読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

小山キャスターの中に2009年のチャラ慶はまだ住んでいるのか。

(前回のまとめ)NEWSの2008-2009年に行われたLIVE DIAMONDを観て、歌舞伎町のホストのような外見の小山慶一郎さんがシゲをいじって落とすトークに驚き憤慨した私(ド新規のNEWSファン)は、今に至る慶ちゃんの変化について知りたくなったわけです。

いまさらLIVE DIAMOND(2009)を見て、「小山慶一郎は二人いる」と確かに思う。 - ゆずこんぶおいしい

f:id:yuzukonbu:20160125131143j:plain

これが2009年のチャラ小山さんです。(参考資料:NEWS DVD DIAMOND LIVE)

 

まずは、2008年、2009年、2010年...と順を追って小山さんの画像検索するという気持ちの悪い作業で、小山さんの外見の変化を追ってみました。小山さんの外見が劇的に変わるのは2010年春、髪を黒くすることに起因します。黒くした理由は、日テレの夕方の情報番組のキャスターの仕事のため。2009年の正月には歌舞伎町ホストみたいな外見だったのに、わずか1年ちょっとで品行方正の鏡ともいえるキャスターに華麗なる転身。たった1年で性格が激変するとも思えないので、小山さんはチャラ男だったわけでなく、当時流行っていた「お兄系(おにいけい)」ファッションを取り入れていただけという事が分かりました。細身の長身&薄顔にとっても似合いますし。(なんなら茶髪に戻してみてほしい)

 

そして今夜1/25に放映された「人生が変わる1分間の深イイ話」を見ました。こういうワイプとナレーションと字幕過多系の番組好きじゃないけど、我らの慶ちゃんがでるなら話は別。私は小山さんの私服にチャラ慶の名残を感じられれば満足。(帯広で着てた黒いコートは私服かな。お似合い。)

 

口に出すのには躊躇を覚えるんですが、私は小山さんがキャスター業にのめりこむ様子になんか危うさを感じてしまうんです。小山さんがものすごーく努力していることは間違いないし、すごいこと。でも反比例して、アイドルをやっていく情熱が薄くなっていくような気がどうしてもぬぐえない。もちろん番組的に、キャスター小山をプッシュしたくて、アイドル小山をちょっとおとすような作りに意図的にしてあるんでしょうけど。けいちゃんは手越と負けないぐらい可愛いしセクシーでカッコいいから!そして、そのことを誰よりも小山さんに自覚してもらいたいって思いました。2020年のNEWSも楽しみにしてるよ!

 

「俺には何もない」と思っていた小山さんが自分をかけられる場所を見つけられてほんとうに良かったと思います。絶対色眼鏡で見られるであろう、「ジャニーズのキャスター」を2010年から続けていてお茶の間でも浸透するようになったのは小山さんの努力に他ならないです。ファンにのみ見せていたコンサートのMC係から、世間一般に語りかけるキャスターへの変化は並大抵のことではありません。そうして、もうイジられても痛々しい顔を見せなくなったシゲと同じく、小山さんもあえてシンメのシゲをイジらなくてもMCでみんなが爆笑できるようなった。それはNEWSというアイドルグループが正しく進化していった結果だと思います。

 

以上ド新規の戯言でした。次回は2009年の加藤シゲアキについて書きます。

<2009年のDIAMONDライブ観た衝撃の余波はまだ続く...>