ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

Produced by TAKAHISA MASUDAが最高で言葉にならない(2017/11/17 ザ少年倶楽部プレミアム感想)

こんにちは!

ホットヨガに行ったらインストラクターが若い男性で、昨夜の小山さんの仕上がった裸を連想せずにはいられなくなり、グイグイ水飲んでドバドバ汗かきました。

あのドラマ(重要参考人探偵)での小山さんの役どころほんと面白いんですけど!昨日もなかなかでてこないなーと思ったらいきなり上半身裸(どうぞじっくりとお楽しみ下さい、といわんばかりのカメラワーク)に滑舌の良いセリフ回し、往年の大映ドラマばりの大げさな効果音「バァァサ!!」(伝わるかな....)と共に服を華麗にまとい歩き出す斎様。ぷぷぷぷ....

あー小山さんがホットヨガ教えてくれたらもう昇天しちゃうわ。

温度38度湿度60%の照明を落とした中で、あのいい声で「息をー、鼻から深く吸い込みながらー」と指導されて、汗流す小山さんを見ながら意識をふかぁ~いところまで持っていって。小山さんの茶色い前髪が汗で濡れてて唇がつやっとしてて。小山さんがそっと私の体に触れて正しいポジションに誘導してくれたりして!!

....なんかまた発汗しそう。

 

厳しいところもある小山さんは教師にぴったりだと思うんですけどいかが。

昨日のロンハー、なんで慶ちゃんがこの番組でてんの?って最初思いましたけど、すごい違和感なく混じってて、女の子の部屋についてダメ出しする小山さんの発言思わず私メモっちゃいました!(芸能人の女の子の自宅について男目線でジャッジするという内容でした)

 

小山さんのコメント:靴箱が乱雑、消臭剤を置いて/室内がガチャガチャ/(冷凍庫のアイス見て)アイスのストックは男女で楽しめそう/あのシャンプーと洗剤の状態/(女の部屋着見て)家行ってこのかっこうならイイ/部屋着に隙があって良い/お風呂のつっぱり棒は良い/玄関から猫推しが強い/VTRを見るのが辛くなってきた/闇を感じる/靴の種類分けと収納が見事/靴箱の消臭剤○(靴箱の消臭剤への言及2回目)/自分だけの部屋があることに共感 等々

 

部屋着に隙があるのを好むのと、靴の収納と靴箱の消臭剤へのこだわりを感じました!

なんていうのか、慶ちゃんが元々もってる軽さ、チャラさ、厳しさと、口調の確かさ(好青年ぽさ)が交わって味わい深かったです。こういう企画すごく向いてるのでは?

 

なかなか肝心の少クラプレミアムの話に行き付かないのは、少クラ~ロンハー~重要参考人探偵と慶ちゃんを見続けるフライデーナイトしてたら、もーーー小山さんたら!って目が離せなくなっちゃったからです。

 

最後の素晴らしいまっすープロデュースのエンディング。天井を仰ぎ見、弾む息を押さえやり切ったような良い表情を浮かべる増田さんの隣で、シゲをギュッと抱く小山さん。

もー、小山さん!今ここでそういうの要らないからさー!って一瞬イラっとしたんですけど、あー、ここでシゲを抱いちゃう小山さんってやっぱり憎めない!

それに、ギュッとされたシゲがすごぉく可愛いかったんですもん。

慶ちゃんに抱かれた状態でパンクキッズがするようなハンドポーズと表情をしてから、抱きついてる小山さんと顔を見合わせて満面の笑みのシゲ。誇らしげにこちらに向き直る二人。

 

なんなん?付き合ってるん??

コヤシゲできてるなら別にそれはそれで構わないし応援するし!

 

全般的にこのプレミアムショーの小山さんがチャラくて若くて。とても33歳には見えなくって、増田ソロが終わり、まっすー一人でステージに居るところに入ってくる、黒いパーカー着てフードをかぶりサングラスした小山さんのこと、ジュニア入ってきたと見間違えました。

 

私はダンスとか音楽のこと無知なので詳しくは分からないんですけど、まっすー渾身のこのショーはほんと素晴らしかった!!ここ数回のうちでも自分的に最高でした。

ブログにこの気持ちを残しておこうと思ったんですけど、言葉が追いついていかない。

 

まっすーカッコ良かった!

まっすーすごいよ!

MADEもかっこよかったー!

4人の歌割り最高だよぉ!

まっすーの前髪からの鼻のライン最高だよぉ!

シゲの男性性と女性性行ったり来たりするのなんなん?!

てごにゃんの顔キレイー!

この曲好きーー!

CLAPしてるシゲーーー!

シゲのお腹見えてるー!

今夜は離さない!離さないで!

 

私って理屈っぽくて、いつもはコレコレこうだから好きとか、好きな感情を整理したり紐づけしたいタイプなんですが、このプレミアムショーに関してはもう言葉が追いつかない。何度見ても新しい発見があるし。

もうただただ、新曲「JUMP AROUND Produced by TAKAHISA MASUDA」が早よリリースされて欲しい!できれば両A面で!今のNEWSをたくさん見たい!好き!って気持ちです。

あーーーー、好き!

 

シゲにちょうだいちょうだい!って言われたい。

ほんとタイトル通りでTwitterにでもつぶやいておきなよ!って内容なんですけど。

 

昨日のKちゃんNEWS(ラジオ)でシゲが小山さんに

 

ちょうだいちょうだい!靴下マジちょうだい!

 

って言ってて。(※手越の誕生日プレゼントなにあげるかという話で、慶ちゃんが手越に靴下買ってあげようかなって言ったらシゲもちょうだいちょうだいってねだってた)

 

○○ちょうだい!って言います?

