ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

増田貴久の〇〇で思い出にひたる。

NEWS LIVE TOUR 2020 STORY ツアー決定おめでとうございます!

NEWS 初の冠ラジオ「オールナイトニッポン」特別番組放送決定おめでとうございます!

 

めでたい!サクッとブログを更新しよう!

まっすーについて書きたいのです。ジャニーズWEBの「増田貴久の〇〇」というこの度めでたく5周年を迎えた個人コーナー。連日、ファンからの質問にまっすーが答えていってるのですが、最高なんです。運動神経とセンスと包容力に溢れてて。

 

ぽーんといい球を返してくるまっすーはさぞかし球技もキスも上手いんだろうなぁ~。あ、キスだなんて。おしりから苺出してるまっすーにそんなこと。でも口笛上手いひとってキスも上手いらしいからな~(最新シングル『ビューティフル』参考下さい)

 

私がまっすーの鉄板ネタで大好きなのは

「クッキーくれクッキー」(ギャラをクッキーでくれってやつ)

「シゲのオリゴ糖(いつもの)

「あら~増田君袴業務で~」(これは事務所の偉めの人が成人式のためひとり、袴着てたまっすーに言った言葉)

 

もっと他にもあるんだろうけど、この3つは思い出すだけで無条件に顔がニヤける。あと、ギャグが滑って東京ドームの空調の音が聴こえたってやつは、東京ドームの換気システム知らないけど天井についてるすごいデカい扇風機が「....からん。」って乾いた音を立てるのが思い浮かんで笑っちゃう。

 

やっほ!まっすーだよ😆!

ありがとね~😆😆

うれしい!😆😆

 

まっすーになにかを言わせようとして話をはぐらかされるのとか嬉しくってうずうずしちゃう、、、ってなんか変わった癖生まれてきそうです。いい意味での思わせぶりをくれる人、好きなのです。

 

例えば、、、

大人数での飲み会の席、私と誰かをくっつけようと周りがしてるときに、何も言わないで目だけ私に合わせてきてあとから「大丈夫?」ってメールしてくるとか、

私がスイスに行くとき、ちょうど成田空港の通路を歩いてるタイミングに「今日からスウェーデンだよな。気をつけて。」とメールしてくるとか、

みんなでいるときは自分の話しないのに、ふたりでご飯食べてると子どもの頃の話をしてくれることとか、

でも「付き合ってる人いるんですか?」という一番聞きたい問いをさせてくれない感じとか、

私のこと、どう思ってるんだろう?と全く答えの出ない片思いをさせる感じとか!

 

あーーーー!

行き先がスイスなの絶対知ってるのに、スウェーデンとかいってボケるの。なんて返信したか忘れたけど。「スイスですよ!笑」かな、、、こういう人ってなんて返信するのがいいのか、ツボが分んないから難しいんだよ。でも多分普通に可愛い女の子が好きなんだろうな~と思う。。。

片思いが高まりすぎて、普段飲まないお酒飲んだ私は、タクシーで家まで送ってもらって、いつもなら家が近所の私が先におりて彼は乗ったまま去っていくのに、「ちょっと降りて下さい」と言ってタクシーを待たせ、好きなんです。と道端で告白をした。

 

あ、ごめんなさい。急に思い出話が。。

 

まっすーの〇〇の受け答えみてたら引き出しにしまいこんだ昔の恋が蘇ってきました。彼はお酒強くて飲んでも絶対に乱れなかったんですよね、お店の伝票入ってる黒いファイルにお金かカードをはさんで店員さんに渡す仕草がかっこよかったんだよなぁ~

告白をしたあとメール貰ったんだけどなんて書いてあったかな、、ありがとう、少し時間下さい的なことが書いてあった気がする。。。仕事が大事だったんだろうな、と今にして思う。遠距離恋愛の彼女がいたのかな、とも思う。

 

付き合わなかった思い出っていつまでも美しいから良いですね!

