読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

運動会の公式レポが本年度もジャニWEBに載ってて嬉しい件。

先月のジャニーズ運動会盛り上がってたね!

それにしてもなぜ中丸君と上田君のコンビは「ロバ丸」と呼ばれてるの?上田君、ロバ要素特にないよね?あと、上田君はジャージの下にはやっぱりなにも着てないの?ファスナーの金属が素肌にあたると冷たくないかな?キスマイ藤ヶ谷君のPKシーン、ほっこりするね。藤ヶ谷君がPKやバスケゴール外した時の「キャァァーー」って顔思い出すだけでニヤニヤするよね。あと、伊野尾君の覇気の無い体育座りと、ジュニア探す時の「和田君!和田君どこ~!」って甲高い声ね、ニヤニヤ。

 

って、4月16日に開催された「ジャニーズ大運動会」について今さら話し出したのは、またもやジャニーズWEBに公式レポがさらっと掲載されててその長文ぶりに今年ものけぞったからです。

 

去年はJUMPの「ウィークエンダー」のアレを『お馴染みの指差し振付』と表現した筆者さんでしたが、今年は「Prince Princess」を『特徴的なサビの手振り』と記するあたり、多分同じ人が書いてると思われます。

 

私、この、ジャニーズWEBに時折現れる一切画像挟まない長文レポが大好きなので、今年も東京ドームでまた会えて嬉しいよ!!

 

運動会、ゆっくり自分ちのテレビで見たいんですけど、ジャニーズ事務所は一切ソフト化する気持ちないんですよねきっと。AKBも運動会したってきいて調べたらこっちはちゃんとDVDにして売り出してましたよ。ジャニーズ事務所って政治力のある大企業なはずなのに、こういうところや、ネット対策が稚拙だったりするアンバランスに目が離せない。というか、昨年ぐらいから色々と立ち回り方が下手なのが露呈してて、事務所まるごとなんかほっとけない。

このあいだのジュニア祭りのウェブチケット、ジャニーズもがんばって時代に対応していこうとして、でもなかなかうまくできない姿は滑稽でもあり愛らしくもあり。もちろん現代社会に対応できる若い人材もいるのだろうけど(いるよね?)、ジャニーズの節々から感じる、おじいちゃんおばあちゃんの香りが私は懐かしくって。これは何萌えっていうんですか?

 

去年の野球大会も、今年の運動会も、私が思うところの「いよっ!これぞジャニーズ!」で、ほんとうに開催が待ち遠しかった、行けるわけでもないのに。でもなんとなーく、どちらもジャニーさんがご健在な間だけの伝統行事になりそうな気がして、ちょっとだけ切なくなったんですが、今回の運動会の障害物競走で「同じ衣装を着て集団で『Can do! Can go!』を踊り続けるジュニアの中から該当のジュニアを探し出す(双子が二組いるというトラップ有)」という項目があったと知り、なにその絶対オタクしか思いつかない競技!!!内部にオタがいるのか!と興奮しました。

 

それにしても、あの東京ドームの入り口入って階段降りてくと、アイドルたちがわんさかといてキャッチボールしてるわけでしょ。テレビの中継もないのに。ジャージのままでアイドルソングを集団で歌うんでしょ。特殊。ジャニーズWESTがネットでのドラマ配信をスタートすると聞いて、ついにジャニーズにも変革が!と思ったけど、この大運動会見ると、いやぁまだまだジャニーズはこのままだろって気がしてきます。

そして、望遠鏡で観察しつつ自分の萌えどころを探し、メモ取りつつ、ドームに行かなかった同志たちにも「ここが今回のポイント!」と共有、ワイドショーの動画もどんどんTwitterにアップしていくあまたのファンたち。本来なら公式がするべきことを全てファンが無償でやってるわけですから、ほんとジャニーズって奥深い。

 

この大運動会も、一応東京ドームに客入れてるけど、あんまりファンの為のイベントって感じがしないんですよね。タレントの福利厚生って感じ....。大きい会社でやりがちな社内リクリエーション的な。福利厚生だと思ってみると、ジャニWEBでのキスマイの玉ちゃんや藤ヶ谷さんの連載とかジワジワ来ます。運動苦手な社員若干嫌がってるよ!

これから何十年かたって、そういえばあの頃東京ドームで運動会したっけなー。なんで運動会だったんだろ?って思い返す元・ジャニーズがいるのかと思うと微笑ましいですね。ジャニーズのタレントさんって(あれって一体なんだったんだろう???)って思い返すこと多そうで楽しそうですよね!!

 

去年の私の感想(ほとんど今年と感想一緒なところもジャニ文化の強固さが表れてると思った)↓

 

yuzukonbu.hatenablog.com