ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

私が好きな、ジャニーズの入所のきっかけエピソード

こんにちは!

ジャニーズの皆さんがどういうきっかけでジャニーズ事務所に入所したのかネットで調べてたら、人数が多すぎて、途中で「これ、誰かにバイト代出してやってもらうやつじゃん!」と気付きました。ジャニーズの海が広すぎて一人では泳げない。睡眠時間が足りない。

なんで調べてたかっていうと、入所理由の変化がジャニーズ、芸能界、ひいては日本社会の変遷と通じるところがあるんではないか?と思ったからなんですけど。話が大きすぎたー

ひとまず今日は、私が「Youのきっかけ、イイね!」と親指を立てたくなった案件についていくつかご紹介させてください。

 

ケース1.

  • 代々木公園にあった、ゴーカート乗り場で遊んでいた時に、川崎麻世らを連れて歩いていたジャニーさんの目に留まり英語でスカウトされたことがきっかけ野村義男/1964年東京都中野区出身/1977年入所)

最初から古い案件で失礼します!どうですか、「代々木公園」「ゴーカート」「川崎麻世らを連れて歩いてたジャニー」「英語」とパワーワードだけで構成されたこの文章。野村よっちゃんって音楽性のオシャレさもさることながら、実は足がすっごい長いのでこんどテレビでギター弾いてる時はよっちゃんの股下に注目してください。

 

ケース2.

  • 渋谷区役所前のスクランブル交差点で信号待ちをしていた姿が偶然車で通りがかったジャニーさんの目に留まり、すぐさま車から降りてきて「You! ウチにきなよ」。母がNHKの理容店に勤務していた関係で手に入れたチケットで音楽番組の公開収録を観覧した帰り道だった東山紀之/1966年神奈川県川崎市出身/1979年入所)

有名な話ですよね。まずジャニーさんの動作の機敏さがすごい。上の2つはHi Hi猪狩君がローラースケート場でスカウトされた話と合わせて『You来ちゃいなよ系』と名付けよう。

もしジャニーズになってヒガシと会食する機会あったら「東山さんの入所の話聞かせてください!」と、おねだりしたい。

  • 履歴書送ったらジャニーさんから直接電話があり「今、六本木のテレ朝でレッスンやってるから、来ちゃいなよ」と誘われる松本潤/1983年東京都出身/1996年入所)

これも『来ちゃいなよ系』。

 

ケース3.

  •  静岡から家出をして原宿駅前でフラフラしていたらジャニーさんに「崎陽軒のシュウマイ弁当の蓋みたいな」木製の名刺を渡されしばらく放置してたが、いよいよお金がなくなったので書いてあった電話番号に電話したら合宿所に呼ばれた諸星和己/1970年静岡県生まれ/1986年正式に入所、上記のきっかけは1984年)

かーくん、ちょっと話盛ってない?と思うけど多分ほんとの話。ズボンのポケットに崎陽軒風名刺を入れたらパリッパリに割れて繋ぎ合わせて電話番号解読したらしい笑。

  

 ケース4.

  • 母親が応募、最初は嫌だった。大野智/1980年東京都出身/1994年入所)
  • 姉が勝手に応募。行きたくないと泣いた。(薮宏太/1990年神奈川県出身/2001年入所)
  • 母親が勝手に応募。その日は友だちと遊ぶ約束をしていたので行きたくなかった。着ていたパーカーが涙でぐしょぐしょになる程泣いた。玉森裕太/1990年東京都出身/2002年入所)

無理やり連れて来られた人がいつの間にかスターになって東京ドームで歌ってるって味わい深いですね。その成長を味わいたかった。サマリーでの藪君の可愛い顔を思い出しながら....

 

ケース5.

  • 母に5000円あげるからと言われオーディションに参加二宮和也/1983年東京都出身/1996年入所)
  • 母に5000円もらってオーディションを受ける渋谷すばる/1981年大阪府出身/ 1996年入所)

同じ年に同じ金額貰ってオーディションを受けた二人には因縁めいたものを感じます。5000円って金額が絶妙すぎて母親として共感を覚える。しかしこの二人の生涯賃金を考えると5000円の投資なんて大海の一滴。

  • 姉の友人が「弟をジャニーズに入れようよ」と提案。バスケットボール買ってあげるからと誘われ応募(増田貴久/1986年東京都出身/1998年入所)
  • お母さんがオーデションに行ったら親子丼を食べさせてあげると言ったので佐藤勝利/1996年東京都出身/2010年入所)

こっちはモノで誘われ系。可愛い。

 

ケース6.

  • 学校にジャニーズJr.がおり、母親が「うちの子のほうがカッコええ」とジャニーズ入りを勧める横山裕/1981年大阪府出身/1996年入所)
  • 姉に「あんたはやったら何でもできる子や」と言われオーディションを受ける安田章大1984大阪府出身/1997年入所)
  • 「お前は目立つことが好きやし、アホやけど割と男前やから送ってみろ」と言う両親の薦めでオーディションを受ける丸山隆平/1983年京都府出身/1996年入所)

オトンオカンの愛シリーズ。いいなぁ、私も安田君のお姉ちゃんみたいに息子に「あんたはやったら何でもできる子や」と言ってあげられる母親になりたい。関西弁の力もあるな。

 

ケース7.

  • 中3の時、少年隊が仮面舞踏会を歌うのを見て「今の生活を脱したい、芸能界に入れば変わるかな」と思い自ら応募。小3で両親が離婚し母子家庭に育ち、当時は不登校気味だった。その後ジャニーさんと大阪で会食し入所城島茂/1970年千葉生まれ奈良県出身/1986年入所)
  • 中学の時いじめで不登校ぎみになっていたところ、父にジャニーズを勧められる岩橋玄樹/1996年東京都出身/2010年入所) 
  • 高校受験で第一希望に受からず落ち込んでるのを見かねた母と姉がジャニーズに応募するよう勧める小山慶一郎1984年神奈川県出身/2001年入所)

こういう話聞くと、ただただ良かったね~って思う。子どもの時は家と学校しかないから辛いんだよね。

 

ケース8.

  • 13歳の時、街を歩いてたら「ジャニーズJr.ですか?」と女性に声をかけられたので冗談半分で事務所に履歴書を送る櫻井翔/1982年東京都出身/1995年入所)

「俺、ジャニーズJrに間違われちゃったよ~w」「そういえば櫻井ってジャニーズぽいw」「履歴書送ってみようぜーw」みたいなノリかな?幼き櫻井少年は負けん気が強そうですね。今の翔君がタイムスリップしたら13歳の自分自身に何を伝えるのかなー。

 

ケース9.

  • オーディションで踊らず立ってたら、なんで踊らないのかときかれ「見りゃわかんじゃん。狭くて踊れないんだよ。」と言った相手がジャニーさんで合格二宮和也/1983年東京都出身/1996年入所)

同じく負けん気強そう系。でもこういう子ジャニーさん好きですよね!ありがとう、あの時の5000円。

 

ケース10.

  • オーディション時は坊主頭だった為「坊主イイよ」で合格上田竜也/1983年神奈川県出身/1998年入所)

基準はジャニーさんの中にあるのみ!

 

ケース11.

  • 所属していた少年野球チームの監督の娘が野球をしている姿の写真を事務所に送った近藤真彦/1964年神奈川県出身/1977年入所)
  •  履歴書の特技が「野球」だったからと、ジャニーさんに合格の理由を明かされる岩橋玄樹/1996年東京都出身/2010年入所)

でもやっぱり野球ができることに越したことはない! 