私もう長い事口にしたこと無いんですけど.... 

 

まず、「マジちょうだい!」って小山さんに向かって言ってるシゲの顔がどんななのか思い浮かばない。ビビットで社会ネタに真面目コメントしてる人と同じ人だよねぇ?NHKでソロ曲「あやめ」披露してた人と同じだよねぇ?

 

30歳の男が33歳の男にちょうだいちょうだい!って。

色んな種類の靴下ちょうだい!って。

以前も小山さんにチョコちょうだい!ってねだってたな。

 

…シゲはずるい!!

ちょうだいちょうだい言えちゃう「愛されて当然」な感じも、そんな自分を小山が可愛いと思ってることも分かってやってる!

 

ちょうだい!って言ってる時、シゲの目はキラキラを増すんだろうか。

ああ、シゲの目を輝かすことができる小山さんが死ぬほど羨ましい。

シゲ担が慶ちゃんになって靴下ねだられたいって思うように、小山担はシゲになって靴下ねだりたいって思うんだろうか。

 

私、いまだに2日に一回はNEWSの2015年ツアーのDVD「WHITE」を見るんですが(DVD代金の元取るどころか収入得てるレベル)、アンコール前のステージ裏、シゲにまっすーがキスしようとするところを見ては、ハァァって溜息つくんです。まず、まっすーってそんな自分からキスしたり腐っぽいことしないんですけど、コンサート終わりでテンション上がっちゃったのかな。ファンの子もキャーというより「ええ うぉぉぉぉぉ ザワザワ」ってどよめいてますよね。あのときのシゲの笑顔がですね....可愛くて........ 

 

もうもう、こんな顔でメンバーに接してんの?!ずるい!!可愛い!くやしい!つらい!すき!

 

わたしもシゲにちょうだいちょうだいって言われたいーーー

 

ってとこからの妄想です。

多分、チョコとか靴下とか少額のものを真面目にちょうだいちょうだいするのが絶妙に可愛いという結論は既に出てるのですが、ナニをちょうだいされたらうれしいかな~。

 

1、合い鍵ちょうだい

いやー、ないな。シゲはそんなこと言わない。

「あのさー、あれだったらオレ預かっておこうか?そのほうが便利じゃね?どう考えても。」と合理性をアピールしながら合い鍵を奪っていく男だわ。

 

2、お前をちょうだい

そんな昔の歌謡曲みたいな事は言わない!笑

だいたい、私彼女のこと「おまえ」って呼ぶ人苦手だし。

 

3、小山をちょうだい

あ、でもこれはピンとくるな。「いーから!小山をちょうだい!!」

状況は見えないけど、焦ってるシゲの姿が見えた。

 

4、100円ちょうだい

なんだろね、水買いたいけど小銭無いのかな? 130円渡しちゃうよね。「悪い!ありがと!」って去っていって、多分借りたこと忘れるタイプだね彼は。

 

…あまりの実の無い妄想に自分でもびっくりしてます。

コヤシゲのラジオは、あれ?楽屋の隠し撮り?これ聴いてても大丈夫?って感じになります毎回。そうかー、心開いてる人間の前ではこんな感じなのかシゲ。と思うとなんかワナワナしてきます。

 

で、多分シゲに靴下買ってきてあげても、『あ、こういうタイプの靴下かー、おれこういうのは履かないんだよねー 』って悪気なく言われて、せっっかく買ってきたのに!!って自分の好意が無にされた気がして悔しくて悲しくて涙目になるところまで思い浮かべました…   まずはありがとうだろ、と!!

メンバーも言ってましたよね、シゲって誕生日プレゼントあげても「スゲー!!」とは言うけど「ありがとう」は言わないって。

 

ま、私もそういうところがあって、若い頃人に指摘されたので過剰に感謝する大人になってしまいました。過剰なありがとうっていうのもなんか嘘臭いんだよね。

 

今日すごい疲れて帰ってきて、夕飯食べてソファーでうとうとしてたら息子が折り畳んだ小さい紙持ってきて。開いてみたらそこには、

………………

 

○○ちゃんへ   (←私の名前)

 

すきです。

 

 

シゲより

 

…………………

 

って書いてあって。

ハッ!神が息子の手を使ってシゲの想いをわたしに伝えにきたのかっ!と錯覚するほど疲れている&シゲに心を奪われてるのです。

 

こんなこと書いてくる我が息子可愛い~じゃないところが私らしい。というか、私のシゲ好きは、我が家ではもはやネタとして扱われているのです。学校から帰ってくるとNEWSのDVDがデッキに入ったままだし、オレが学校にいった後でNEWS見てるでしょww音量がでかくなったままだし。今日も見てたでしょwwほんと好きだよねクスクスwwと言われた。

 

そう、私もなんでこんなに好きなのか分かんないんです。

確かに妄想してるとすごい癒されて、そんな妄想を許してくれるシゲに感謝するというか。別に許されてはいないけど。シゲ本人を見てるようで自分の中のシゲを見てるような。偶像崇拝ってこういうこと?

