ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

ジャニーズWEST『LIVE TOUR 2018 WESTival』の感想

笑顔につられてふらふらと重岡くんが表紙のOggiを買ったことを呟いたら、機動力のあるオタクにジャニーズWESTのDVD『LIVE TOUR 2018 WESTival』を貸してもらったので感想書きます。初心者にはこのツアーDVDが適してるらしい。

 

冒頭が私の大好きな「おーさか☆愛・EYE・哀」だったので視聴テンション早速あがる。前髪サラサラの濱田君にいきなりの不意打ち。濱田君がかっこいい。濱田君がかっこいいってなんで誰も言ってない?学校で一番カッコいい先輩くらいのカッコよさなのが刺さる。

濱田君がカッコいいことでこのDVDの勝ちを開始早々確信した私は、ぐるっと会場を眺めまわした。客席が若い。歓声のトーンが高い。三曲目の「ズンドコパラダイス」くらいでアンコールくらいの熱量。最高潮に達するのが早い。

桐山君が白シャツに蝶ネクタイで登場。彼の顔見てると「桐山ー。これじゃダメ、直して」と領収書を戻したくなる。体育会系商社マンみたいだけどジャニーズの誰かに似ている気がして仕方ない。風間俊介かな?慎太郎君もこの系統か。ジャニーズの顔をずらりと並べてグラデーションに並べていく遊びをいつかしたいと思っている。桐山君がファンに話しかける関西弁の軽妙さと距離感。同期入社の桐山、いい奴なんだけどウザイと思ってたのにある日突然「俺、お前のことずっと好きやってん..」とか言ってきそう。

 

全員が登場して傘を小道具に可愛いラブソングを歌う。これから分かっていくことだが、WEST含めジャニーズは曲の幅の広さが尋常じゃない。WESTなら万人受けには「ええじゃないか」だけどコンサートに行くとこんな曲も歌うんだ!とビックリする。色んな人に提供されたさまざまなテイストの曲を全部自分のものとして落とし込む力に長けているのがジャニーズアイドル。

その中でもWESTは先達の作ってきた世界をうまく吸収しているという印象を持った。水玉の傘をくるくる回したあと、そのままスパンコールのジャケットを羽織ってまた違うムード(「SHE IS MY...」)。韓国アイドルっぽくもある。やっぱり人数が多いというのはいいな、とも思う。世界観の切り替えが人数多い方がスムーズな感じ。そしてまた誠実そうなラブソングへ。同じような曲調が続くことは無い。そして濱田君の前髪はずっとサラサラ(歌も上手い)

 

しっとりしたところでコントコーナーからカラフルな衣装にお着換え。のんびり見てたら場内が暗転し、めっちゃ聴いたことあるイントロ。突然、現在なにわ男子の高橋恭平君がピンクの服着て現れ、NEWSのさくらガールを歌いだす。だらんとしてた私思わず起き上がる。TVの画面をスマホでとって高橋君推しの友だちに送る。古参NEWS担の友、歌う高橋君に山Pの面影を感じ泣けたそう。画面から目を離してるわずかの時間にステージ上の関西Jr.の数がすごい増えてる!「関西アイランドあそびの街 満足100% あげるよ~めちゃハッピーな」(という歌詞に聴こえる)いかにもジャニーズJr.な曲を歌い会場を沸かせる。「夢のかいーだん駆け上がって 一段飛ばしでいちにのさん!(ハイ!)」どうしてジャニーズJr.の曲は初めて聴くのに頭の中にするりと入ってくるのだろうか。私もJr曲の歌詞書きたい。そして、いつの間にかスタンド一列目に現れるJr.担のうちわ。(最初からいたんだろうけど)「3秒ガン見」「エアハグ」とか、Jr.担もWEST担もうちわがエネルギッシュ。

 

と、若さに視線持ってかれたところで、貸してくれた友だちが「これからです....これから....」と私がだるまさんがころんだーのところまで見たよと言ったらそう返事されたわけが分かった。

 

重岡、あんたピアノ弾けたのかい.....

 

(呼び捨て失礼します)

 

舞台が変わるとそこには重岡とピアノと桐山と三線

 

キンプリがKingとPrinceだった頃、少年俱楽部を毎週見てたので重岡と中島健人が仲が良いことは知っていた。だから「ケンティーと仲良しなんて怪しい」と重岡に付箋付けてた。怪しいというのは奥が深そうという意味。

 

なんの変哲もないTシャツとパンツを纏い、光としか言いようのないなにか輝く刹那を纏い、楽しくて楽しくて仕方ないという笑顔を浮かべピアノ弾き語りをする重岡と、桐山。

 

しかしこの重岡くんの儚さよ.....

 

儚さを感じさせるアイドルはヤバいんだって。

 

「わたしまだ乗り越しラブストーリー、消化出来てないです。」って発売からだいぶたつのに消化できないそんなものを私に貸すなって!

 

もぉ~ ノーセット黒髪さらさらマッシュヘアーはダメなんだって!