 

ケース12.

  • 少年隊ファンの姉が送った履歴書を見たジャニーさんから連絡があり、神戸での光GENJIのコンサートに直々に招待される。一年後再び横浜での光GENJIのコンサートに招待され入所を決意堂本光一/1979年兵庫県出身/1991年入所)
  • 母と姉がだまって送った履歴書を見たジャニーさんから招待された光GENJIのコンサートで光一と出会い、共に入所堂本剛/1979年奈良県出身/1991年入所)

これ、光一君が剛君と出会うまで1年間あるんですよね。その間ずっと光一家ではジャニーズ入りについて論議が交わされてたんでしょうか。この二人が揃った時、ジャニーさん武者震いしただろうなぁ。

 

ケース13.

  • ジャニーズ事務所のスカウトマンに出会い、ジャニーズ事務所に行く。しかし実はそれはジャニーズをかたる偽のスカウトマンで、事務所のスタッフに怒られながらとりあえず撮ってもらったポラロイド写真を見たジャニーさんから電話がかかってきた岡本健一/1969年東京都新宿区生まれ/1984年入所)

なんか、『1980年代の東京』って感じ。芸能界を舞台にした昭和の漫画のようだ。オカケンがまず少女漫画だし。

 

ケース14.

  •  母の知り合いのダンサーが出演するジャニーズの舞台を見に行って楽屋に挨拶に行ったときに事務所関係者に紹介される。特にジャニーズには興味なかったが、やってみようかな、と思った(安井 謙太郎/1991年神奈川県出身/2007年入所)

エピソードとしては目立つものではないのですが、私が安井姐さんから感じる『業界人感』の出どころはここか!と合点がいったので。

 

ケース15.

  • ハワイの知り合いの料理屋のおかみが店に貼ってた写真を見たジャニーさんから直接連絡京本大我/1994年東京都出身/2006年入所)

いつどこでも可愛い男の子を見逃さないジャニーさんほんとスゴイ!

 

ケース16.

  • 3歳からダンスを始め、母と姉が櫻井翔のファンであったこともあり幼稚園の時には既に「将来の夢はジャニーズに入ること」。小学校低学年で嵐のコンサートへ行き大野のダンスを見て「僕もあんなステージにたって見ている人を驚かせたい」と思う。小3で履歴書を送付(知念侑李/1993年生まれ/静岡県出身/2003年入所)
  • 母がKinKi Kidsのファンで、初コンサート参戦は2歳。幼い頃からジャニーズ漬けで育ち、自然と自分もアイドルになりたいという夢を持つように古謝那伊留/1994年大阪府出身/2006年入所)

ジャニオタがジャニオタを産みジャニーズを育て新たなジャニオタが産まれる。

 

ケース17.

  • 『中2のときに期間限定ユニットのHey!Say!7ができたら、メンバーの山田涼介くんのことが気になっちゃって。だって、山田くんはおれと同じ年なのに、すでに人気者だったでしょ。それを見てたら、俺がすごく遅れをとったような気がしたんだ。』と感じ、ジャニーズ入りを決意中島健人/1994年東京都出身/2008年入所)

ただの一視聴者なのにテレビにでてる山田くんにライバル意識を感じるあたり、妄想力のちからって大きいんだなと感じると同時になんか非常に中島健人君ぽいエピソードだなと思いました。

 

ケース18.

  •  幼少の頃から「お母さんのような美しい人になりたい」と思っていたところ、母の宝塚歌劇団時代の知人で稲垣吾郎と近しい人がおり、その繋がりでジャニーズ入りを勧められた。本格的に日本で活動することになったのが東日本大震災の直後で、税関の人に「今から日本に子供が行くのは危ないからやめなさい。今からでもキャンセルしなさい」と言われるも「人を幸せにしたかったから」と来日マリウス葉/2000年ドイツハイデルベルク出身/2011年入所)

入所のきっかけの文章がキラキララしてる~!

 

ケース19.

  • 小学3年生からダンスを習い、センターで歌ってる人ではなく端で踊ってる人が好きだった。KinKiの後ろで踊る亀梨君を見てこのポジションになりたい!と宮城県から応募八乙女光/1990年宮城県出身/2002年入所)
  • マイケルジャクソンに憧れ、母に頼んで自分が踊ってるビデオを事務所に送ってもらう(千賀健永/1991年生まれ/愛知県出身/2003年入所)

東京のジャニーズに入るには通勤圏でないと難しいところを地方から出てきたこの二人。感覚が個性的でイイなと。

 

ケース20.

  • ジャニーズに入ったら美味しいものが食べられると思ったので志望(伊野尾慧/1990年埼玉県出身/2001年入所)

これが一番の理由かどうかはさておき、これを理由にあげる伊野尾君のセンスがいいと思った。

 

ケース21.

  • クラスの女子に「あとはハンコ押すだけでいいから!」と言われ履歴書送付(中丸雄一/1983年東京都北区出身/1998年入所)

この女子、すごい優秀な人だと思うんですが!中丸君の迷惑そうな顔を想像するとジワジワくる。さすが中丸君です。

-----

(10/14追記)有志の方から良い話教えて頂きました!以下エピソード追記です。感謝!

 

ケース22.

  • 母親に友人の子供がジャニーズに入りたいらしいが中の様子が分からないのでスパイしてきて欲しい、と頼まれた戸塚祥太/1986年東京都出身/1999年入所)

ス、スパイ!....彼はまだ任務の途中かもしれない(長年いるのにまだジャニに馴染めてない感がある)

 

ケース23.

  • 親戚のおばさんが勝手に履歴書出しオーディションに呼ばれるも、4,5回バックレる(木村拓哉/1972年千葉県出身/1987年入所)

「ジャニーズ?んなの行くかよ!」なキムタクも、呼び続けるジャニーさんもスゲェー!ジャニーさんはひとりひとりのタレントにそこまで執着しない印象あるけど、なにか感じるものがあったのでしょうか。

……………

 

もっといろんなエピソードがあると思うんですが今日のところは以上です。100%真実じゃない説もあるかもしれませんが御容赦下さい。

公平さをきすために(何の?)LDH系や他の事務所のアイドルグループメンバーのきっかけも眺めましたが、ジャニーズ以上に味わいのあるエピソードってなかなかない。

ジャニーさんという特異な人物、物心付いたかさえ怪しいほど子どもでの入所、他薦が多い、などのジャニーズ事務所独特の要素に加え、「Jr.であってもステージ立つ以上面白いトークができないとダメ」と考えるジャニーさんの元、トーク力に磨きをかけるジャニメンたちの姿がここから垣間見れ、ますますジャニーズたちが好きになりました。面白い入所エピソードあったらぜひ教えて下さい。

これに基づく考察や分析は気力があればそのうちやりたいです!

 

「Sexy Zone Sexy Tour 2017 ~Stage」を見たアラフォーの感想

SexyZoneのDVD「Sexy Tour 2017~Stage」を見た感想を、例によってアラフォーが友人に話す体で書きます。

 

-----------

ひさしぶり~!元気だったー?