でもNEWSがいるから毎日乗り切れてるのはほんとで。今日は会社の人間関係と殺伐とした空気にやられそうだったんですけど、シゲの「ちょうだいちょうだい」を思い浮かべて頑張りました。

 

感謝かんしゃ。

 

ほんとにどうでもいいことを書いてしまって公開するのためらうな…

 

デビュー時のDVD「NEWSニッポン0304」を見た感想

ふと中古CD店に立ち寄ったら「NEWSニッポン0304」がありました。ちょうど11月11日手越君の30歳のお誕生日当日でもあり、これも何かの縁、と購入しました。(NEWSに関してはすぐに縁とか運命を感じるタイプです)

 

このDVDは2003年9月のグループ結成から翌2004年正月のコンサートまでのNEWSの活動、特にワールドカップバレーボールのイメージキャラクターとして各地を回る彼らをドキュメンタリータッチでまとめたものです。

 

いやーーーーー。

若い。

特に手越祐也君。

手越と呼び捨てにするのためらうほどのおぼこさ。

序盤で「NEWSでデビューと知ったときの感想」を各々インタビューされるのですが、

 

とりあえず、おかあさんはビックリしてました。もう入れたんだ!って。誰がいるの?ってきかれて、山下君とか、関ジャニ∞の錦戸君とか内君とか、増田君とか、シゲ君とか、って言ってくと、すごいテレビに出てる人たちで大丈夫なの?って心配もされたんですけど、僕は大丈夫かっていうことよりも入れたことが大きかったです。

 

f:id:yuzukonbu:20171113015946j:plain

 

f:id:yuzukonbu:20171113020009j:plain

 

f:id:yuzukonbu:20171113020031j:plain

 

ですって!

 

他のメンバーが若いながらもそれなりにルックスや受け答えに芸能人風を吹かせるなか、子どもが紛れ込んでしまった感が強すぎます。(しかしシゲと手越は同じ歳)

 

f:id:yuzukonbu:20171113021414j:plain

新幹線で寝てるこの首筋完全に子どもの細さ。隣はまっすー。

 

 

他のメンバーもNEWSでデビューときいた時の感情はさまざま。

 

知らないうちに事が進んでて気付いたらバレーボールしてて(山下)

急すぎたから喜ぶ暇もなかった(内)

すごい嬉しくて。自分が入ったことが嬉しくて、一個目の夢が叶ったみたいな(増田)

嵐のデビューする様子を入所したてで見てたので自分がそうなるのが嬉しい(加藤)

すごい嬉しくて、同時にプレッシャーが来ました(小山)

えー!俺ー!?みたいな(草野)

まず何を言うてんねん、と。全然理解できなかったですね言うてることが。NEWSってなに?って。喜びもありましたけど、なんやろな(インタビュアー:戸惑いとか?)そうですね、まず困惑でしたね。なんや?なんでしたっけ?俺何話してるんですかね笑(錦戸)←錦戸さんの戸惑いと優しさが伝わってきてなんだか切なくなった。

 

CDのジャケット撮りとはきかされず、錦戸くんと一緒に来た内君。なんやろ?ただの雑誌の撮影?なんかいつもと雰囲気違うな、と控え室に入ったら『ちっちゃい子』がいて、第一声が「お前誰や?」「て、手越です」「だ、誰や!」「今日撮影があって」「お前、ジュニアなんか?」「はいジュニアです」「はじめましてやな?」「はい、はじめましてです」「そっかそっか(なんでこんな子がおるんやろか....?なんやねんこの撮影?)」※内と手越は一歳しか違わない

 

関西人はほんとにトークがうまいなぁって内君の手越ファーストコンタクト話には思わず笑います。しかし、この内君の軽妙さや社交性が数年後彼を思わぬ事態に追い込む要因にもなることを私は知ってるので、なんだか気の毒な気がしてきます。

 

その時に撮影されたジャケットを見ると、山Pを中心として外側に向かって小山シゲ草野森内、そして反対側は内錦戸増田手越と並んでいます。NEWSは山Pと錦戸君のカラーが強いと思っていたので、このトリオが前3人で出てることが意外でしたが、この小山・山P・内の並びは実はけっこうバランスがいい感じがしました。2003年当時、繁華街でたむろってるリア充な若い男の子の集約って印象です。

 

 

バレーボールデビューとは

とにかく国内主要都市のワールドカップバレーボールに赴いてそこの体育館でNEWSがパフォーマンスするんです。

この、ワールドカップバレーとジャニーズの組み合わせ、私も昔から不思議でした。ほんとに「ワールドカップ」なのかと大会自体を疑いたくなる、必然性を感じないジャニーズの歌。バレーボール業界とジャニーズ事務所的にはWin-Winなのだろうと推測はできるけど、一般人の私から見るとなんだか見てるのが気まずくって、これはジャニーズの子たち本人もやりづらいだろうに....と軽く同情する気持ちさえ持ってたんです。

若きNEWSたちも、体育館の天井からつるした布に掴まってフライングしながら歌ったり、THEジャニーズ!してました。そして私が非ジャニオタ時代に心配していた危惧を感じないほど会場は沸き立ってました、まるでコンサートのようでした。

 

突如現れたグループ。結成即デビューした瞬間からファンがいて、本人たちさえグループやメンバーにピンと来てないときから人気グループであること。これってジャニーズならではだし、大変なことだなぁ。特にNEWSはその名が表す通り、その存在がニュース!という驚きを持って売り出すのが一つのテーマのようで、このドキュメンタリーにも、何も知らないメンバーたちを集めて「Youたち今日からNEWSだから」と神(ま、ジャニーさんですけど)からのお告げがあったらそこからどんな化学変化が産まれるのか?っていうのを楽しむという狙いもあるんでしょう。

 

ご存知の通り、化学変化はあまりスムーズには行かずメンバーは減っていってしまうのですが....