 

「乗り越しラブストーリー、重岡が歌詞書いたんですけど、めっちゃヤバいですから電車の中でググって下さい」って渡された時に言われたけど怖いから勿論ググらなかった。で、今ググったけどさっと見てパッと閉じた。危ない危ない。

シゲ(私はNEWSシゲ担)と重岡ってどこか共通点あるんですよって言われて名前じゃなくて?って思ったけど、なんとなくわかる。私小説感とでもいいますか..... でも重岡くんは着てる服のブランドを悟られないようにロゴにガムテープを貼ったりするらしい....

 

しかしピアノ弾けたのかよ、、、、うまいじゃないかピアノ、、、

 

鍵盤をたたくたびに揺れるサラサラの前髪が、、、

コンサートでごくごく稀に登場する、加藤シゲアキのノーセットさらさらマッシュヘアーをこの目で見ることを渇望してるのですが、まさか重岡のさらさらマッシュに先越されるとは。

 

中間君が私の旧友のヨシコに似てるので、中間君を見るたびにヨシコ元気かなって思ってしまうのだけど、この時のWEST君ってまだ少年の面影、時に少女っぽくもあり。鍵盤を叩く重岡くんにも感じる、甘さと固さ。華奢な体から放出されるそれが若さなのか、この人独特のものなのかちょっとわからないけど。

 

と、なんか知らないけど尊いものを見た。と思ったところで誰かが現れて綺麗なキックを決める。(濱田君と神山君でした)赤と青で分かれて戦うというのはジャニーズの永遠のテーマなんだな....と思ったところでエロスな曲。いつの間にかステージにベッド。それぞれのベッドに倒れこむ中間・小瀧・藤井。観客の歓声、カメラが彼らに寄る。ここで私笑ってしまった。シャツのボタンを自分でドラマティックに外すにいたっては吹き出してしまったw 

 

半裸の曲からチャーハンの曲。チャーハンチャーハンま・わ・し・て!ふり幅凄すぎ。しかも曲から曲に移った時の違和感全然無い。これは構成もすごいけどものにしてるWESTもすごいのでは。ここから怒涛のチューンになるのだけど、桐山君はじめ観客ののせかたがお上手。あと、神山君ってなんか尊いですね。存在や雰囲気が。神様っぽいっていうか。名前のせいじゃなく。

 

ファンサ曲が終わり、中国四千年の秘宝を召喚しますみたいな中間君から始まるダークでポップでカッコいいパート。これこれ、こういうの。ジャニーズってすごいなぁと思う。「ええじゃないか」で世間に向ける顔と、ファン向けに見せる顔。こういう部分、もっと一般に向けて出したらいいのにとファンは思うだろう。

アイドルが受け止めきれるエネルギーってアイドルが人間であるかぎり、限界があるような気がするので、これくらいが丁度いいのかなぁとジャニーズ見てて思うこともある。疲弊しない程度に売れて、バランスをうまくとって彼ら自身の人生も満ち足りたものであってほしいと願うことを否定する人はいないだろう。

 

藤井君、いい意味で(この人なんでジャニーズにいるんだろ?かっこいいのに。)って私思ってたんだけど、このコーナーは真骨頂。ボーダーのセーターがとにかくカッコいい。藤井流星のカッコよさに比例して会場のボルテージも上がる。全員が並ぶところでまさに熱狂、という盛り上がり。小瀧くんのカッコよさは癖がない。

センターステージからアリーナに移ってそろそろ〆に入るのだけど、アリーナの客、近っ。普通にタッチしてる。藤井君のモテが手慣れてる。

ここで私大変な場面を目撃。観客席でしゃがみこみ、小さい男の子の首に自分のタオルを巻いてあげ、男の子の手をとってカメラに向かって一緒にポーズをとる濱田(正しい漢字は濵田)くんを。

「ひぇーーはまだーーーー」と観ながら声に出してしまっていたかも。白っぽい照明に浮かび上がる光景、20年30年後にふと思い出してしまいそう。もちろん前髪はサラッサラ。

 

で、DVDの1枚目はここで終わり、2枚目はまぁまぁ長くアンコールが収められてるんですけど。観客のコールが「ブリトーブリトー!」に聞こえて。チャーハンやたこ焼きの曲あるならブリトーの曲あっても不思議じゃないけど多分普通に「ウエストー!」って言ってるんですよねw

演者も観客もみんな若いからアンコールも全然元気。もう一公演行けますって感じで。角生えたような赤い服着ててもやっぱり重岡くんは儚かったし、濱田君は爽やかだった。ほんと興奮のるつぼで、ジャニーズってすごいなぁ!って思った。WESTって小瀧くんがセンターじゃないんですか?という質問に、「重岡です。見れば彼がセンターだって分かりますから」と言われたけど、確かに。ほっとけない感じと空気読めない感じが漂ってて、なにか目線を引っ張られる。

 

終わった~面白かった!と思ったらまだ続きがあるという。すごいな!

シーって人差し指立てる重岡。ここ、ヤバいところですよね。

このエネルギーに対応するにはこっちも気力体力精神力研鑽していかないと。

何回ラストスパートしてるねん!と画面の重岡にツッコむ。

 

と、こんな感じの感想です。大変に楽しかったです。現場の楽しさがしっかりDVDに反映されててすごいなって思いました。これ元気でますね確かに。そして濱田君と少年のやつ、白昼夢みたいだった。以上です。