ううん、これはNEWSのDVDじゃないよ。まだ出る気配ないわーNEVERLAND。多分JEが今頑張ってくれてると思うの、あ、JEってレコード会社ね。♪ジャニーズエンタテイメンッ!ってやつ。そうそう。

 

これは、セクシーゾーンのDVDだよー。セクゾ。そお、ついにセクゾのDVDまで買うようになってしまったの。なんかこれみたら肌がまたツルツルになったからさー、一緒に美容しようと思って。

 

え、知ってるよね?セクシーゾーン。顔面偏差値東大級。そうそう勝利君ね。あと中島健人君でしょ、風磨君でしょ、マリウス君に松島君。あーすごいみんな知ってるのね!偉い!偉くはないか笑。

推しかって?いやー、私もね、DVD観ながら「誰推しにしよーかなー」って思ったんだけどね、誰か中心に見る人を決めるとさらにグループへの理解が深まるからさ、うん、そういうものなのよ。でもさ、決めれないわ。セクゾに限っては。だってみんな綺麗で可愛いんだもん。

 

勝利君はほんとすごいよ、アップになる度に「げ!美しい!」ってびっくりしちゃうの。どの表情にも意味があるんだよねー。カメラマンさんもボツカット決めるの大変だと思うわ。とにかく顔が。顔が綺麗、で終わってしまうのって実はちょっと不幸なんだけどさ、そんな不憫さも含めて勝利君の魅力なのよね。真ん中あたりで「キャラメルドリーム」って可愛い曲があるんだけど、松島君勝利君マリウス君って3人並んだアップショットが信じられないほど可愛いからそこ見て欲しい。勝利君の落ち着いた雰囲気も素敵よ。

 

タイプ当ててみようか?マリウス?あ、違うの健人君?あーねぇ、健人君はいいよねぇ。間違いないよねぇ。このライブでもさ、恋の歌を歌う健人君があまりにも切なさそうで、どうした健人、辛い恋でもしてるのか?って心配しちゃったよ。お姉さんが相談に乗ろうか?って。でも見てるうちに、「いや違う、単にこの人すごく感情表現が豊かなんだ」って分かってその演技力に引き込まれたからね。まるで3分のお芝居を観ているような気持ちになるよ。そんで滑舌がすんごい良くてセリフが聴き取り易くてちょっと笑う、あ、いやなんか、ジワジワくるのよ。Can I be your butterfly?っていって、お客さんの蜜を吸いに来る蝶になるからね彼は。まさにブルーオーシャンを渡るセクシーモーゼよ。いや笑、違う私が考えたんじゃない笑、健人君自身が言ってたの!セクシーモーゼってwww お客さんを煽る時は「輝いてますかッ!!」って言ってたよ笑。

 

健人君のことは一旦置いといて、でさ、風磨君ね、ソロ曲で風磨君がベッドの上で腰振ってるの見ても、あはははは!腰すっごい振ってる若いなーってエロいとは思わないんだけど、清潔感のあるルックスのせいかもしんない。隠しきれない育ちの良さ出ちゃってる。私服とか見ても全然ヤンキーじゃないの!黒縁のメガネでベレー帽とか被ってさ、好きでしょこういう男子。90年代渋谷育ちとしては。なんか別マとかに出てきそうなビジュアルだよね。

 

松島くん、そうちゃんね、と、マリウスのことはあまり知らない?そうでもない?宝塚好きだもんね。そう、マリウスママは宝塚なのよ。清く正しく美しくの精神がヨーロッパと交わって息子に受け継がれたと思うだけでグッとくるでしょー。ほんっとにマリウスいいのよぉ。レディースエンジェントルマンっつって、マリウスが英語で挨拶するんだけど、あれ?私ジャニーズ見てるんだよねぇ?って確認しちゃったよ。ほんとジャニーズは良い人材に恵まれてるよ。私なんかマリウスの健やかな成長がひいてはジャニーズ事務所の成長に繋がるって信じてるから笑。まぁ、マリウスにとっては芸能界も数多くある選択肢の一つなんだろうけど、ジャニーズという場を選んでくれたことに感謝するわ....うん、誰目線かは私も分かんない笑。

 

で、実はそうちゃんは超重要人物なの!なんかね、センスがいいのよ。まぁ憧れの先輩にNEWS増田君をあげるだけでもセンスの良さが表れちゃってるけどね。松島君を見てると、自分に合った服や髪型、表情、キャラって大切なんだなーって思う。すごく見られることを意識できてる子だよね....ついつい目で松島君を追っちゃうよね。あとこれ最新情報ね、「世にも奇妙な物語」で松島君ドラマデビューするから!松島君の時代来てるから。

 

あとさ、メイキングの中にみんなでお風呂入るシーンがあってさ。ま、そうなのファンサービス?若手だとあるのよ。まぁ私はそんなのでドキドキしないんだけど、松島君カッコ良くなったなぁって感慨深いわ....ってこれまた何目線。マリウスは裸でみんなでお風呂入るの嫌がってさ、そりゃ抵抗あるよねカメラの前で。それが普通の感覚だと思うわ笑。

 

あ、ごめんごめんまた語り過ぎた。

 

馬飼野先生と三浦先生の曲も沢山歌ってくれるから嬉しいわー。ちょっと70年代テイストも入ってるのよ、ほらジャクソン5的な。あんまりトンチキ要素無いの、紳士的でウェルメイドなのよー。意外だったわ。ジャニーズのコンサートは起承転結があって〆に向かっての盛り上げ方がほんと素晴らしいよねー。分かってくれて嬉しいわー。あれで8000円以下って安いよね!

 

パフォーマンスのすばらしさは見てもらえば分かるんだけど、最後に5人が挨拶するとこも見てみてー。結婚式の新郎みたいだから!

NEWSもそうだったって?あー、そうだね!健人君も手越君みたいに「幸せだね」ってファンの子に言ってたよ。

 

ジャニーズとジャニオタの関係ってなんか独特じゃない?ウチワ持って熱狂的じゃん?

それって、「みんなのおかげで今までやってこれました」っていうタレントの姿勢がオタの「私たちが応援しなくては!」という強固な活動に繋がるのだなぁって。エンターティメントに日本的な義理人情と少年の成長を掛け合わせるとこういう答えになる気がしたんだよねー。

 

セクゾもNEWSもさ、言っちゃえば一般への浸透はこれからじゃない?

アイドルがファンの背中を押し、ファンがアイドルの背中を押す、その愛はそこで完結してて、多分その輪がオタク以外の一般人が入ってきて破かれないとセクゾもNEWSも大きくはなれないんだと思うんだよね。でもさ、そうして万人に愛されてさ、応援してくれるファンの顔が見えなくなった時に、アイドルは今のような幸せを感じるのかなぁ?なんて思ったわ。これってオタクの囲い込み願望なのかしら。

 

とにかく、二十歳そこそこの男の子たちが「誰かの背中を押したい」って言うの聞いて、私この歳になっても自分の背中ばっかり押してる....って反省したよね。こんな綺麗で頑張ってる男の子たちに背中押してもらえるなんてねぇ。ありがとうね....ってなんか拝みたくなってきた。

 

ところでこの間の「おじゃまっぷ」見た?香取君と草彅君出てたやつ。自由になりたかったんだろうなぁ、誰のことも気にしないで自分自身を表現したくなる時はあるよねって思ったわ。SMAPはやっぱり大きくなり過ぎたんだろうなぁって思ったんだよね。私はほらジャニーズのこと攻撃されると反感覚える人間じゃない?でも彼ら個人の気持ちは尊重してあげたいなぁと思ったわ。皮肉じゃなく、インスタとかでオシャレなライフスタイルを発信したりすればいいのになぁって思う。

 

ジャニーズ辞める人って、ジャニーズ辞めてやりたかったことってそれかい!って思いがちだけど、例えば、誰かの為に、ファンの為に生きていくことが自分自身を欺いてると感じるという部分はあるんだろうなぁ。

 

私はジャニーズの、みんなで一緒に成長しようね、というのに魅せられてるんだけどさ、やっぱりそのモチベーションだけで十何年もアイドルを続けていくのは難しいと思うんだよね。ファンの人も入れ替わるしさ。その葛藤を経て年老いたジャニーズが年老いたファンといたわりあって生きていくのは大好物!もちろん!