(森内君などは本篇にはちょいちょい出てきますがデビュー直ぐから既に幽霊部員のような感じです。)

上のインタビューでも分かるように最初から結構な温度差なので、8~6人時代が7年あったことが逆によく続いたな、と個人的には思います。

 

呼ばれていった台湾でのコンサートでは、とにかくエネルギーと若さ大放出!って感じで、ファンの前で盛り上がれるの楽しい!ステージ楽しい!って中、「こっちが元気あげに来たんだけどまた元気もらっちゃった」という山下さんはさすが経験豊かで冷静沈着な人なんだなと思いました。NEWSファンになる以前、歌番組の特番で山下さんが「サマーヌード」を歌い終わった後に(すいません)みたいな感じでお辞儀してたのを見てから私は彼のことを謙虚な人だと思ってます。

 

 

テゴマス

このDVD、とにかく手越君の幼さばかり目につくんですが、最後に急にやってきた未経験者で列の端っこにいて、どうみても一番グループに馴染めてない彼が、15年後にはこのグループを引っ張ってることがなんだかとても深いです。このDVDを手にしたのがちょうど手越君の30回目のお誕生日で、沢山の人の愛あるメッセージを読んだこともあり、手越の歴史=NEWSの歴史だな!って感心しました。

 

そしてその相方の増田さんなんですけど、驚くほど変化ない。まっすーは昔からまっすーだしこれからもまっすー。デビューで一つ目の夢が叶ったと語っていた増田さんは今も何番目かの夢をコツコツと叶えてる途中なんだと思いました。

で、いつも自分の視点がぶれないまっすーにとっては、変わらざるを得なかった今の手越も、昔の手越の延長線上なんだなって一番最近のJWEBのまっすーの連載見て思いました。

テゴマスってベタベタしないけど、まっすーにとっては手越はいつまでも可愛い弟みたいな守ってあげたい存在なんだなって、まぁそのことに気付いてめちゃめちゃ萌えました笑。最近まっすーのJWEBのテクニックが凄くてまっすーの手の内でNEWS担は萌え転がっております。

 

f:id:yuzukonbu:20171113013942j:plain

スクバ持った手越の前を歩いてるのがまっすー。共に制服姿。

 

 

コヤシゲ

このDVDの小山君が可愛くって可愛くって私何枚もスクショしちゃいました。

なんか、妙に色気があるんですよねー。まだ「男」になる前の中性的な色気が。高校生になってからのジャニーズ入りは珍しいけどさすがジャニーさんの目のつけどころ!!

ヤンキーの小学5-6年生で妙に色っぽい女子っていませんか?ああいう感じ。

この頃の小山さん、何にも考えてなさそうなところも可愛いのに、実はジャニーズ入りのきっかけが高校受験に失敗した事だったり、ご両親が離婚されてたり、そういう背景まで知ってしまうとより一層可愛い。セブンイレブンで自分たちのグッズ見つけて皆でひとしきり盛り上がったあと、内くんや山Pが「もうええわ」「恥ずかしい」と言って退店する中、慶ちゃんだけ「わぁ嬉しい、コレ俺ー。買っちゃおうかな」と、ジッと商品見ててほんと可愛い。

f:id:yuzukonbu:20171113014543j:plain

これ俺ー!

 

f:id:yuzukonbu:20171113014731j:plain

本番直前にブーツ履いてないこと思い出して大慌て

 

f:id:yuzukonbu:20171113015322j:plain

新幹線の中で制服のシゲにちょっかい。もちろん携帯はまだガラケー

 

そしてシゲ。この年頃のジャニーズの子の判別難しくて引きの画だと時々草野君とシゲを見間違ったりしました笑。

NEWSの夢をきかれて「NEWSになって、みんな混じって違うカラーになるっていうか、もっとはっきりした色になればいいと思うんです、ひとりひとりのカラーが。それがもっとカッコイイ色になってくればそれがユニット、グループとしての一番目指すところだなと思う」と言ってる加藤成亮君(16歳)は昔からすごく思考が深いんだな!ってまた好きになりました。シゲは、ほんとイイ男になったなー!!

 

 今や熱心なNEWS担しか見る事のないDVDだと思うんですが、文化財としても貴重だったので記事にしてみました。人に歴史あり、グループに歴史あり。

 

つけたし。

これ書いて寝て朝起きたら手越くんのW杯メーンキャスターとNEWSの新曲が決まってる世界だったーー!!嬉しすぎてつけたし。わーいわーい!

 

あっくんが少クラにやってきた!(2017/11/3 ザ少年倶楽部感想)

あっくん、佐藤アツヒロさんが少年倶楽部に出たらしい、金曜日の夕方ツイッターでその情報をぼんやり把握してさぁ見るぞ!と日曜日の午後に意気込んで録画再生したら最初の12分でなぜか録画が終了していました。ガーーン。藁をもすがる気持ちでネット検索。ありがとう某tubeにアップしてくれた人、おかげで全部見れました。

 

ガラスの十代」と「Winning Run」名曲をひっさげて、ローラースケートはいてクルクルとスピンするあっくんを小さなスマホの画面で見てたら、思わず「ううう...」と涙の嗚咽漏れました。かっこいいよーーあっくん!

