの行間を読む。

 

行間を読んだところで出てくる答えは、今NEWSを推せることの幸せ。

新しいシングルが明後日水曜日に買うことのできる幸せ。

NEWSが勝負したい、頑張りたい、と言う以上、このシングルの結果は重いものだろう。

私にとって、NEWSほどに推せるアイドルはもう現れない。

よし、追加だ。

 

と、シゲの刻入るや速攻で予約追加しました。

この大風呂敷の愛を私のリアル世界(主に対家族)に反映できてるかはまた別の話なのですが、少なくともNEWSを応援してなかったら私の幸せ度は今よりは確実に下がってたので、QOLの底上げには間違いなく関係してます。

 

こんなオタクの戯言知ったこっちゃないけど、シゲとは魂レベルで繋がってると思うので、、、ほんと単なる思い込みですけどそう思ってるので。言うなれば、別れちゃったけど嫌いになったわけでもない恋人みたいな、、、付き合うまではいかなかったけどお互い好きな気持ちは理解できた人、みたいな、、言えば言うほどヤバみ。シゲが「分かるよ」ってシゲ部のメールに言うたびに「そんなシゲが分かるよ」って思うw

 

不特定多数から生きがいとか支えって思われるの責任重くてしんどくないのかなぁって思って、こんなにシゲシゲ言ってるけど、そういうふうな位置づけに彼らを置かないように気を付けてる部分はあって。でも、そういうふうに捉えられることを重荷に思わないような精神性やスキルを長年のアイドル生活で身に付けていくから、今でもここに立っていられるのかもですね。私はその立場になったことないから分からないけど、ステージでの彼らの尋常じゃない輝きを見ると、他人を可哀想だと勝手に判断することは失礼なことなのかも、と思ったりします。自分がその立場を想像できないだけで。

 

ラジオで以前、ファンからの愛のこと、どんだけ重くてもいいよ!って慶ちゃんは言ってたよ~って小山担から聞いたので、ありがたく頂戴します。

 

こじらせ、こじらせって何年も言い続けてるけど、こじらせにも色んな色があるんだな~って客観的に自分を見たり。だってこんなの面白がらないと滑稽でやってられないでしょう。出会ってしまったんだから。行けるところまで行こう。そしてだんだんこの「こじらせ」への対処が上手になってる自分、ちょっとウケる。

 

シゲ自身も面白かったと太鼓判押した、水曜日に発売になるシングルを3種集めた特典の「NEWSのシェアハウス」みたら、どんなこじらせになるんだろ~。怖楽しみ!

 

2022/06/15発売、ダブルAサイドシングル!

www.youtube.com

 

www.youtube.com

雑誌の整理が終わらない。

朝からミアキスの最終回を読み、シゲ部にメールをし、朝ごはんを食べて、溜まった雑誌のファイリング。2021年12月号のSTORY「超絶男子図鑑 104」の編集部コメントに

 

”ベッド上の加藤さんに「4つボタンを外していただく連載なんです。」とお伝えすると「そうだ、これって脱いだ白シャツを撮影するやつだよね?」と即答であまりの事情通にびっくり。「年上女性と迎えた朝がテーマです」には「そういうつもりでやってます」とニヤリ。知的とセクシーのWコンボに完全にヤラれました。”

 

とあり、完全にやられた。

フラリと自分の本棚に向かい、ずらりと並んだ無印クリアホルダーA4ワイドの中から一冊を取る。同じ連載「超絶男子図鑑 48」のプロフィールには”4月からNEWS TOUR NEVERLAND 2017が始まる”とあり、シャツのボタン4つ外し、ベッドに寝転んで挑発する目線でこちらをみている昔の彼と、茶髪で気だるさのなかに甘さのある今の彼を見比べ…

 

見比べたりしてたらいつまでたってもこの作業終わらない。

 

買ってちらと目を通し本棚にしまっておいた雑誌群をまとめてドカッと集めファイリングするのは半年か一年に一度のお楽しみ。2021年11月号のBAILAのシゲ、こんなに良かったっけ?記憶になかった。

 

ひとりでやるのも楽しい時間だけど、同担を集めてやってみたい。カッターをいれながらこの顔見てとかやる。ねぇこの毛穴の感じたまんない。毛穴消してくるところも多いけど、たまに毛穴あると感激するよね、あ、毛穴っていえば装苑のね、腕の毛が、、、見る?