 

なんかそんな色んな事を考えさせられたよ。ジャニーズって深いのよ。ほら、ちょっと興味湧いてきたでしょ。気付いたら頭の中「General Producer ジャニー喜多川・美しい男の子たち・平和・未来・宇宙・セクシーモーゼ」ってワードでいっぱいになるから!この素晴らしさを周りに伝えたくなるから笑。

 

この真ん中の美少年をセンターに持ってきて、両脇に業務経験ある年上置いて、そしてこのこども二人がユニークな味付けになってて、なるほどジャニーさんらしいな、ってデビューの時は思ったけど、ここまで各々の個性が絡まりあって、Sexy Zoneという1つの個性になるとはね。そういうところがジャニーズの良さよねぇ。

 

ファンサタイムでさ、健人君が頭ポンってした女の子が嬉しさでぴょんぴょん飛び跳ねてたんだけど、可愛かったわー。なんか、そういうもう自分が失った気持ちとかを取り戻せる気がするのよね、若者たちを見てると。お互いの幸せがたどり着いた先には多分愛があるから。これも健人君が言ってたんだけど笑。

 

実はさ、明らかに若いグループのDVDを買ってみるのはちょっとNEWSの手前躊躇したのよ。 浮気じゃない、ただ綺麗なものを見たいだけよ!でも良かったからさ、この美しさを共有したいな~と思って今日持ってきた次第よ。これもパックしながら見るといいよー。マリウスの肌になれるよ。今度会う時はNEVERLAND出来上がってるかな~。ほんとジャニーズっていいよねぇ。今日もきいてくれてありがとねー。あ、言い忘れたけど、彼ら女装もしてて、そのクオリティーがすんごいから!!度肝抜かれないように注意してね!

 

-----------------

アラフォーが「NEWS LIVE TOUR QUARTETTO」を友人に薦めるつもりで話してみる。 - ゆずこんぶおいしい  

見えないものに名前をつけること。

むかしむかし、私が中学一年生だった時の話です。

授業中、どんな流れだったのか忘れましたが、発言を求められたクラスの一人の男子が「幸せや怒りや勇気や、目に見えないものに名前をつけたのは誰なんだろう?」って言い出したことがあって。とても優秀な男子(仮に猪狩くんと呼ばせてもらいます…笑)で、先生も感心してましたが私はそれ以上に(猪狩、やばい!頭いい!考えたことなかったけどたしかにそうだわ!)と感動しました。

 

中1の時、私は図書委員で。あー図書委員だなんてシゲ担になることは当時から決まってたんだわ、、運命、、って些細なことを自担に結びつけたがるあるあるはさておき、各生徒に自分の読書テーマを決めてもらい、そのテーマにそった本を選んで読むという活動を行っていました。

 

そしたら、その猪狩くん(仮)が決めたテーマが、『愛について』と…

 

中1男子ですよ?中二病ともちがうガチなやつ。どことなくラブホリの薫りも漂う…

 

授業中の発言に感銘をうけた私も、『愛について』というテーマに「猪狩、エロい!」とちょっとひいちゃいました。だってそれまで愛なんて考えたことなかったし。

 

あれから長い月日が流れ、、、

 

愛について考えてる日々を送っております。

 

今日も帰りの地下鉄車内の駅名を知らせる電光掲示板を見ながら(私の癖。地下鉄乗ってるときはだいたいここ見てる)、そっかぁ、NEWSは幸せなんだな、、そっかぁ、、って一人気持ちを温めていました。

 

こないだのラジオで、小山さんと増田さんが幸せってなんだろうね?って幸せ論をしてて、NEWSでいることが幸せ、ジャニーズでいることが幸せ、ファンの子を幸せにしたい、って言ってたんですよ。

 

ふぁぁーってなりましたよね。TLにふぁーーっとした空気が漂いました。

私もなんかあの夜からフワフワしちゃって。このところ、ハリネズミのようにささくれだってた体がさわぁ~と優しい毛並みになりましたね。

 

ステージの上にいる四人は幸せだなーって思ってるんだなぁ、、って今朝も出勤前のフリータイムにWHITE見ながら思ってました。

女の子たちにキャーキャー言われて、キメ顔やキメ仕草に沸く歓声を嬉しそうに受け止めるアイドルが愛しくてですね。

 

アイドルしてることが幸せだって言ってくれるアイドルを好きでいるのってなんて幸せなことなんだろう。

 

幸せ幸せ言ってると、NEWS担は宗教ってまたいわれちゃうかな。

 

多分、私含め、NEWSのファンの人って良い意味で幸せになることに貪欲な人が多いんだと思いますよ。ファンとタレントは似てくるから、解散の危機を経てアイドルで「いさせてもらってる」意味や、応援してもらえることの有り難みを実感できてるNEWSは、幸せについて考えることが多いんじゃないかな。アラサーってそういうことをよく考える時期だし笑。

 

私自身、正直、自分の今までの人生のどんな瞬間よりも強く、幸せという言葉を実感しながらアイドルのファンをしています。

 

自分の手の届かない人を好きで、ただ彼らが幸せであってほしいって願うって、人の所業の中でもそれってかなり高度なことなんじゃないかと思うんです。

 

猪狩くん(仮)、古代の人がどんな気持ちだったかは分かんないけど、この気持ちには名前を付けずにはいられないよ。なんかラベルを付けて保管しておきたい感情だったんだよ、きっと。

 

と、クラスメイトに語りたくなりました。

 

次のシングルがなかなかでないな、とか、四人の冠番組できるかな?ってことよりも、NEWSがNEWSでいることが幸せだって思ってることのほうが重要度が高いと私は感じました。日々、幸せを感じながらお仕事して、早くファンの子に会いたいな~って思ってくれてるんだな~って感じて体がポカポカしてきます。NEWS沼がスパリゾートってこういうことなんですね。

付け加えて自慢しますと、こないだのフェロモン対決のチャンカパーナのセリフは即興だったそうで、この時期に「俺達、ジャニーズアイドルで幸せ」という発言を自然な流れで会話に組み込んでくのと同様、中堅アイドルの有能さと手練れ感に震えが来るほど魅了されてます。

 

そして、申し訳ないことに私アイドルファンに対して偏見を抱いていたんですけど、実際ネットでもリアルでもいい人ばかりで、アイドルを真面目に愛してて(真面目じゃない愛し方ってのも分かんないけど、、スタッフにエアガンとか?)、どこか哲学的な気持ちを持ちながら「幸せ」や「愛」や「美」を追求してて、『ちゃんと生きてる』感じがします。わたしもアイドルを好きになる前より、自分の人生をちゃんと生きてるって実感します。なんでだろう?夢や綺麗事だって片付けられるようなことが現実になるんだよ、ってアイドルに教えてもらってるからかもしれませんね。