 

高画質のテレビで見るとアップになったあっくん、やっぱり老けたなぁって思うのですが、よく考えると私があっくんを見てたのは80年代の終わりの中学生だった彼なわけですからそりゃそうだ、です。あっくんが老けたなぁなら、私なんて別人くらいに変わってるんですもん。

 

しかしローラースケートの腕は衰えてるどころかキレを増し、もともとあんまりお上手ではなかった歌は上手くなってるような...。なにより、Hi Hi JETという自分の子どものような年齢のグループに混じっても違和感が無い!すごい!あっくんがHi Hiに馴染んでるよー!歌い終わった後の観客のキャー!がお付き合いではない本気のキャー!なことに私大変満足し、そうじゃろそうじゃろ、と長老のような気持ちになりました。

 

長老ぽく言わせて頂きますと(私はあっくんが好きだった中学時代以降はジャニーズと接点を持たない生活を30年あまり続け突然ジャニーズに戻ってきた女です)、今回の少クラで貴賓として扱われていたあっくん、光GENJIの人気が低迷し解散した90年代半ば以降は表舞台に立つこともなく、逆に後輩たちが売れていき「ジャニーズ事務所」がブランド力を増す中、同じく一線を退いたジャニーズタレントたちと同様、ひっそりとジャニーズ事務所に所属していたという印象。

グループとしての光GENJIは伝説のアイドルでしたが、あっくん自身はおとなしい普通の少年だったので、あっくん個人としての「伝説感」は薄いアイドルだったように思います。

 

ですが、それは私があっくんと同じ年だからそう思うのであって、「緊張で足がガクガクした」橋本涼君や、あっくんの登場に興奮して変なテンションになった高橋海人君のような若い人にはもうそれはそれは自分が産まれる前ママが好きだったぐらいの、未知のなにかすごい宝のような人なんでしょうね。そのみんなのテンションにちょっと戸惑ってるあっくんが素朴で優しいあっくんらしくて微笑ましかった。

 

今回の少クラはオープニングから、ジュニア全員白いスーツ着て少年隊の「仮面舞踏会」を当時とほぼ同じフリで歌うという(あれ?今2017年だよね?1986年にタイムスリップしてないよね?)ものであり、あっくんの登場に至っては温故知新ここに極まりって感じでした。2年程前からジャニーズの温故知新ぶりが激しくなってると思うのですがどうでしょう。(余談ですがA.B.C-Z座の中で「A.B.C-Zビング・クロスビーと会って大感激」というシーンがあると知った。ビング・クロスビーってw ジャニーさんw)今回の少クラの前半も、もはや戦後からのジャニーさんの思い出の走馬燈の一部のような気がしてきました。

 

これは私の想像なんですが、あっくんのような辛抱強くジャニーズにいた人物をフィーチャーすることで、ジャニーズの良さが改めて分かるというか、若いジャニーズタレントたちへの指針を示す部分もあるんじゃないかと。もちろん時代は違いますが、ジャニーズの目指してる方向性というのが今のあっくんにフィットするから近年になって突然あっくんが解禁になったのかなぁとか。やっぱりジャニーズの持つ連続性とかファミリー感とかファンと紡いでいく歴史とか、そういったものって唯一ですものね。

 

私は、生まれてないような昔の先輩の曲を原曲通りでパフォーマンスするの、今の若い子たちにとってどうなんだろう?どういう気持ちでこれをやってるんだろう?って思うのですが、みんな「光栄です」という態度を崩しませんよね。そこらへんも面白いなぁって。最近のアイドルは素直な良い子たちが多いですよね、というか、元々「ジャニーズに入りたくて、アイドルになりたくて」ここに入ってきた子たちだからほんとに真面目に温故知新しているんだろうな。

 

あっくんも「昔のアイドルは『俺を見ろ!』って感じだった」って言ってましたけど、昔のアイドルってギラギラしててそれは何度かこのブログで触れているように、芸能界でなんとかしなきゃいけない理由が彼らの多くにはあったからで、別にアイドルで居続ける必要は彼らにはなかったんですよね。そういう人はカリスマ性があったけど、退社も早かった。

社会とジャニーズが時間を重ねるうち、(気が付いたらアイドルになってて、あまりにも子どもで何もできなかった、自分がグループのためになにもできないままに解散してしまったことを悔いている)と語ってたあっくんがジャニーズに残って、長い空白期間ののちに後輩たちに尊敬を持って迎えられてることが面白いなぁって思いました。一言でいっちゃうと河合君も言ってたように「続けることの大切さ」なんですけど、あっくんに肩入れしてる私は長年の彼の苦悩があったからこその今だなぁ、ってしみじみと感動。

 

あっくんはいつまでも私のアイドルですが、「アイドルとはなにか」は私にもあっくんにも分かって無い気がします。あっくんは「俺がアイドル?うーん、そうだよね、俺ってアイドルなのかな?よく分かんないなw」って言いそう笑、でもあっくんのそういうところが私好きなんだと思います。

 

アイドルとは何かという問いに対し、A.B.C-Zの橋本君が「要は個人プレーですよ、人の良さが表れるんです。誰が決めるわけじゃない。好きになってはじめてアイドルが生まれる」ってことをおっしゃってて、はっしーは本質をつかむのに謎に長けた人だなって感心しました。さすが最後に急にやってきて急にセンター任されただけあるな。あと、戸塚君の曲中の煽り、テレパシーOne! Two! の出だしの「ゲルマイハ!」も好物な私、とっつーの英語の発音とセリフ回しが好きだということに気が付きました。今日の本題とは一切関係ないです。

 

...長々と失礼します。

そうして、あっくんのことも光GENJIのことも30年近く忘れていた間も、時々ふっと光GENJIのアルバム曲「ぼくのーなかでいちばん優しい夢を君の瞳にあげーよう テーブルのイチゴジャムほーどのー甘さをのーせーて」ってフレーズが意識せず口から出てくることがあって*1歌とアイドルの力だよなぁって思ってました。今週も聴けた、セクゾの「ぎゅっと」ってとてもいい曲ですが、この曲も何十年かたってファンの人の口からふっと出てきちゃうんだろうなぁって思ったらちょっと幸せな気持ちになりました。