付き合わなければ別れもないから。

片思いって自分の言動が消えてしまいそうに恥ずかしいけど、年月たつとそれがまた良しってところある。芯も情熱もあるのに普段はあまり人に見せないところが好きだったんですよね。(でも私には心開いてくれてると思ってた)

 

はぐらかすのに時々真面目で包容力あるまっすーの受け答えキュンとして、そんなことを思い出しました。

 

「あらぁ~増田君袴業務で~」って言ってる事務所の偉い人の話を聞きたくなって2020年3月のKラジ15周年4人全員集合回をきたら4人とも楽しそうで、はは、、、って乾いた笑いが私から漏れたあと、もう一度笑顔作りたくなった。

さらに下手くそなマジカルバナナで、まっすーがてごちゃんが言ったことに「それいい」って言ってたのききたくなった。ちゃんとブログにメモってた。2020年1月KちゃんNEWSから、NEWS4人がバラバラのことを言ったらセーフってお題。

----------------

4人:せーの

加藤「高知」 小山「徳島」 手越「愛媛 」 増田「愛媛」

手越:違うの!テゴマスのツアーで香川ですっごいうどん食べてるから絶対香川って来ると思ったの、だから俺愛媛っていったの

増田:あぁ~すごい!!(でかい声)

手越:なんだよすげえって!あっははは!(嬉しそう)

加藤:なにがすごいんだよw

手越:なにがすごいんだよ 笑

増田:いや、そういうのすごい。そういうの、すごい。

----------------

 

ここ!

私の勝手な推測ですけど、テゴマスツアーで行った香川でたくさんうどん食べたってことを手越君が覚えてたことが、増田さんにとって「そういうの、すごい」だったんじゃないかな~。日々日々過ぎていく多忙な毎日のなかのふとした光景を心に留めていたことがうれしかったんじゃないかな~と。

......なんかこれから讃岐うどん食べるために私この話思い出しそうだな 笑

 

 なんとなくまっすーはそういう小さな記憶を大事にしてそうなので、私も小さな記憶を大事にしてまっすーに会うことがあったらそういう些細な、とっても些細な思い出を伝えたい。例えば「WORLDISTAツアーの初日の帰りに真駒内のバス停でバスを待ってたら後ろの人が『....まっすーのトリートメントって洗い流すタイプかな?』ってお連れの人に話してて、なんかそれがすごく印象に残ってるんですよね~w」とか。なんだよそれwwwって言うかな~笑

 

「あは、すいません。なんかすごく面白かったのでw  Strawberryの味スタ、私も参加させてもらったんですけど、増田さんがトロッコに乗っててすごく近づいてきたんですよ~。その時の増田さんがトロッコに手をかけて少し身を乗り出してファンを上から見てて。すごく愛おしそうな表情でファンの方を見ててですね。(うん、うん。)って増田さんの心が頷くのが見えました。あれすごい良かったです~。包容力の塊!って感じでした。そのとき、一緒にはいってた友だちの優しい旦那様が『ほら!まっすーだよ!まっすー来たよ!』って増担の奥様に言ってて、それも良かったんですよ~。野外って良いですよね~。空の色とか雲の形とか、空気とか、覚えてますもん。」

 

いつどこで会っても些細な思い出を伝えられるように訓練しとかなければね!

そんなこと考えてたら、自分がジャニーズの後輩になって憧れのまっすーと一緒に歌う機会を設けられ、思わす泣いてしまい、優しくハグされる。という妄想が浮かんできました。優しく微笑んでくれるんだと思うんですよね~。

 

なにせ小学生の時、「明日ジャニーズのオーディションだから」とお姉ちゃんに突然言われて連れてかれて見事合格、2か月後のKinKi Kidsの東京ドームでの年末コンサートで外周を埋めるJr.のひとりとしてライト側スタンドの端っこの手前に立ち、振り返ってスタンドの観客を見た時の気持ちをいまも持ち続けているんですから。

ジャニーズWEBでの軽妙なやりとりから、幼き時にうけた天命を信じてひたすら努力してきた年月が伺えて、軽率にジャニーズになってハグされたくなっちゃいます。

 

この話どうやって着地しよう!😆

困った!🤣🤣

まー、いっか!

そんな感じ!😆

思い出にひたってしまうことってあるよね😊仕事しなきゃ🤣

 

STORY楽しみです!

オーラス配信してくれてありがとう~!

NEWS大好きです😆!