 

こういうこと考えること含め、まるっと「幸せ」っていうのかもしれませんね。

 

ところで、本物のHiHi Jet猪狩君は中学生にしてなかなかの哲学者らしく、クラスメイトの女の子に「猪狩、理屈っぽい」と若干うざがられてる、と本人も以前雑誌で仰ってた件からお名前を拝借しました。最近のジャニーズは彼みたいな、わざわざアイドルしなくても何でもなれそうな感じの、でも思考が深すぎてアイドルの道に進みましたっていう、真理の探求者って雰囲気の子が多くて、頼もしい。ジャニーズ事務所が持つ、そういった面をこれから生かしていくことができれば次世代も安泰だと思います。

 

神山君が非常に可愛い(2017/09/22 少年倶楽部感想)

相変わらず少クラが神ってたので遅ればせながら視聴日記です。

オープニングからガンガン飛ばしていって挨拶代わりにグループがどんどん登場してついにピンクのサテンスーツをきたB少年たちがバラバラバラ~と現れるあたりで一回脳がプッシューーー!とショートしました。情報量が!多すぎ!

 

 

エエやんけェ!!

で、ショートした脳がリカバリーする間さえあたえず、オレンジ色の胸元開いたサテンシャツ着た司会の桐山くんが映って「おいおいなんだよそのシャツ」って思ったら実はシャツではなくジャンプスーツで他のメンバーも色違いで、にしきどあきらみたいな恰好で神山君は頭にピンクのリボン乗せてて(アッ)って思ったらリボンの神山君が昔の黒柳徹子みたいなテンションで「皆さま~!パラパラのお時間ですよ~!それではジャニーズWESTのイケメンに歌ってもらいます!まずはりゅーせー!」ってそれがすんごい可愛い!

ちょっと面白すぎてどんな曲かよく分からないんですけど、ふざけてても歌唱に差し支える感じではなくってちゃんと歌として成立してるしとにかく楽しそう。そして神山君が非常に可愛い。どれくらい可愛かったかというと、今すぐ髪の毛切って神山君の髪型にして神山君の着てる服とか真似したくなるぐらいの可愛さ。私が若かったらね。ちなみに神山君が女装すると前田あっちゃんと高橋みなみちゃん足して2で割ったみたいな健康的な感じで良いです。

WEST君の全員リア恋感すごい。濱田くんの「同僚の男の子」感もすごい(クレームの客の話真面目に聴き過ぎてクレームが大きくなるタイプ、要領は良くないけど人が良いので周りに愛され結局得をする。職場に一人はいそう)

 

 

欲望のレイン

名曲アルバムのコーナー。河合君が「今日は、、Kinki Kidsさんの欲望のレインです!」と言った時の客席の「おおおぉぉ!」という反応。「名曲中の名曲です」と河合君は(みなさんご存知の通り)って顔で言ってますけど2000年のアルバム曲ですからね。なのにみんな知ってるっていう。そして、2002年の、17歳の山Pと斗真君が歌うVTRが参考資料として流れた時の客席の「うほっ!!」というどよめき。割と引きの画だし、名前のテロップなんか出てないのに。でも観客にはこの二人が誰であるのか一目で分かるんですよ。かっけー!と興奮する桐山君にドヤ声で「で、これ、しかも、バックがKAT-TUNですからね」観客「ギャー」。VTR見終わってからの、今の少クラメンバーで欲望のレインをリアルタイムで見てたのはABCの4人しかいないので今日は自分たちがバックダンサーやります、と話してる時の河合君の高揚した表情、そして暗い舞台に現れる二つの影....ふまけん。キャーーーー!!

この流れが最高です。これがジャニーズ。

ふまけんの魅力は私などには語れないのですが、もうなんだかすごく老舗感がありますね!ググッと近づいたり離れたり背中合わせたり、「ふまけん芸」が確立してますよね。しかし見事ですね。

ABCの動きも見なきゃいけないし、先輩方の歴代のレインレインも観たくなるしもう忙しいですジャニーズは。河合君って小柄で小動物みたいなところもあって可愛いですよね。で、最後に「ステージング:五関晃一」ってクレジットが出てバチッと決まります。バックの塚ちゃんと戸塚君が拍手してるのも痺れるー!

 

 

ボクのお気に入りの麺

欲望のレインの濃厚な時間が終わり、ふぅ。と一息付いたところで、例の殺風景な廊下でジュニア呼んで質問するコーナー。お題は「ボクのお気に入りの麺」....ラジオかな笑?

ファンの子は「朝日君、ホルモンうどん好きなんだぁ♡」って嬉しいよね、いや、問題はそこじゃなくて、ジュニアが一人で画面に映って河合君たちとお話してることですよね!このコーナー、普段はあまりピンで喋ることの無い子が出てくるとさらに嬉しい。岩橋君の言ってた「おやつのミニペペロンチーノ」がどんなか分かんないのでこんどスーパー行ったら探そう。

 

 

佐藤龍我君の足の長さ!

驚愕です。「あのベビーフェイス足長い!!」ってSUPERMAN歌ってる間そこばっかり見てた。

足、長すぎて足を振り上げる振付の時、足の空中での滞空時間が長く感じられる。

B少年見る度にみんな背が伸びてる!気がする!それにしても東京B少年ってすごいネーミングセンス。

 

ここからラストに向かってSixTONESSexy Zoneが畳みかけてくるわけですが...

情報過多の少クラ見ながら何かを考えるのほんと大変。以下ささっと。

SixTONESとSnow Manが爆発しそうなので早くジャニーさんなんとかして!/全般的にジュニアの魅力が爆発しそう!/岩本照くんの笑顔も爆発中/オールバックのジェシーはほんとにほんとにカッコイイ/北斗君は江口洋介似と評判だけど私の中ではリック・アストリー*1勝利君の耳にかけたショートカット、美少女しか似合わない髪型ぽくて可愛い/戸塚君の曲紹介は優しい感じでいつも良い/ハッシーのホスト感、極めて欲しい/歯ブラシの曲大好き/

 

来週も楽しみだなぁ~ 久々に感想書いたけど楽しいな少クラ。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

*1:80年代後半に人気だったイギリス人の歌手。

新しい地図への私の雑感(余談多め)

こんにちは!

今年の冬に放送されたNEWSの単発番組「ニューニューニュー」を最近観る機会に恵まれまして、そしたら夢出てきたコヤシゲに『ニューニューニュー、やっと見ましたー!面白かったです!』って報告したら小山さんに『うっそ、そっちでやってなかったの?ごめんねぇ』って眉間にシワ寄せてオネエ言葉で労われちゃいました。ついに夢の中で業務連絡(?)するようになってまいりました~

 

この評判良かった単発番組は関東に住む優しいNEWS担に送って頂いたのですが、心憎いことにシゲの生写真が一枚同封されておりまして、それがEMMAのMV撮影の時のもので倒れそうになりました。今、生写真って言葉30年ぶりに使った気がしますけど、ジャニショで売られてる写真実物はじめて見ました!ほんとに写真なんですね…  うちのアルバムに1枚ピラッと挟んであって孫にこの人誰?って言われて、私「この人はねおばあちゃんの彼氏」孫「えっマジイケメン」ってとこまで妄想しました。

 

ところで、安室ちゃんの引退や元SMAPの3名の新サイトなど心揺れること続いたここ数日、みなさまお元気ですか?