 

と、ごそごそ雑誌を取り出すのでとても持参できる雑誌の量ではなく、これは家でやりたい。そのままお昼作って食べて一日アイドルのことを話す。小学生の頃は誰かの家に行ってごろごろ漫画読んで過ごせたのに。

 

掛け持ちの友だちのために別Gも切り分け。上映映画の紹介に目を通して配信になってたら見ようとタイトルをメモ。私は雑誌文化で育ったのでやっぱり雑誌が好き。いくらananの値段が高くなってアイドルしか載らなくなっても文句言いつつ買う。解体しようと思ったBAILAはうーんやっぱりこのままにしておこう、とシゲのページに付箋つけて本棚に戻す。

 

NEWSが表紙のTV誌を躊躇なくビリビリとしてる時の快感。グループが活動しなくなると雑誌もDVDも見直さなくなるものだよ、という友だちの言葉が脳裏をかすめる。そういうものだろうか。この無印のクリアホルダーたちは20年後どんな価値を私にもたらすのだろうか。今の私には表紙をビリビリしてるときの快感の刹那だけで充分。

 

雑誌の山から最新のPERSONとananとRiCEを取り出し、RiCEを真ん中にして並べる。セクシーなお兄さん2人の間でカレーを食べようとしてるシゲの表紙。まだ中身まで読めてないけど、パラっとページをめくっただけで、スパイスとシゲの汗の香りがごっちゃになった、何とも言えない良い香りが漂ってくる。外国のマーケットみたいな。

 

似たような見た目のカレーをよく作ってくれた昔の彼の思い出がふとよぎる。彼の元カノはスリランカ人だったので広義の意味でシゲのカレーを私は食べたのかもしれない。ふふっと表紙のシゲのように笑みを浮かべたところで、慶ちゃんとまっすーと目が合う。頭の中を覗かれたみたいで照れる。スーツをきちんときるとエロが消えて幼くなるのにちょっと首元を緩めただけでこんなにセクシーになるのはなぜ。そんな風にふわっと影みたいな綺麗な腋毛になることあるの。とふたりに質問を投げるけど、「そんなこと言っても結局シゲが好きなんでしょ」と返され言葉につまる。

 

二人が体をはって大人の仕事をしてくれてる時にニコニコとカレー作ってるシゲが愛おしい。こんな幸せそうな顔をみれて推してて良かったなって思う。

 

そしてまた、早朝に雑誌を3冊注文する。全てNEWSが表紙の雑誌。はいてもはいても新しいものがやってくる。無印のホルダーまた買っとかないと。溜まっていきながらぐんぐん進んでいく時間に、幸せを感じる。そんな朝。

 

今日は雑誌をまとめて映画を見て、過ごそう。水曜日はついにシングル発売だから嵐の前の静けさ。たまにはこんな感じのまったりした文章もいいよね。いつも暑苦しいからね、このブログは。

 

NEWS大集会2022のまとめ(後編)

待ち受けを、去年の9月のNEWSカレンダーから大集合の記念写真ワンちゃんポーズのシゲの全身に変えました。人に待ち受け見られて「あ!」って言われるたびに♪きみをに♪そっとふれてごらんおにっ♪しあわっせなおに♪って脳内がラップし出します。

 

NEWS大集会のまとめの後編です。ただ、この数日の間に押し寄せたNEWS情報の為、一貫性の無い内容になることご了解ください。

 

僕は同じ苗字。スーパーウェディング!愛してる。

私が元気ない時にはこのシゲのくだり(1:11:39あたり) 見せてあげてください。回復します。

腕、こぶし、キラキラの瞳!アイドル!
言いきったあとに(フッ)って息吐くところ!
そのあと両手の甲を見せるところ!