 

*1:「いつかきっと...」飛鳥涼作詞作曲 3枚目のアルバム「Hey! Say!」収録

応援という言葉に悩む、私の応援スタンスの話

アイドルを好きなことは自分にとってすごく個人的な事で、生まれて初めてのブログをはじめたのは、仕入れた知識が膨大すぎて脳内に収め場所が無かったから&変化していく自分の気持ちを記録したかったから、に過ぎないのですが、アクセス数見ると毎日500人とか1000人がこのブログ見てるんです。私の体感だと30人ぐらいなんですけど。とは、言っても日本の人口を考えると些細な数字です、当たり前ですが。だから私は今日も平和に楽しく自分の為のブログを書けるのです。あり得ないですけど毎日100万人が見てるとかになったら恐ろしくてもう何も書けないです。

 

単なる趣味の一つだったNEWS及びジャニーズ周辺(含む事務所社長の歴史)ですが、ブログやそれに遅れてはじめたツイッターで他のファンの人の動向を見ると、自分も「ファン」という大きなかたまりの一部の成すんだなぁとしみじみしてきます。なんとなく、一匹狼型のファンの人にシンパシーを感じてしまうのは、時々「ファン」でいることに居心地の悪さというか、そもそも応援って何だ?っていう気が時々するから。

 

夫が読んでたゴルフ漫画を借りたら、「良いことだけを褒めるのが応援の極意」とあり、なるほどなるほど!!と心に留めました。それなら出来る。人に何かをおススメしたりするのは苦手な営業ベタな私ですが、アイドルによって自分の心はこんな風に動いたとか、こんな風にジャニーズについて考えた、とか、そういった私の気付きや興奮が誰かに伝わって、その人が何かしら興味をもってくれたらそれは私ができる範囲の応援になるかな!なーんて思ってます。そもそもこのブログ読んでくれてる人は既にジャニーズにすごく興味がある人だと思うので、応援効果は少ないんですけどね。

 

私自身、誰かに布教されたわけでもなく、自分からストンとアイドルの穴(私にとっては沼ではなく落し穴の方がふさわしい)に落っこちたので、人は落っこちるときには周囲が何もしなくても落っこちるんです、そう、まるで恋に落ちた時みたいに。あえて言うならアイドルその人にグイッと手を掴まれて穴に引きづり込まれた、もしくはアイドルと手に手をとって穴に逃げ込んだ、みたいな。妄想の話じゃないです笑。

 

前にこんな風に書きました↓

 

ジャニーズの世界に入って驚いたのが、ファンがすごく熱く応援してること。私たちの応援=彼らの存続や活動の広がりと信じてる人が多くて、TVに映る芸能人は本人の能力及び業界のパワーバランスで決定されてると思っていた私には新鮮な驚きでした。その芸能人の奥に「ファン」という存在があることを意識したことなど無かった。でも、ジャニオタは、自分たちの応援がないとアイドルたちは活動できないと思ってる!そして、アイドルたちもファンあっての自分たちだと本気で思ってる!驚き!

 

関ジャムの宮田君見ながら思ったことなど。 - ゆずこんぶおいしい

 

NEWS穴に落ちてから2年経ちますが、まだこの驚きは続いてて。実は私はテレビ局や雑誌にお手紙も、本人たちにお手紙もほとんど送ることなく、(NHK「いのちのうた」の再放送希望と感想は手短に、シゲファンでない一般人を装って送った)ひっそり「はぁ~好きだわぁ~」って心のうちで思ってるだけなんです。なんかちょっと罪悪感を感じます。もっとアピールしたり売れるように応援しないといけないのかなぁって。でも頑張るべきはタレント本人やマネージメントであって、ファンはただ楽しむだけじゃダメなのかな~って気持ちもあり。ファンが盛り上げたりいっぱいCD買わないとアイドルグループは存続しないのよって言われれば、そうなのかな、そうなんだろうな、って思って不安になったり。ファンが働きかけなくても自分で道を開拓する力が彼らにはあるでしょって思ったり。まぁ、さまざまな気持ちになります。これは私が好きなアイドル・NEWSが中堅どころで魅力はあるもののいまいちグループとして位置が定まってない印象があるところに起因してるのでしょう。

 

彼らはもっと売れたいと思ってるんだろうなぁ。私ももっとテレビでNEWSを見たいですし。でもテレビ局や雑誌への感想及びお礼だったりはなんか二の足踏んじゃうんです。ジャニーズファンからの組織票ぽくないですか?誰誰さんのファンが誰誰さんの事を褒めたり薦めたりするのは至極当たり前なんじゃないかと思うんです。私は業界にはまったく詳しくないので、この辺の実際のところが知りたいです。そんなことはなく、テレビや雑誌は視聴者や読者の要望で作られているので全然ウェルカムです!ってことなら、私の応援スタンスも変わります。ブログ書いてる時間減らしてハガキやメール書く時間に費やすかもしれません。

 

いや、私はどこかやっぱり醒めてて、どうしても盲目的になれないというか、批評家でいる自分も嫌いではないんですよね。まぁこのブログをお読みいただければ分かるのですが...  あまり「ファン」でいることを意識すると得意の妄想を広げるのもはばかれる気がして。妄想こそがアイドルから与えれた究極の癒しだと私思ってます...

 

要するに。アイドルを好きなことは個人の趣味なのだから、その趣味や愛しかたに関して人から色々言われたり言ったりするのもなんか違う!おんなじもの見ても考え方はひとそれぞれ。でも何かしらはしたいと思う。その何かしらが何なのか知りたい。NEWSが売れるためにはファンがもっと手紙とかメールとか積極的に出したほうがいいのか、とか!