 

私、R&B色を強めてまだ無名だったAIとコラボした2003年頃の安室ちゃんにすごくはまってDVDもいくつか買いました。安室ちゃんのパフォーマンスは時代を越えてカッコいい。余談ですが、私のぼんやりした記憶によると、安室ちゃんって三宅健氏と一時期噂になってませんでした?

 

『新しい地図』の件ですが、一報をきいて思ったのが、

 

NEWSMAPて。痛々しいぜ。

 

でした。

もう後ろを振り向かないで「SMAP」の肩書きは捨て活動したらカッコいいな、と思ってたのに、思いっきりSMAPとジャニーズを連想させるし!

 

逃げようとか解き放たれる、とか、ジャニーズ事務所そんな嫌だったんかーい!そのわりには利用する気満々かーい!

 

立ち上げはセンセーショナルに、耳目を集めるようなやり方で、に則した方法だと思うけど、やっぱり自担が属してる会社を悪く言われる(そう受取られるようにリードする)のは、自担が批判されてるような気がしていい気しません。

 

批判されるとしたらジャニーズ事務所であって、そこに所属してるタレントたちではないんですけどね。そこ私は混同しがち。「ブラック会社にいつまでも居続けるの?いつまでも消耗し続けるの?それでいいって思ってるの?」って自己啓発系の、ブログでご飯食べてる人たちに言われてるような居心地の悪さ。いやいや、あんまり説得力ないっすよ。

 

こじんまりした私のツイッターのTLでも喝采を叫ぶ人、怒りをあらわにする人、意見は真っ二つ。 どの意見にも一理あって、ぼんやりと「痛々しい…」とだけ思った私はなんだか打ちのめされました。そして疲れた。

 

私、出来るだけバランスをとって生きていたいタイプなんですよ。極端な意見は持ちたくないし、できるだけ色々な視点から物事を見たいんです。でもツイッターに溢れる意見は振り幅広すぎて見ててグラグラしちゃう。私はネットだとしても匿名じゃないと言えないようなことは言わないようにしてる(除く妄想)けど、日常生活で人がどんだけ本心を隠してるのか考えちゃいますね。

 

ツイッター疲れたと呟いたら、フォロワーさんが、意見には良い悪いはなくて、ただそれを自分がどう受けとるかだから、見てザワザワする意見は自分のなかに入れず一意見として流していくようにしてます、と教えてくれてなるほど!!と心から感心しました。この極意色んなところで使えそう。

 

それに私にはジャニーズ事務所がそんなに悪いところには見えないんですよね。これはNEWSにはまる前からそう思ってました。例えば、同じような男の子グループに対して共演NGにしたり、そういう裏で手を回すようなことは確かにあったんだと思います。でも、一風変わってるけど、家庭的な芸能事務所で、事務所にいるタレントさんにはすごく手厚いってイメージが昔からありました。だから、SMAPの独立でジャニーズ事務所がここぞとばかりに世間から叩かれてるの見て、そんなことないよー私昔から知ってるけど、ジャニーズそんな悪くないよーって言いたくってこのブログ始めた感があります。

 

だから「新しい地図」の、世間一般のジャニーズ事務所への悪い印象を利用するようなやり方にはちょっと同意できないです。あと、これがほんとにあの3人が考えた仕事なのかなぁ?ってのもあって、悪い大人に利用されてないといいけど....って40過ぎの男にそんな心配しちゃいます。

そう、私、小さい頃からアイドルでスターな男性に対し、「一般常識が欠落した、年を重ねても子どもで大人になりきれてない男性」って先入観がぬぐいきれないんですね。これは、私の年齢のためでもあるし、いつまでも過去に執着してるようなアイドル崩れの男性をみることが多かったからだと思います。なので、30年ぶりぐらいにジャニーズに戻ってきて一番驚いたのが、今のアラサー以下のタレントたちの思慮深さ、先を見通せる賢さでした。

 

SMAPは、アイドルを長く続けることの先駆者で、だからこそこのような終末を迎えざるをえなかったんだと、パイオニアの宿命みたいなものを感じます。だからこそ解散後はSMAPに囚われることなく、取りこぼした青春を取り戻すような、各々の幸せに邁進して欲しかったんです。でも、さすがにこれぐらいのネームバリューと経済効果を考えると、周囲がほっとかないんですね。

 

ジャニーズにぶつけていくことが3人の思惑なのか、芸能界別勢力の思惑なのか、そんなことは興味ないですが、これにより、ジャニーズがどう変化していくのかはものすごく興味があります。

やっぱり好きでも時代遅れな面は否めない。最近のジャニWEBでセクゾの健人君が「写真をもっと増やしたいからデザインリニューアルするね」ってなことを言ってるの見て、そうだよなぁ、20歳ぐらいの子にとってこのブログじゃ伝えたいことも伝えられないよなぁ~って思いました。このSNS時代に、あの「転載禁止」と言わんばかりの©Johnny&Associatesの文字付の写真。転載しようにも一般人のブログばりに顔が映ってないしー。

ほんと、玉森君と小山君のドラマがはじまるというのに番組のツイッターに他の共演者と違い、2人の顔だけ載ってない&なんとか本人写真抜きで視聴者に伝えようとしてくれてるの見ると「ほんとにすいません、うちの事務所頭固くって」って謝りたくなります。

ジャニーズのこういうところ、ネタとしてはすごく面白いけど、実際問題機会損失はなはだしいので早くなんとかして。全世界の人に見てもらいたいのは少クラだけじゃないよ!音楽配信も早よ!

 

でも、またこれも別の方に教えてもらったんですけど、これでもジャニ事務ちゃんはがんばってるんです涙。みんなあんまり責めないで。

だって、昔はジュニアのファンクラブ(情報局)に入るのに、表面に住所氏名を書いた10~12枚!のハガキを封筒に同封してファミリークラブに送ってたそうです。1996年とか97年だから、平成の話ですよ。そのハガキにドラマや舞台やコンサートの告知が印刷されて自分に戻ってきてたそうです。12枚全部が戻ってこなかったこともあったそうです。もちろん白黒印刷で。試しに「Jr. 情報局 ハガキ」で画像検索したら、爆笑しちゃいました。町内会のお祭りのお知らせみたい....

だから、今、ペイジー支払とかQRコードチケットとかすごいがんばってるんですよ。この怒涛の情報化社会に遅ればせながらもついていって、今後ますます、タレントたちは自由に画像をアップしたり、Youtubeで世界に発信したりしていくんだと期待してます。

 

最後はまた、『ジャニーズ面白あるある』になっちゃいました。

でも私としては、「不都合や不便さもあるけど、それを超える幸せや喜びがこの仕事にはあるし、自分にとってはジャニーズにいることで可能になることだし、事務所が作り上げた文化に参加できることは光栄だし。もちろん、時が来たらここを離れることも念頭にいれ、でも今は出来る限りこの場所で仲間と一緒にがんばりたい。」って想いでみんながんばってると思うんですよ、やっぱり!