はい~元気満タンです!

全身でやってくれたけどカメラは顔の寄りだったと知り苦笑いするところ含めて最高です。ありがとう。

 

愛してるに「よ」つけるタイプ?普段?

シゲが甘えた感じでこやまさんにやいやい言うの好きです。あとシゲって人の事指さすタイプなんだ~と。私も夫に向かって指さして話して「指さすのやめて」って言われるのでなんとなく親近感w (58:14) 

 

まっすーのうつむき加減の顔

プロポーズがダメダメなまっすーに慶ちゃんがアドバイスしてる時などのまっすーの下向き加減の顔がいい。(59:42) 

そして出てくるのが「もう充分さ、鬼おばさん。」で、口にしながら既に涙目の顔が綺麗で可愛い。やってしまった、、、って髪の毛触るの、増担たまんないだろうな~って思いながら見てた。「マジで負けにいってるじゃん」ってシゲの素直で辛辣なコメントが笑える。「鬼おばさんってなに!」と視聴者の気持ちを代弁するシゲ。

 

愛してる。

「愛してる」って言ったときの目尻のシワの寄り方、愛してる。(11:11:19)

慶ちゃんの耳にむかってスーパーウェディングを囁くシゲ、このコヤシゲショット、泣ける。素敵な大人になったね。(1:12:58)

「伝わるだろ?」って慶ちゃんに言うところ、りあこしんどい。

 

小山:マジで。この戦いやべぇな

ほんとやばいね。

まっすー「君をにそっと触れてごらん 幸せな」
シゲ「僕は同じ苗字 スーパーウェディング 愛してる」

多分このゲーム、Jr.のほうがシゲマスより上手だと思う。

 

小山:まっすーかわいいなぁ

38歳の男が35の男に可愛いなぁっていうのも冷静に考えたらおかしいんだけど、コヤマスは有り。美的のコヤマス熱かった。

 

君は女神、僕は濡れた(風邪ひかないでねー)

シゲのプロポーズの言葉に「風邪ひかないでねー」って言うまっすーにジワジワ来てますw(1:16:47)

まっすーの「美しい なーんちゃってバラ色」に「思ったんと違う読み方だった~ww」と言うシゲにそれな~ でもこれが増田さん。

 

俺はシゲのファンのかたの為に可愛いシゲを見せてあげたかったの。

もちろんシゲの勝ちで、ジトっとした目で俯いてるまっすーが落ち込んでる理由がこれなの、可愛い。(1:18:04)その気持ちにありがとう。何回でもチャレンジして私たちに可愛いシゲを見せて下さいね。

 

小山姫

小山姫、あんなにきゅるきゅるでふわふわなのにあのTシャツの下で腹筋バリバリなのかと思うと。。。

そしてちょいちょい顔しかめるシゲ、いいですね。。。

友だちが「シゲって、小説書かなかったら口うるさいおじさんだよね」って言ってたの笑ってしまった。

 

三銃士

歌披露。ファンはこういう曲を潜在的に求めていたんだなと。2番良いですね!「まだ見ぬ世界へ いざ 参りましょう」行くいく~

振り付けに3本の棒出てこなくて良かったw

NEWSにとってもファンにとっても、続けてきたということにポジティブな感情を重ねられる、特別な曲になるのではないでしょうか。

 

まっすーのまゆげ

まっすーの顔って綺麗な骨格ですよね。輪郭が丸いせいか、おでこ出してもそこまで男性的でもなく。まっすーの可愛さって赤ちゃんが可愛い、みたいなものな気がする。当たり前に普通に可愛い。(丸い輪郭に配置された目鼻の位置が庇護欲を誘うのが赤ちゃんの可愛さの理由らしい)

まっすーって横顔はかなりがっちりと男性の大人顔なのに正面からだと子どもみたいな顔してる。

 

別になんでもないんだって!

