ゆずこんぶおいしい

アイドルのもつ一瞬の輝きと永遠の力について考えるblog

Future Is Born(こじらせ治る)

日曜日夜にこじらせまくったシゲ部(2021/05/09放送)を、本日の仕事のBGMに流し続けたところ非常に仕事がはかどり、かつシゲ担としてのレベルもあがったような気がしました。

どれくらいこじらせてたかというと、「(好き過ぎて)もう担降りしたい。。。」ってくらいに。

酸いも甘いも嚙み分けてきた中年ですが、アイドルオタクとしてのレベルは中学生くらいなので、そういう感情にぶち当たるとにっちもさっちもどうにもブルドックわぉ!的な、、、リアルタイムではこの歌知らないですけど、、、

 

NEWSのアルバム「STORY」はコロナなんかまだない時に作られた作品なのに、符号が合いすぎて恐ろしくなります。

 

エンターティメントって、きっと、全員に必要なものじゃなくって、

 

メンバーのインタビューが曲と曲を繋ぐという変わった形式を持つこのアルバム。最近の情勢のなか、アルバムに収められたまっすーのこの言葉が常に頭のなかに浮かんでる感じ。

医療の崩壊は確かに進んでいき、そのなかで人を集めてコンサートや舞台をすること。単なる一観客の私ですら考えるのだから、演者の彼らの複雑な気持ちはいかばかりかと。

 

やってる時にだんだんと、不安になる。俺らやってていいのかな?今。とか。俺はちょっとなる。他のメンバーとはあまり話してないけど。それでもやるしかないよな。と。

 

そう語るシゲの正直さを私は愛す。各種エンタメをバリバリ補給して元気満タンのシゲがさらっとはいた本音だからこそ、心に来るものがあった。メンバーとはそのことをあまり話さない、というのも、同じNEWS担でも色々な感情や状況があって呟くことにも気を使う今、とてもリアルに感じた。

 

ちょっと今日俺はなんかね、エンタメに熱くなってるってところもあって。逆に俺もエンタメに励まされたってこと、そのことについて話したいね。と言ったシゲが、「色んな希望があるじゃないの!」とかけてくれた希望~yell~はデビュー当時のオリジナルバージョンで、今はもうNEWSにいない色んな歌声が聴こえてきて。

その選曲がすごく良かった。じーんと来た。

色んな希望があるじゃないの!って私も思った。

繋いできたじゃないの希望をここまで!って。

 

で、シゲが最近自分が触れたエンタメについて熱く熱く語るのだけど。

こんなに熱い気持ちの人って珍しい、というか、多分私会ったことないこんなに熱い人に。

音楽一つにこんなに熱くなれるなんて。

NEWSに会うまで、エンターティメントが必要じゃない人だった私は、今でもそんなにエンターティメントが必要な人間じゃないのかもしれないけど、必要な人の気持ちは分かるようになっていて。

ライムスターの『future is born』にめちゃくちゃ励まされました、というシゲに励まされる、そして流れるその曲を聴いてやっぱり感動する。

完全に昔より感受性の深みが増しているのは歳のせいだけじゃない。

 

 

小5になった息子がラップにハマっていて。最近の若い子はインターネットの音楽配信で情報を得るので、どうしてそんな曲知ってるの?っていうような曲を聴きながら宿題をしてたりする。ドラゴンアッシュの有名な曲の「悪そな奴らは大体友達~」をもじって「悪そなシゲ担大体友達~」というラップを贈られたりする。(どんなだ)

ちょっときいて~!この曲超絶かっこいいんだよ~!という息子のキラキラした目が、シゲ部で目をキラキラさせて好きな音楽について語るシゲと重なる(シゲはラジオだから見えないけど)

そんな、小5のキラキラの感性と熱さを、33歳になって持ち続けてる自担が可愛くて尊くて仕方ない。

息子に対する気持ちと同じように「健やかに.....」と願うけど、母の日にかけて「お母さんいつもありがとうございまぁす」って言うシゲにグッとくるわけでもないので、やっぱりシゲは息子ではない...良かった 笑

 

俺フェスも好きだからさ!(知ってる)っていうシゲが、フェスに行ける世の中になってほしいな~

 

ちょうど息子が部屋にはいってきたので、ちょっと待ってこの曲聴いてシゲのラジオでかかったのかっこいいから!と『future is born』をシゲがかけてくれるのを待っていたらなかなか始まらず、「シゲ、話なっが!」って笑われましたが、いい曲だね~!って言ってくれたので母は満足です。まだライムスターには行きついてないみたいなんでそっとプレイリストに入れとこう。

 

あと、真駒内のスケジュールに週末のコンサートが(予定)として入ってたので嬉しい。おおっぴらに喜んでいいのか分からないけど、モダンボーイズのチケット当たったのに遠征を諦めた道産子の友だちや、その他多くの北海道の友人たちのために、なんとかなんとか開催されることをやっぱり心から願ってる。

期待が落胆に変わる辛さしんどさ、は心が痛くなるほど分かるから。

シゲがモダンボーイズを諦めてないなら、いつかその機会はあるのだろう。もし再演されるならすでに見た私は申し込まないから、見れなかった人に見てもらいたい。

 

 

ところで、福岡公演に入った九州の友人が「福岡のシゲはめちゃめちゃ男くさかったです!」って言ってたけど、フェスの配信をコンサート直前に摂取した結果の男くさいシゲアキだったのぉ?

素シゲじゃん。。。

フェスアキじゃん。。。

数年前の美的でのフェスアキの自撮り、震えたわよ。。。

サンボマスターの「愛と平和~!!!」を摂取して泣きそうになったシゲアキからの小山さんハッピーバースディだったのぉ~?

フェスに影響されて無意識でフェスアキしてるシゲアキ可愛すぎる。。。。。

 

 

そんな感じで元気いっぱいシゲアキ君のオタトークをきいてたら、「私も今私がやるべきことをしよう!」とここ最近では珍しくいい仕事ができて、なーんで日曜の夜はあんなにこじらせていたのかしらねぇ~って思ったんですけど!

シゲの「俺たち友だちじゃん」ばりのリスナーに心許してる語り口や、「熱いねー俺アハハッ」って笑い声や息の吸い方まで好きっていう!やっぱり!

 

 

マミーDのこと「ミルフィーユボイス」って呼んで愛でてます。声が幾層にも聞こえるからミルフィーユ。

www.youtube.com