 

(追記: 書いてから読み直したら、「過去やSMAPに囚われず頑張ってほしかった」と思うのは、SMAPではなくファンでもない私の希望で、彼らの30年間はそりゃ消えることないし大事にすべき歴史だよなぁ…人生の半分以上だし。って思いました。だから彼らがSMAP時代をどう扱おうが、それは彼等とファンの人の自由だし私が考えたりすることではないのかもしれない。)

 

(追記2: よくみたら、Jr.情報局のハガキ最近のだった!!マリウスとか風磨とか、H25って書いてある~!ますます頑張れ!頑張れ!ジャニーズ事務所!ネット頑張れ!お母さん、大丈夫、やればできますよ!分からないことあったら私にきいてください!ってスマホ使い始めた義母応援するみたいに思いました。ジャニばっかりみてるとこれが当たり前になって、「新しい地図」の展開の早さにビックリして目が覚めた気分です。)

シゲフェロ、すごかったです!

こんにチワワ!

前回の記事でブドウ狩りにいったテゴシゲのこと子犬が二匹じゃれ合ってるみたいだ、なーんて書きましたけど間違ってました!!

あんなに色気のある子犬がどこにいますか!!眠そうな犬から色気感じたことあります?!

 

 

これで感想終わらせてもいいと思うんですけど、そこはシゲオタの性。無駄に文章重ねちゃいます。

 

今回のMステ期待値相当上がってました。

Mステから出された「フェロモン対決」なる謎のお題目。対するはSexy Zone。下はマリウス葉17歳、上は中島健人23歳、一回り年下の(松島くんが増田さんの大ファンだということを覗いては)特に接点がなさそうなグループ。これは一体....?

 

しかし、私と手越君は思いました(多分)、相手に不足無し!

曲目が発表になる前から私の脳内では、顔面偏差値東大級佐藤、ラブホリ中島、ジャーマンロイヤルマリウス、セクシー餅風磨、視線泥棒松島、キャスター小山、底なし沼増田、金髪天使手越、そしてエロス無限大加藤、この9人がのぼりを立て、関ケ原でくんずほぐれず戦ってる姿が見えました。

 

確かに相手には若さと三浦徳子先生がついている....しかし、我が軍も顔面の美しさとファンサの華麗さ、トンチキ曲では負けてはいないっ!

 

そして発表になったのがまさかの「Ladyダイヤモンド」vs.「チャンカパーナ

神曲vs.神曲!!原点オブ原点!!

 

そして戦いの数日前に「まっすー髪の毛黒くしたらしい」との情報がもたらされ、「まっすー頭黒いのかな、でもまっすーのことだからまた染めてるかもな、でもやっぱ黒かな、うぅーんどっち~」と巡らせてるうちに当日を迎えました。戦いにそなえて12時からスタンバイ。後ろの宮田君を探しつつ、ABC-Zの塚ちゃんに泣きつつ、はっしーの激やせを心配しつつ、夜の部を待ちました。

きたっ!ピンクと黒の衣装!大好きなやつ!勝った!

まっすー髪黒い!勝った!

 

ちょ、シゲ!それあかんて!

慣れない関西弁が口からでてきちゃいました。

 

シゲ、ボタン外し過ぎじゃね?

シゲ、眠そうじゃね?

シゲ、頭ぼさぼさじゃね?

シゲ、眠そうじゃね?(二回目)

てか、エロくね?

 

単に眠かったのか、小山さんいなかったせいなのか、既にフェロモン対決モードだったのか、知りませんけど、後ろの席に座ってる気だるそうなシゲの上半身から醸し出されるフェロモン、略してシゲフェロ。

あー、ちょっとこれは連休の夕方家族でワイワイ歌番組見るテンションには相応しくないぞ。

 

東南アジアのリゾートでじんわりと汗かきながら、もしくは無機質なホテルの一室で白いシーツの中から、もしくは、うらびれたモーテルで生地の薄くなったソファーにだらしなく座ってみるやつ。食卓のホットプレートでお好み焼きジュージュー作りながら夫と子どもと視聴するテンションじゃない!

 

 

シゲフェロにあてられて、自宅に居場所がない!居ても立ってもいられないってのは比喩じゃないんですね。

 

歌い慣れた曲に顕著な『曲が始まれば何も考えずに体が勝手に動く』感がすでに常時セクシーなのに加え、御本人も『フェロモン』を意識されたのでしょう、いつもは表に出してない『フェロモン』『セクシー』が表面に浮き上がってきてですね....

 

コンサートの時の自分に酔ってる時とは違う、観客を意識した、『俯瞰が混じってるセクシー』なんですよ。

 

もうイントロで4人繋がってるところからキテるですけど、

特に、「一人じゃ寂しすぎる夜さ」のしなり

「褐色のブドウだね~」とブドウに見立てたマイクをひと撫でして立ち上がってマイクスタンドに収めるまでの一連の動き

「痛いほど君が欲しいよ」のいつもよりどこか乱暴な手の振り付け

「俺のうーでーにしがみついた」の目つき

最後の「チャンカパァァァナーーー」の手をヒラヒラで前髪が顔にバサッとかかるとこ

 

はマジヤバいです!!発汗してきます。

これが「シゲが解釈するフェロモン」なことに大興奮です。シゲのセクシーフェロモン大正解だよ!セクシーってこういうことだよね?ってこれを提示してきたシゲ.... きぇぇぇぇえぇ

 

変な声でちゃいました。

とりわけ、テゴちゃんに続いてシゲまで「好きなんだよ、マジで」といい、しかも「マジで」と言いながらフッ....と表情を和らげるところ。

 

この「フッ....」って男の主人公が恋に悩んで自嘲的に軽く笑う、みたいなの、昔の少女漫画でよく見た気がしますけど、シゲは今日本一「フッ....」が似合うと思います!

いい!マジで恋しちゃってるんだけど、そんな自分を俯瞰で見ちゃう男、いい!

 

ちなみに、「好きなんだよ、マジで」と私も昨日の深夜、トイレの中で試しに一人呟いてみましたが、「好きなんだよ、、ブヒャヒャヒャ」って途中で吹きだしてしまったので、ほんとにジャニーズってすごい!まっすーのも聴きたかったな。「好きなんだよ、マジで............(余韻)」で尺は合うと思うからさ!

 

フェロシゲは無礼講だと思うのでさらに付け加えると、「好きなんだよ、マジで」ってシゲ実際に言う事あるかな~なんて想像しちゃいました、えへへ。多分女の子に「ねぇ、私のこと好き?」とか「愛してるって言って」とか言われて、「あぁ?.......ああ、好きだよ、愛してるよマジで」とか言いそう。普段は「めっんどくせぇなあ!」とか笑ってそうだけど、必死な時は早口で上記のように言ってそう。(必死な時がいつかはご想像にお任せします....)

 

いやーシゲはやっぱり天性の役者だね!

ぜひラブストーリーやってもらいたい!

 

勝敗ですけど、うん、両軍良かったよ!もう勝ち負けとか関係ないよ!

フェアプレーとリスペクトと、ジャニーズスポーツマンシップに溢れた素晴らしい戦いの後は、爽やかな空気が漂ってました。

フェロモンさえ爽やかに薫らせる、ジャニーズの素晴らしさよ。

ジャニーズってやっぱりいいですねー。

 

他にも色々言いたいんですけど、お昼休みが終わりそう!

昼休みにこんなこと書いてる大人ヤバい!

短いけどこれにてドロンします~! 