可愛い着ぐるみから出る声が太くて低いからびっくりする。(1:28:39)

 

で、ツアーがあります!って発表になって詳しくは明日の午前11時に!って大集会は終わるんですけど、FC会員だけにアフタートークがあってそこで日程も発表になるという。

 

わー!ツアー!

おめでとうございます!

嬉しい!嬉しいね!

 

どこ行こうかな~って考えてる時楽しい。謎に全部のステージ数とチケット代を掛け算して全ステした時の金額出してみたりして(知りたかっただけ)

夏から冬にかけてのツアーは10年ぶり!例年の、真駒内の3月って寒いんだよな~8月末の札幌は涼しくていいのでは。9月15日結成日の名古屋は熱いよね~行きたい!どこの会場が良かった?って周りにきくと福井って人が多いんだよね。アクセス大変だけど、席どこでも近いし音響が凄く良いって。宮城の11月末寒そうだな~(私は寒いのに弱い)

ここは、「どこの街でシゲに会いたいか」を基準にして考えよう!なぜなら結構先なので予定は良く分からない!当たったら予定空けて行く!

推しは推せるときに推せって便利過ぎる言葉で、これを言ってしまうと「そりゃそうだろ」ってなってしまうので乱用しないようにしてるんだけど、まぁ推せるときに推せだよね。

シゲがラジオで10年後にやって良かったなって思うことをしたい。と言ってたの刺さったんだけど、私の推し活は10年後にあの時やってて良かったなって思う事柄なんだろうか。などと考えたりも。あの時楽しかったな~って記憶になることを願う。

 

絶対に手の届かない人を好きでいるのって、人生を豊かにするかもしれない。この「得られない感覚」って、良いものだなってシゲのこと考えてると思う。切ないんだけど、人生ってそもそも切なくって、その切なさが人生の甘美なんだな~なんて思う。


NEWS大集会、永久にシゲに片思いの私にとっては素シゲが過ぎて、シゲって普段こんな感じなんだーーーーーーーーーーーって拗らせ一歩手前だったんだけど、片思いを人生に置き換えて考えて事なきを得ました。おそらく。

 

 私の心の一部は常にNEWSにとっておきたいって思うんです。それを一番伝えられる時がコンサートなのかなぁ。

 

会いたいよね、会お。

FC会員に向けてこう言ってくれる慶ちゃん。NEWSの言う「会いたいよ」のレベルはファンの「会いたい」のレベルと同じなので、私の気持ち別に重くないもんね~。まぁ、内面はどんだけキモくてもいいから(キモくて当然ってところもある!)、外見だけはキモくならないように気を付けます。

 

グッズ

先だってグッズを見せてくれるまっすー。四部作のDVDの特製ケース。NEWSのこういう、自分たちの作品を大事にしている姿勢がとても好き。それはやはり彼らがクリエイターだから、作ったものへの愛情とか責任とかが、グッとくるんだと思う。

アイドル=虚像、作られたものという意味なら、NEWSにはあてはまらない。

 

シゲにこれを着てもらえなかったリベンジをね

最後の最後までシゲに着ぐるみを着せられなかったことを悔やむまっすーの思いやりでお腹満たされました。

 

さんじゅうしー!?

心はキモオタなんで、まっすーが訥々と最後の挨拶をし出した時のシゲの笑顔にはぁぁぁ~ってなりました。困ったような笑い顔ね。

シゲももうすぐ35(歳)、そうだから俺さんじゅうし、さんじゅうしー?!(ビックリ顔のアップ)で、『吉祥寺ルーザーズ』の最初みたいっていうシゲ良かった。

 

こんな感じです!