 

こんなふうに熱く語ってても、ファンなんていつなんどき熱が冷めるかわかんないんです。サヨナラも言わずその場を去っていくファンに対して、人気なんて一過性って事を知りながら愛を送ってくれるアイドルはやっぱり尊い存在です。「奥様は神様」の恐ろしい奥様たちを見ながら「いやいや!これ特殊特殊!私は幸せですよ!そんでその幸せの何割かは君たちから貰ってますからー!!」って画面に向かって伝えたくなった私からは以上です。アイドル応援道は深い!

「奥様は神様」の感想。

最初に言っときますけど、結婚って良いものだし、夫の歯ブラシでトイレ掃除したり、食パンをシンクで拭いてから夫に出したり、毎日夫死ねって祈ってるような妻は異常ですからね!!

 

これを「日常における奥さまのちょっとしたイタズラ」みたいに言われても、いやいやいやそんなことふつーしないよ?とテレビに問いかけたところで、画面には引いてるシゲたちの顔が映るばかりで、ああ私の大好きなNEWSくんたちに、女の嫌な部分を見られたくない…!と可哀想な気持ちになりました。

 

これね、男女逆だったら完全セクハラじゃないですか。アラサーの女アイドルの前で、VTRだとしても、おじさんたちが妻への嫌がらせや、妻に死んでほしいとか、老化で体が変化してきたとか嬉々として話して別に知りたくない女子たちにきかせたら即レッドカードじゃないですか?

 

奥様(おばさん)だから堪忍してねー、イケメンの前で失礼しますねー、ビロウな話もしますけどねー、って年上の女を免罪符にしてるなら、ずいぶん奥様は安く見られてんのねぇって思いました。

 

ガス抜きのためにね、夫デスノートに愚痴ってね、それでスッキリして幸せに日常生活が送れるんですかね?不毛だ。

結婚生活に不満があるなら、改善するとか、離婚に向けて動くとか、もしくはそうしないで現状に甘んじるならその背景は何か?ということを知りたい。不毛な他人の愚痴を流すだけならスタジオにいるNEWSの持ち腐れですわよ。『NEWSな二人』でコヤシゲが身につけたスキルが一切発揮できてなくて企画自体が謎。

 

途中で日テレも、ヤバイこれNEWSの利益に一切なってないし!って気付いたかのように、斎藤さんというテレビ大好き一般人を中心にしてNEWSメンへの印象を語らせ、まっすーの事をキャラがないとイジり過ぎた、ファンに叱られる、とでも日テレが思ったかように、最後は突然まっすーが聖子ちゃんの「赤いスイトピー」を一人で歌いながらエンドロール。え、なにこれ、これで終わり?

 

そのバタバタバタッとした終わらせ方が、なんか面白くて、終わり良ければ全て良し、か…という気持ちになりました。

 

斎藤さんがいてくれて良かった。いなかったらとんだ惨事でしたわ。

 

この番組は誰に向けてのアピールなんだろ?うちのNEWSなんでもできますよ!ってアピールかなぁ。四人ともこの番組の御し方が分かんなくて戸惑ってたぽいけど、戸惑うイケメンも良いよね!的な?

 

確かに4人ともお行儀よくて可愛かったです。あからさまにドン引いたりもしてなかったし、夫をパパとよぶ若奥様(この方は普通のしっかりとした奥さんで嫌な感じはしなかった)に「父親の自覚を持たせるためにパパって呼んでるんすか?ww」って突っ込み良かったよ。確かにそこかよ!って思った。小山さんも手越くんもまっすーも可愛かった。

 

わたし、常日頃、熱狂的な女の子ファンに囲まれて生きるジャニメンたちの女性観は如何に?と考えながら生きてるんです。フツーに考えたら女性が嫌いになりそうじゃないですか。だから自分は節度をもった大人のファンでいることを意識してるんですけど。ますます女を敬遠してNEWSたち結婚が遅くなりそう。

 

私は結婚して幸せだし、コンサートや観劇で上京したり、ジャニーズ見てウホウホしてる私を肯定してくれて「次うちわ作るときは俺に作らして」って言ってくれる夫には感謝と愛情しかないよーーーーー!って画面のNEWSたちに話しかけたくなりました。声、届かないけど!

 

見返すことはないかなーって思いましたが、頭抱えて苦笑いのシゲがまた見たい気がするので帰ったら再生します。(今お昼休み)

この番組が何かのきっかけになればいいな!

 

またもや手越祐也が可愛いって言いたいだけです。

 前も書きましたが、三ヶ月に一回くらい手越がかわいい!手越かわいい!って言わないと体調がおかしくなるので、てごにゃんのこと書きます。

まさかのNHKでI'm comingしてから1週間が過ぎ、毎日朝と夕にアイムカミングしないと気が済まない体になってしまいました。なぜかというと、少クラプレミアムでのてごちゃんのパフォーマンスがそれは素晴らしかったんです。

ちょうどシゲの舞台の為に移動中で、リアルタイムでは見れなかったので帰宅してから追いカミングしました。いやもう想像した以上に手越ワールドで、これぞ人を魅了するパフォーマンス!でした。興奮して何度もイッてしまいました。(すいません今日は下ネタっぽい語り口になりますが私の責任ではないです)

 