 

 

昼も夜もおいしい。(2017/09/15 少年倶楽部プレミアム感想)

 一説によると、人が目にして一番心安らぐ色は黄緑色なんだそうです。

そして何かを15秒以上見つめることは多幸感に繋がるそうです。現代人は絶えずパソコンやスマホの画面を見てて、なにかを見つめることをしないので心が安定しないそうです。それを踏まえてこの画像を15秒以上見て下さい。

f:id:yuzukonbu:20170917214924j:plain

 

f:id:yuzukonbu:20170917215755j:plain

 

晩夏の光が降り注ぐブドウ棚の下で歓談する人々....

まるでルノワールの絵画のような....

 

どうですか?なにか多幸感のようなものが体から生まれてくるのを感じませんか? 

 

【テゴシゲポイント】

  • バスの座席後ろからみた後頭部がかわいい。
  • 二人とも人見知り。手越くんの「初見の人とは…」初見って言い方ジワジワくる。
  • ブドウのもぎかたに一人っ子のマイペースでちゃう。
  • 「で、どうなるの?完成はなに?」って、ブドウ足で踏んでジュース作るくだり、手順説明される前に早く結論知りたくなっちゃうシゲがすごいシゲぽい。
  • シゲの「なっちゃん ワイン好き?」って横澤さんに話し掛けるの、くぅ~好き。全国のなっちゃんおめでとう!
  • なっちゃんがサングリア自作するってきいて、シゲ「そういう女子?」←なんかすごい嬉しそう。シゲガールたるもの、やはり料理好きでないといけないか…
  • コーヒーフロートにバッカス入れたの見てシゲ「インスタグラムにのせるやつじゃん」そういうこと言うところ、好きだよ。
  • ブドウ足で踏みながらシゲ「あッあッ近い近い」なんかいいな....
  • とにかくロケ途中でワイン飲んでるから二人ともテンション高くていつも以上におかしい。
  • 肩を組みながら密着してブドウを足で踏む男性2名。
  • シゲがちょいちょいセクシーな声「あッ」「おぅ」出すから想像膨らんじゃう。
  • シゲに「リズム決めようぜ~ 16ビートで(ブドウ踏む)」って言われて素直に従う手越、案の定動き激しすぎてジュースこぼす。
  • 手越くん、大概素直。
  • この顔で、(今日お母さんいるからブドウもって帰ろ~)って思ってるのか…
  • 全体的に、ほんっと男子って馬鹿ねぇ~♡って感じ。
  • 同じクラスの加藤と手越って感じ。
  • このふたりが同じクラスってどんな少女マンガ…

 

で、ここまで書いて夜になってまた見返して思ったんですけど、実はこの後のコヤマス、ヤバくない??

テゴシゲはまるで子犬がじゃれ合ってるみたいだったんですけど、コヤマスの30代前半男性のお色気にドキドキしたんですが!

 


f:id:yuzukonbu:20170918020428j:image

 

夜のNHK/夜のバスツアー/夜の空港/夜のファーストクラス/夜の振動(飛行機が飛び立つ時の振動ですよ)/夜のワイン/夜の新大久保/夜のネパール料理店....

 

夜って付けただけでこんなに色気つくとは!!

 

想像してみて下さい、飛行機乗ってあの二人に挟まれること....

絶対いい香水の匂いするでしょ?!.

トイレ行く時「失礼しますーすいませんー」って言っても絶対足絡まるでしょ!(私はエコノミーしか乗ったことありません)

機内食とか受け取る時も絶対隣の人経由で受け取るでしょ!

ヨーロッパ行くなら10時間以上隣同士だよ!

10時間以上隣の人とどっちがひじ掛け使うかの無言の攻防だよ!(くどいけどエコノミーしか知りません)

隣の人と肘触れ合うか触れ合わないかが10時間以上続くんだよ!

もう隣の人の香水の残り香自分に移ってくるよ!

とりあえず喋んないのも気まずいからなにかのきっかけで話すよね!

----------

帽子のお兄さん「あの」

私「はい?」

帽子のお兄さん「機内食のこのお肉、なんですか?」

私「え、チキンって言ってたけど(食べる)うん、鶏肉です」

帽子「そっか....」

私「苦手なんですか?」

帽子「いや、僕、なんかよく分からないものって食べるの怖くて。ごめんなさい、変なこときいて」

私「そうですか 笑」

帽子「あ、あの、この映画良かったですよ~(話をそらす)見ました?」

私「ごめんなさい、さっきすごい泣いてるの見えちゃいました笑」

帽子「うわ、恥ずかしい」

私「ローマに行かれるんですか?」

帽子「そうです、仕事で。そちらも?」

私「いや旅行です。(何の仕事だろう....野球帽かぶって)」

帽子「ローマのレストランとか詳しかったりします?!」

 -------

などなど....やや偏食ぎみの帽子のお兄さん(小山氏)と話が弾むんですよ、きっと。このあとローマのおすすめのレストラン紹介して、ついでに連絡先交換したりするんですよ!ローマで一緒にご飯食べるんですよ!

 

となりのワンレングスヘアーのお兄さんはアイマスクしてずっと寝てるのはいいんだけど、私の肩に頭乗せてるんですが....結構重い....髪の毛からいい香りが漂ってくる....しかしこれは困る。トイレ行きたいし。

------

私「すいません、ちょっと」すっと席を立つ

ワンレンお兄さん(ビクッ!)「あ、ごめんなさい!」

トイレから戻ってきたらお兄さんはもう起きててこっちを見て両手を顔の前で合わせてゴメンねポーズ。

ワンレン「ごめんね、俺肩借りてたね!重かったでしょ。こう見えてけっこう重量あるから」

私「いや、大丈夫です(ふ、フレンドリーだな)」

ワンレン「エコノミーって狭いねー」

私「そうですね(私それしか知らんし)」

ワンレン「ローマから先に行く人?」

私「あ、ミラノです」

ワンレン「マジ?俺もそうなの。もしかしてピッティウォモ(服の展示会)行く?」

私「あ、そうです。そっちも?」

ワンレン「うん。服見て、ファッション関係かなーって思った~」

私「そうッすか」

ワンレン「良かったら一緒に行かない?」

-------- 

ワンレンお兄さん(増田氏)は好みのタイプには直球で行くと見た!ワンレンお兄さんが女を口説いてる姿が想像できないんですけど、ガッと行ってグイッとするタイプだと思われます!最初はファッションも奇抜だし得体が知れないと思っていても、ミラノのネパール料理屋でギョウザを美味しそうに食べるお兄さんの横顔がすごく綺麗なことに気が付いてしまうんですよね~分かるぅ~

 

そんな気は無かったのに、妄想が進んでしまった。

 

ブドウ園でテゴシゲとキャッキャ遊んだ後、空港に行って内緒でコヤマスとランデブーしてるような背徳感があるな....

山梨で彼氏とブドウ食べてたはずが、ローマで愛人とワイン飲んでた。みたいな。

ごめんよ。 

 

そのころテゴシゲは、 

f:id:yuzukonbu:20170918013943j:plain

anniversaryのスペルを「Nって2個だっけ?」と手越に確認するシゲ。顔も上げず「2個!」という手越と、それをきいてなにも言わずNを2つ綴るシゲ。同じ塾に通う友達同士?

か、かわいい....

 

かわいいのもカッコイイのもどっちもいける口です!ごちそうさまでした!