後から見た時これで思い出せるかな。

楽しかった~

NEWSのファンで良かった~とまた確認できた夜でした。

ここから怒涛の新曲リリース期です。慶ちゃんのPERSON表紙もあります。昨夜のシゲの脱力タイムズも良すぎた。シゲと結婚したいって思いました。

 

 

NEWS大集会2022のまとめ(前編)

楽しかったね!NEWS大集会。萌えをたくさん体に詰め込んで明日への活力としたいところだけど1時間45分の動画繰り返しみる時間もなかなか取れないだろから順不同でギュッとまとめてみたい。1時間の予定が2時間になって東京タワーの場所借り料がどんなか気になるところ。

 

小山足長人(あしながびと)

楽しかったーの次にくる感想これ。慶ちゃんのスタイルの良さ一際目立ってた。腰の位置が高いのでTシャツの裾からいきなり足二本でてて後ろ姿もおしりの気配ないのスラリズム。

 

スピードカップ見どころ

顎でベルを鳴らした後の慶ちゃんの笑顔めっちゃ可愛いから見て (20:14)。慶ちゃんがルールの説明してるときにシゲがベルちんちん鳴らしてるのをコヤマスがシゲの手の上から押さえてるの、ああ~私もシゲの手の上に手を置いて、シゲに「上から来るじゃん」って言われたい。....って私も言われたいという感想も含めてると終わり見えない。

 

新年初すべり

まっすーがカウコンで着た寅の全身タイツの負け犬バージョンを着るのが今回の罰ゲーム。シゲ曰く寅は「生き恥」。本気で着ることを嫌がってるコヤシゲが解せないまっすーは、全然平気だそう。俺は(年男の)うさぎの耳付けるのだって嫌がってるのに、と、ファンの期待上げてくるシゲ。

 

『シゲ負けての声多数』しらん!

とにかくシゲがずっと素シゲでたまらなかった。そんな声はしらん!絶対負けない!面白さなんて知らん!というシゲに「シゲのファンの人にシゲの着ぐるみ姿プレゼントするべく」頑張るまっすー。まっすーの心使い泣ける。結局まっすー負けるんだけど。

 

まっすーまじめにやってほしい

決戦を前にチャット欄を見るまっすーが「まっすーまじめにやってほしい」というコメントを見つけ読み上げて3人で爆笑(53:30)。 笑い過ぎてひくひくするまっすー

 

まっすー、まずルールをきけてない

まっすーって振り付け覚えるのも人一倍時間かかるって言ってるし、理由や目的がはっきりしないものを理解するのに慎重。

慶ちゃんに「まっすー、まずルールを聴けてないじゃんか。」と頭ツンツンされてるの可愛かった (32:55)。三文字以上ってルールなのに「ねこ」って2文字出して「可愛いね」って一回まっすーを肯定してくれる慶ちゃんの姿勢私も取り入れたい。

 

いうてこー!

いうてこー!を声揃えて言う3人マジ大好き。面白くなっちゃったシゲが言いがちな一言、「これ一生終わんねぇ~」

 

テーブルに伏せるシゲ

かとーって出して「ここに『う』あるのに!」って2人にツッコまれたシゲがあはははは!って笑ってテーブルに突っ伏すところ見て (35:32)

伏せながらひくひく笑うこれをリアコと言わずなんと!

 

よーいスタートとか言ってよ

「はしろー」から「かとー」を出して楽しいシゲが慶ちゃんの体を指でツンツンして「よいスタートとか言ってよ」ってせかすところもめっかわなんで見て(35:46)

はしろーって言ってる時にTシャツの袖から露わになるふくふくした二の腕見て、リアタイしながら手元の紙に「うで!」って書いてました。

 

まっすーのエクボ可愛い

久々に見た気がする。やっぱりめちゃめちゃかわいい。いうてこー!の時のエクボ見て (35:55) きみをにーのエクボも可愛い  (1:08:05)

 

言語センス

「こーつたき(凍った木、アナ雪的な)」「んんんて」「のるいちこう(乗る位置こう)」等、まっすーの言語センスが炸裂して「はしろーがダメなんだからいいわけねーだろ!」とシゲに言われる。

かるたを数えてる最中に数字言われると数が数えられなくなるまっすーと、そんな姿を見て『落語の時そば』みたいと言うシゲ(42:12) 。ある種、両端のセンスを持つ2人が組み立てるNEWSのエンターティメントが素晴らしくないわけがないでしょう。

 

意外とクリエイティブだったよねー!