私、あのてごにゃん独特のクルクル~って指を回してからのウィンク、唇をすぼめてChu!に代表される表現が大好きで。クルクルクル~って指回すやつ、私はトンボ捕まえる時にしかしたこと無いんですけど、アレはビジュアル系などでは散見されるフリなのでしょうか。手越のそれらの表現を見ると「あははははー!やってるやってる!元気元気!」って嬉しくなるんですよねー。

 

で、ソロ曲のI'm comingですけど、ツアーで見た時は舞台上のベッドに寝てる手越と、その腹筋の強さにびっくりしてあの曲のエロさについて考える暇は無かったんです。そもそもCD初聴時からエロさは感じなくて「手越はついにマドンナになった....」と思いました。

手越祐也=マドンナ説 - ゆずこんぶおいしい

 

しかし、少クラの手越君から連想されたのは、マドンナでもなく、清春Hydeでもなく、女の子のセックスを売りにしてた頃のブリトニー・スピアーズでした。

まず、決めの「アイムカミング♡」がちょ、おま、可愛すぎる!「アイムカミング♡ハァン♡(くねくね)」キューティハニーとか、そういう昭和の劇画の女性チックなんです。たしかに、歌詞カードを見ると、

  吐息交じりのフレーズ 吐かせるまで "I'm coming"

とあり、"I'm coming" は女性側のセリフです。これを忠実に「女役」として再現する、もしくはついそうなってしまう、そんな手越君にまず金一封を送ります。根が真面目。

ステージに寝転がったり、四つん這いになったり、本人が意識してるかどうかは別に、これはもう完全に「やられてる側、アイムカミング言わされてる側」です。少なくとも私にはそう見えました。彼の本質は非常に男らしく硬派な方だと思うのですが、なにかパフォーマンスをするとどうしても可愛くなってしまう、そんなアンドロナジス的なところが彼の魅力でもあると思うのですがどうでしょうか。

 

そして彼が「こういうのエロイよね」って提供してくれる仕草や言動が、実際はエロくはなく、これをエロだと提示してくる手越君が一周回って可愛い、というところに落ち着くのです。もちろん、なかにはエロい!抱かれたい!と思ってるファンの方もいることとは思いますが。

 

女の子みたいな可愛い男の子は沢山いますが、三十路になる手越君のことがほっとけないのは、二面性というか、要するに世間で思われてる手越像(含む彼の軽率と思われても仕方がない過去の行動)と、実際の彼の本質が相反していて、本人もそれをいまだ合致できてない、そのちょっぴり不安定さが垣間見えるところかな、なーんてシゲ担の私は思ってます。ちょっと何言ってるだか自分でも分かんなくなってきました。

お友だちが手越の事を『平成の火野正平』って呼んでたのですが、(昭和のプレイボーイと言えば火野正平だったのです)プレイボーイにもチェリーボーイにも、こないだのハロウィン音楽祭で見た通り王子様にも花魁にもなれる変化自在なスターなんです。自分に求められたこと応じてしまう性格の素直さが、今までのチャラ男キャラを作ってきたのかなーって思います。

 

だから、私は今回の少プレみたいに、手越君が自分の好きなことをやってると安心するし、彼のエロや「子猫ちゃーーんチュッチュ」が私のツボから外れていても、目を細めて「手越可愛い」って言います。可愛い男は30越えたって40超えたって可愛い。好きなロックをプロデュースしてもファンの子を置き去りにしないてごちゃん可愛い。

 

そんなサービス精神満タンの手越君、今日もイッテQでアメリカでいろんなアートに挑戦してみました。絵の下手さをいじられても笑顔でそうですねーって返す姿にグッときますし、大変そうなロケでちゃんと面白さや見せ場を作って、視聴者から期待される「唯我独尊で女好き」な手越像を提供する彼に、NEWSでいるときの手越君も知ってる身としてはなんだか尊いものを見せてもらってるような気がします。馬鹿にされてもへこたれない手越君が愛しくてですね...

 

NEVERLANDのオーラスに行ったお友だちに、テゴちゃんが泣いたときは実際どんな感じだったのかきいたら、もうほんとボロボロに泣いて立てないぐらいで、そんなボロボロに号泣してる手越を最初まっすーが舞台に連れてきて(ここでまずテゴマスー!ってなる)、まっすーは手越をシゲに渡して、そしたら慶ちゃんも泣いちゃって、シゲがお父さんみたいによしよし、みたいな感じでコヤテゴを連れていって、手越は感極まったというか、張り詰めた感情が爆発したそんな感じだったというのを聞いてまた時間差でキュンとしました。

 

全然関係ない話ですけど、この週末私もハロウィンの仮装というものに参加しました。ドンキでちょいちょいっと用意したほんと粗末な仮装ですけど、楽しいですね仮装って。ざっと周りを見ると、1.自分の綺麗さを追及したい人 2.アニメ等のキャラになりきりたい人 3.仲間と盛り上がりたい人 4.仕事でしてる人、の4つに分けられるかもなぁ、って感じました。

ハロウィン音楽祭のNEWSは、この1から順にテゴ(美追求型)シゲ(キャラへの愛を乗せ型)コヤ(盛り上がりたい型)マス(仕事型)って感じで、再度このバラバラさ加減が面白くなってきた。うーん、私やっぱり好きだわーNEWS。

  

それにしてもてごちゃんの脱ぎっぷりは偉いですよね!

手越君って、こういう風に「私は分かってるよ」みたいなこと言われるの苦手だと思うんですけど、どうしても伝えずにはいられないところがありますよねー。正月の占いで今年キャラが変ってくるといわれたてごにゃん、私けっこう期待してるんです。30歳過ぎたらどんな男性になるのかなぁ。仕事の幅が広がっていくのが楽しみです。