ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

2021年に地上波ワイドショーでカカオが放送された件について。

ブログを見たら、2018年にNHKBSザ少年倶楽部プレミアムで放送された時のカカオについての記事のアクセスが上がっていたので、(あ!読まれてる!どなたか知りませんがありがとうございます!)って気持ちと、(ゆずちゃん大変!朝のワイドショーでカカオが流れたよ!)って過去の自分に教えてあげたい両方の気持ちになりました。

 

ジャニオタってこういう時楽しいです。過去と現在が繋がる時。あの時のあれがこんなふうに展開したんだ!って喜び、自分以外の人生で味わえることってなかなかない。時代の変化とともにジャニーズ事務所も色々形を変えていく最中でしょうが、まるで子どもの成長を見ているような(気持ちの濃度によって我が子だったり2歳イヤイヤ期を一緒に乗り超えたママ友の子どもだったり親戚の子どもだったりする)そんな謎の感慨や愛情を感じるのは『古き良き時代』のジャニーズって感じ、します。

 

それでね、カカオをコンサートでやったんだけど、うん、すごい良かったの。でね、なんでワイドショーで取り上げられたかというとね、、、きいて。2021年。シゲの本が直木賞候補になったの。

ええええ!!!!ついに。。。。

そう、ついに。

うわーーーついに。。。

そう、ついに時は来たの。

2021年のNEWSはどう?

イイ感じ!今日はアニメの主題歌が発表になるよ!(去年手越君が脱退したことや、感染病に世界が席巻されていることは伏せとこう。)

わー楽しみだな~

楽しいよ~

 

過去の自分と話して優しい気持ちになりました。アイドルたちが自由な生活を制限してみせてくれる時間の経過だと思うと、より優しい気持ちになります。

朝起きてスマートスピーカーに曲を流してもらうのが私の習慣なのですが、そこで「NEWSの〇〇かけて」ってなんで言えないんだろう。言いたいよ~簡単に聴きたい。って思ったけど、そんな簡単に摂取されず、CDにパッケージされて大切に流通されるのがジャニーズアイドルには似合うのかもしれないって思いました。彼ら人生をかけてこれに取り組んでるから、楽しませてもらう側も矜持を正したいって気持ち。

 

2007年のシゲが蒔いた種は2021年になってまた新しい花を咲かせて、朝のワイドショー(スッキリ、2021/01/06放送)「直木賞ノミネートの加藤さんからのクイズです」という形でテレビに戻ってきました。

シゲったら、テレビにカカオが流れることを見込んでこのクイズ作ってきたのね。なんてできる男なの。おかげでヒール履いて踊ってソファーにだらんともたれて歌う「カカオシゲ」がお茶の間に流れたではないですか。清純と妖艶、男性と女性、両方を併せ持つシゲのカカオを。(DVD NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE- に収録されてます。通常版にはなんと「シンデレラガール」を歌うNEWSが収められています。4人が可愛さの権化です。)

 

成長譚とエンタメが合わさったものがジャニーズだと私は思ってて、それ自体の価値は分からないけど、なにかとても尊ばれるべきものだということは分かります。

自分で選んだわけでないメンバーたちと大舟を漕いでいかなきゃいけなくて、船を降りていく人が多い中「NEWSのために」と思って得意で好きだった物語を書くということを発展させた成亮君が、シゲアキと自らの名前を変え、売れっ子作家になってもその船にいて、メンバーとアイコンタクト交わしながら魂の歌を歌う。

こんな尊い話、私の人生でもなかなか出会えなかったです。

 

シングル3種買ったら視聴できる期間限定の特典映像(NEWS PREMIUM LIVE)で顔を見合わせて歌うシゲとまっすー、2001年放送のTBS金八先生第6シーズンで学ラン着て同じクラスにいた2人がですよ、30代になって黒いスーツ着て堂々と歌ってるんです。全然当たり前のことじゃない~。

NHKで先日放送されたSongs of Tokyo、ステージにいるのはまっすーひとり。そのままソロパートを歌ったところで、コヤシゲが登場。1人と2人のシルエット。3人になってからのNEWSは、人が少ないグループである利点を生かした演出が多くて心が震えます。長年のシンメを失ったまっすーの心のうちも、お互いに協力しあってきたコヤシゲの関係性も、そこにある感じがして。そんな3人の「NEWS」への熱量がすごくて、応援せずにはいられない。

#あなたのNEWSはどこから っていうTwitterのタグを見てたら、数少ない歌番組の出演でがっちり新規ファンを掴むNEWSの歌の力と、いままで「NEWS」と続けてきた努力、について土曜朝から想いを馳せました。

私は4人時代からしか知らないけど、アイドルでいた時は全力でアイドルを全うしてきた彼らに嘘はなかったと思います。思い出は大切に箱にしまって、クローゼットの中が幸せな箱でいっぱいに満たされたおばあさんになりたい。

 

えへへ。

住んでるところに再度緊急事態宣言が出たのでしばらくまた自宅の生活です。今まではこそこそとNEWSを見たりブログを書いてたりしたのですが、もういいかな~って感じ。NEWSの紡ぐ物語は私の人生を彩ってくれてるし、それは別にこそこそする必要もない、、、と思ったけど別に隠してなかったですね 笑。丸出しでした。

 

今のこの世界で、自分がなんの役に立ってるかわからなくて、私のしてる仕事になんの意味があるんだろうなんて、テレワークの手が止まる(テレワークとTwitterの相性良すぎませんか)日々なんですけど、1月3日のシゲのラジオで、

 

みなさんも、寒いですしね、この時期。ぜひ感染予防に努めながら、小さな、人と小さな時間で多くの人を救うというか、感じですかね。あまり大きくしないことで多くの人を救えるっていうのはあるんじゃないかと最近よく思います。

 

と言ってくれたシゲアキ君の優しさ、謙虚さ、またきゅんってしました。

だって彼らはいまも外に出て、マスク外して演技したり歌ったりしてるわけじゃないですか。みんなを楽しませるために。それなのに、ただ家にいる人たちのことまで考えられる優しさ、どこで身に付けてきたの。

ジャニーズに対する誤解や偏見を、自ら解いていくシゲがかっこよくて、そして10万部売る作家になっても書くきっかけを忘れないシゲが持つ「優しさ」の現れ方が、オルタネート以前と以後の作品では違う気がして。

アイドルだったから普通の高校時代が送れなかったシゲが自分の筆で高校時代をやり直す、そしてそれをアイドルという仕事に還元する。「そういうやり方があったなんて!」と、これは私の中のビジネスウーマンの部分が驚嘆する部分でもあります。そういう仕事の見つけ方があるなんて、これからの時代の参考になる部分もある気がして、ますますシゲとNEWSのこれからが楽しみです。

 

半妖の夜叉姫のオープニングテーマ、NEWSの「BURN」は本日1月9日午後5:30より読売テレビ日本テレビ系で放送です!

hanyo-yashahime.com

 

またね~!

 

----------------

BURNといえば、シゲの著作にもBurn.

promo.kadokawa.co.jp

 

 カカオは時を越えて愛される。

yuzukonbu.hatenablog.com

-----------