ミツカルタ終了後に、カルタを片手でトントンしながらまっすーを指さして「意外とさぁ、クリエイティブだったよねー!」というシゲ。「意外とってなんだよ!」とまっすー。

シゲの無邪気な失礼さや子どもっぽさ、私好きなんだよね~

 

ねぇ~

慶ちゃんの「ねぇ~」「だよ~」「もう~」って柔らかい喋り方大好き。大集会での慶ちゃんの働きすごい。慶ちゃんいなかったら事故る。

ゲーム終了間際までマイペースにカード並べてるまっすーに「できた?ひと笑い行けそう?なんか(他のカード)使うか?いける?」って優しく声かけてる。幼稚園の先生みたい。あと細かい場所だけど、プロポーズの言葉決めた慶ちゃん指さして茶々入れてくるシゲの手をはねのける慶ちゃん良きだから見て。(58:02)

 

しんめにふっか

人生ジャニーズのまっすーは体力の消耗具合をUR not aloneの大サビ入るところみたいだったと例えたり、「しんめ」というワードを並べたりする。まっすーが五関君をさがすもカードがみつからず、慶ちゃんが「ふっか」を見つけて並べ、シゲが「しんめにふっか、誰が言われてんの。宮舘が言われてんのか」の連携プレー、ゲームがしまった(41:56)。シゲ、ふっかのシンメはひーちゃん(岩本君)だよ。

 

揺れるまっすー

バロジャンプしてるコヤシゲの動きに伴い、トランポリン的マットの上にしんどそうな顔で揺れてるまっすーが面白かった (47:30)まっすーが床に座り込んだ時のフォルムの安定感。

 

俺2連じょく?

楽しい時ってひとつの言い間違いがずっと尾を引く(46:10)

 

いーいーいーいーーーいーーいー!!

優勢なシゲに全身タイツを着せるべくルールを改正しようとするコヤマスに「やってらんないよー!ここまでなんだったんだよー!」っていやいやって首振るシゲかわいいから見て (52:54) ブレスレットがリアコなんですけどそこも。「それでもいーいーいーいーいーー!」ってピースサインしながら言うシゲに爆笑してるまっすーと慶ちゃんも100点

 

タブレット見てる時無言

上記の時、いーゆうてますわ~って言いながらチャット見てるまっすーなんか私のツボ。3人ともチャット見てる時無言なの愛おしい。

 

鬼おばさん

配信見てない人に「鬼おばさん」ってなんですか?ってきかれて、ランダムに並べられたカードの単語を繋げてプロポーズの言葉にするゲームでまっすーが「鬼」と「おばさん」を並べちゃったんですよって説明してる時に笑い込み上げてきた

「もう充分さ、鬼オバサン。愛してる。」(まっすースマイルと一緒に言う)ってなにwww ふいたww

時間切れチーン!で、ゲーミングチェアでずりずり後ろに下がって耳の上押さえて(あ”ーーーーー)って顔してるまっすー見て。(59:33)(1:07:33)

ずっと笑ってるシゲ、かわいいー シゲの笑い袋ください。

ついでに両手を組んで笑ってるシゲの横顔見て。(1:07:37)

2回目でも鬼を選んじゃって「きみをに」「おに幸せ」って鬼かかってるのマジウケ。韻踏んでることに気付いてカメラに寄りの絵をリクエストする慶ちゃん素晴らしい。

途中一度とめて2人からのツッコみにうんうんって頷いて下向いてちょっと考えてるまっすーの顔が最高 (1:07:57)

♪君鬼♪幸っせな鬼♪と即興でラップするまっすー(1:08:45)

 

わたし、気軽な気持ちでメモ起こししはじめたんだけどまだあと40分も残ってるの時間かかり過ぎて絶望。

まっすーの「美しい、なーんちゃってバラ色。」で隣家に届くほどのシゲばりの大きな笑い声でました。なんですかあの言い方wwww

 

ちょっと疲れたので休憩して良い?

とりあえずここまでであげとこう。下書きのまま保存しとくとまぁもういいかってなるやつ。